Pocket

クレジットカード現金化サービスは便利に現金をゲットできるサービスです。
では、一体どんな取引が行われているのでしょうか?
ここのページで初心者の方にも分かりやすく解説していきますよ。

クレカ現金化についてクレジットカード現金化は便利なサービスですが、このクレジットカード現金化の仕組みを理解するには最低限の知識が必要です。

まずはクレジットカード現金化サービスを理解するにはキャッシング機能とショッピング機能を理解する必要があることを説明します。

おすすめのクレジットカード現金化優良店比較ランキング

ここでは口コミでも特に評判の、安心してクレジットカード現金化できる人気店舗を比較しています。ぜひ現金化する際の参考にして下さい。

24キャッシュ大

営業時間

9:00~20:00

定休日

年中無休

支払方法

リボ・分割・一括

換金率

最大98.8%

あんしんクレジット大バナー

営業時間

9:00~20:00

定休日

年中無休

支払方法

一括・分割・リボ払い

換金率

最大98.8%

ひまわりギフト大バナー

営業時間

9:00~20:00

定休日

年中無休

支払方法

一括・リボ・分割

換金率

最大96%

キャッシュライン大バナー

営業時間

9:00~20:00

定休日

年中無休

支払方法

一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払い

換金率

最大98.8%

セーフティサポート大バナー

営業時間

9:00~20:00

定休日

年中無休

支払方法

一括払い・リボ払い・分割

換金率

最大86%

スマイルギフト大バナー

営業時間

24時間電話・メールでの申し込み対応

定休日

年中無休

支払方法

一括・分割・リボ払い

換金率

最大94%

都道府県別の現金化情報はこちら

クレジットカードのキャッシング機能とショッピング機能ってどういう意味?

  1. キャッシング機能とは?
  2. クレジットカード現金化店舗からお金を借りる機能のことです。

  3. ショッピング機能とは?
  4. 買い物をした場合にクレジットカード会社の信用で現金ではなくてカードで支払う機能です。

クレジットカードが利用できないところで買い物をする場合はキャッシング機能をつかって現金を引きだして支払うことになります。

  • ショッピング機能を利用して現金をゲットできる方法
  • これがクレジットカード現金化サービスです。クレジット現金化業者が指定する商品をネットショッピングしてその一部をキャッシュバックして現金を手に入れます。

同じお金を借りるにしても中身が違う!

例えばキャッシング機能で10万円利用する場合とショッピング機能で10万円利用する場合は同じ期間借りていても返済額が違います。

1回払いで返済するにしてもキャッシング機能の場合は2割程度の利息が必要です。ショッピング機能で1回払いならばカード現金化手数料はゼロです。

キャッシュバック率にもよりますがキャッシングよりも一般的には、お得になります。

関連記事

クレジットカードのショッピング枠を理解しよう

クレジットカード現金化の取引の手順を解説します

現金化の取引について現金化というと、どうやって申し込んだらいいのか、わかりにくいというイメージがあるかもしれません。


ですが最近の現金化はとてもスピーディに、簡単に申し込みができます。
その手順をご説明しましょう。

クレジットカード現金化の業者の多くは、主にインターネット上で、ネットショップと同じように店を構えています。

  1. お目当ての業者が見つかったら、現金化に必要な情報を入力
  2. 振りこんで欲しい口座を書き込みます
  3. 手続きはこれで終了。あとは現金が振り込まれるのを待ちましょう
現金化の手続きと聞いて、少し難しい手続きを想像していた方には
ちょっと拍子抜けしてしまう程簡単な手続きですが、早ければ即日にでも、現金があなたの口座に振り込まれているというわけです。

キャッシングなどで高い利息をとられるより、クレジットカードの現金化を賢く使えば、利息にびくびくすることなく現金をゲットできるのです。
「今月どうしても厳しくて…」という場合には、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ネット銀行は利便性ピカイチ

買取式で現金化をするなら優良店で行いましょう

ポイントイメージ
買取方式で現金化を行う場合は、各都道府県の公安委員会から古物商の許可を受けている業者のみを利用して下さい。許可を受けていない業者とのやり取りは違法であり、トラブルに発展する可能性を否めないためです。

ここで、買取方式による現金化の仕組みのほか、流れを確認しておきましょう。

  1. まず、いくら現金化したいのか業者に伝えます。
  2. すると業者が適した商品を紹介してくれるので、それを購入します。もちろん決済は行いません。

  3. そして、その場で購入した商品を転売します。
  4. 業者はそれを買取り、そこから手数料を差し引いた差額(例:50万円の商品を購入した場合は40万円程度)を現金として用意してくれます。現金は即日受け取ることが出来ますが、金額によっては時間を要することもあります。買取方式のデメリットは、クレジットカード現金化店舗へ出向かなければいけない点です。

もうひとつの現金化
キャッシュバック方式であれば、インターネットを介してすべての手続きを行えます。この点もじっくりご検討下さい。

クレジットカード現金化のメリット

オンラインで手続き可能

クレジットカード現金化業者を利用するとクレジットカードのポイントも貯まります。
もちろん融資の履歴も残りません。様々なサービスを比較して、賢く安全なサービスを利用しましょう。

手続きがとっても簡単で、オンラインのみで完結。

手続きは簡単
必要になる書類は、クレジットカードと身分証明書だけです。
消費者金融やカードローンで必要になったりする所得証明源泉徴収票印鑑登録証明などの提出も不要です。

また来店する必要もなく、
サービス業者が指定するキャッシュバック商品をオンラインショッピングするだけでOKです。


オフィシャルWebサイトの申込フォームに必要事項を入力するだけで、現金化できる商品を指定してくれます。


あとはオンライン決済をすれば手続きは完了し、入金されるのを待つだけです。
申込手続きから現金化するところまで、早いサービス業者の場合は即日1時間程度でできるところもあります。

クレジット現金化サービスを利用する場合の注意点

注意点をチェッククレジットカード現金化サービスは難しい手続きは不要です。
ネットショッピングが利用できるスキルがあって、クレジットカードを持っていれば誰でもすぐに利用でき、この手軽さからクレジットカード現金化サービスを使う人も増えてきました。
しかし注意しなければならないこともあります。

1番目に注意して欲しいことは「還元率」です。
各クレジット現金化業者はそれぞれクレジットカード現金化換金率・キャッシュバック率を独自に設定しています。

一般的な相場としたら9割程度です。
探せば現金化評判の92%とか93%とかのクレジットカード現金化店舗や会社もあるでしょうが、その場合には安全性を確認しましょう。
口コミ情報サイトで悪い噂が出ていないか、会社名で検索すれば確認できます。

もしも99%のような還元率を謳っているようなクレジット現金化業者があれば、それはいろいろなカード現金化手数料を別途取られる可能性があります。
クレジットカード現金化換金率が高すぎると業者は儲からないからです。

クレジットカード現金化換金率比較ランキング

現金化できる業者を選ぶ時に換金率を重視する方は多いのではないでしょうか?
ここでは換金率が高い業者をランキング形式でまとめていますので、どの業者の換金率が高いのかすぐに把握できますよ。

業者名 換金率
ランキング1位24キャッシュ 98.8%
ランキング2位あんしんクレジット 98.8%
ランキング3位キャッシュライン 98.8%
ランキング4位セーフティサポート 96.7%
ランキング5位新生堂 96%
ランキング6位ひまわりギフト 96%
ランキング7位スマイルギフト 94%

還元率を比較する場合のポイント

クレジットカード現金化している会社やクレジットカード現金化店舗が増えています。現金化評判も良く数が多いですから、いったいどこの会社を選ぶかは悩みます。安全なサービス内容は基本的には同じですから大きな違いは還元率になるでしょう。

  • クレジットカード現金化の基準となるのは還元率で比較すること
  • 還元率もいろいろですが、「最高還元率」よりも「最低還元率」で比較するほうがいいでしょう。最高還元率になるのはクレジットカード現金化換金率に一番都合がよい条件を出しているからです。

  • 最高還元率で利用できるのはレアケース
  • 実際に最高還元率でお金をゲットするシーンは少ないです。クレジット現金化業者は「こういった現金化の換金率もありえる」という例示をしているだけです。最高還元率だけで釣られてしまうのは失敗します。

  • 最低還元率は頻繁に利用される数字
  • こちらの数値でそれぞれのクレジット現金化業者を比較するといいでしょう。そのほうが有効的に使えるので迷っている場合は「最低還元率」に拘ってください。

高すぎる還元率をセールスポイントにしているクレジットカード現金化業者はヤバイ会社だと疑おう!

悪徳業者に注意

クレジットカード現金化サービスは現金化の仕組み的にみると手軽にお金を手に入れることができるので便利なサービスです。
しかし比較すると、この便利さ・手軽さを逆手にとっている悪質な業者もあります。

  • クレジットカード現金化サービスとは?
  • クレジットカードを最初につくったときにキャッシング枠をいくらにするのか設定します。
例えば月額30万円までや、50万円まで等です。
このショッピング枠で通常は買い物をするのですが、このクレジットカード現金化仕組みを利用してキャッシュバックをして現金化するビジネスモデルが定着してきているのです。

  • キャッシュバックとは?
  • キャッシュバックを対象としている商品をネットショッピングして決済すると、その代金の何パーセントが手元に現金としてもらえるのです。
例えばキャッシュバック率が90%ならば10%がカード現金化手数料になるのです。
50万円のショッピング枠があれば45万円が現金化されます。
5万円が手数料としてかかるのです。

  • 現金化されるタイミングは?
  • 現金化のタイミングとして1週間程度で送金されることもありますし、1時間程度で送金される現金化業者もあります。
即日振込されるようなサービスの場合は、キャッシュバック率も悪いです。
それだけ手間がかかるので、手数料をたくさんとられると考えてよいでしょう。

クレジット現金化業者のオフィシャルWebサイトでは所在地・電話番号・代表名・責任者名が明記されているかどうかもチェックしてください。またクレジットカード現金化仕組みや現金化するまでの手順・流れもわかりやすく説明さえていなければ、怪しいと判断しましょう。

還元率は入金に要する期間で変動する

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を活用してキャッシュバックを得ることを指します。返済先はクレジットカード会社であり、利息は発生しません。

キャッシュバック=還元率は“入金に要する期間”により変動します。

急を要さない場合は、業者指定の期間をそのまま受け入れましょう。入金まで一週間前後かかりますが、もっとも高い還元率が適用されます。逆に、こちらが期間を指定すると還元率は低下します。そのためクレジットカード現金化即日・最短での入金指定は避けたほうが無難です。

現金が必要になりそうな時は、期間を逆算して申し込むと無駄が出ません。

注意点をチェックなお最短の入金でも還元率が変動しない業者は、疑ったほうが賢明です。市場には多数の悪徳業者が参入しており、トラブルも多発しています。

申込み=契約してしまってからでは遅いので、規約をはじめ必要な情報を得てから行動してください。

また現金化の際には、電話にて本人確認が行われます。確認が済むまで手続きは保留されるので、固定電話・携帯電話どちらでも構わないので、必ず連絡がつくものを伝えましょう。

現金化は商取引として扱われるので違法性はナシ

現金化の取引について現金化に伴い、法律に引っかかる行為ではないのか疑問を抱く人もいます。またクレジットカード本来の用途とは異なるため、カード会社から罰則を受けるのではないかと、不安な人もいることでしょう。

結論から申し上げますと、いずれも違法性はありません。公式の見解では、クレジットカードは所有者が用途を決めて構わない、とあります。

どれだけ頻繁にショッピング枠を使おうが、キャッシングしようが、商取引の一部として扱われ民事不介入となります。

現金化は、業者から商品を購入することで成立します。やっていることは通常の買い物と変わりなく、購入者はそれに伴う還元サービスを受けているだけなのです。家電量販店で買い物を行うと、もれなくポイント還元されますよね。現金化はこれと同じです。

違法性云々ということが問題になってしまうのかというと、日陰商売として扱われていた過去があります。6~7年前、サービスが登場した頃は回りくどい広告文章ばかりで、怪しいことこの上ないものとして扱われました。

しかしその後、業者・利用者の双方が増加するに伴い、オープンでクリーンな広告文章が主流となっていきました。いつしか現金化は市民権を得て、業種の一つとして確立されたのです。

しかしながら、未だに怪しげな業者が存在することも事実です。現金化を希望する場合は、可能な限りリサーチを行い自衛するよう心がけましょう。

金銭トラブルは解決に時間と手間を要します。また場合によっては費用すら必要になります。気軽に利用するものとしてではなく、必要に応じて“最終手段”として現金化を選択した方がよいでしょう。

クレジットカード現金化によるトラブルは多く報告されており、2005年度から2009年度の約5年間で696件、2009年度に受け付けた相談件数は2010年3月時点で207件の相談が寄せられており、今現在ではさらに増加しているかもしれません。

【出典】
「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!-利用者自身も思わぬ大きなトラブルに巻き込まれるおそれが-(発表情報)_国民生活センター

関連記事

違法性を指摘される買取方式の現金化

方法によっては違法性もある現金化

クレジットカードの現金化には、二つの方法があります。一方は違法性がある(クレジットカードの規約に触れる)ため、注意が必要です。

  1. 違法性がある方法
  2. クレジットカード現金化優良業者を介し買い物を行い、その場で買取ってもらうことで、手数料を差し引いた差額を現金化する方法です。これは一見、違法性はないように思えます。

    しかし、この方法は買い物をしたタイミングではまだ決済が完了していません。クレジットカードは規約において“支払いが完了していない商品を売却してはならない”と定めているため、違法になります。

    とはいえ、規約は各会社により異なります。どうしてもという場合は、確認して違法性の有無を確かめましょう。

  3. 違法性はない方法
  4. 業者を介し買い物を行い、キャッシュバックの形で現金化する方法です。各種ポイントの替わりに現金を得られる・・・というイメージがわかり易いと思います。1の方法と同様に、手数料を差し引いた分が手元に入ります。

急な出費にも役立つクレジットカード

クレジットカードは役立ちます
想定外の出費は、ある日突然訪れます。
親しい人に不幸があり香典が必要になった、怪我のため医者の処置を受けたなど、状況は様々です。

このような状況に直面した際、財布にも預金口座にも現金がない場合はどうすればいいのか。
友人・知人からの借入れはトラブルのもとになるため、可能な限り避けたいところです。

クレジットカードがあれば、キャッシングサービスを受けるという選択肢もありますが、20パーセント前後の利息が付くため、多額の借入れで首が回らなくなるリスクもあります。

そんなリスクを回避するためにも、キャッシング枠ではない機能を活用した、クレジットカードの現金化をおすすめします。

現金化をするためには、それを生業とする人たちに協力してもらう必要です。

この方法は裏技的な存在として世間に浸透しつつあり、違法行為ではありません。
急な出費に直面している人は、選択肢の一つとしてご検討下さい。

ユーザーに嬉しいクレジットカードとは

一括りにクレジットカードといっても、受けられるサービスは異なります。

  1. 国内利用に強いもの
  2. 国外利用で真価を発揮するもの
  3. 保険の程度
  4. ポイントの還元率
  5. 年会費の有無

などが挙げられます。

何を優先するかは契約者によりますが、もし新規契約先をどこにするか悩んでいるのであれば『ライフカード』はいかがでしょうか。オダギリジョーさんのCMでお馴染みの、あのカードです。

クレカの特徴スタンダートな契約タイプは、発行手数料・年会費ともに0円です。万が一に備えてオプション保険をつける場合は、年1,312円の費用が発生します。

仕事やプライベートで空港施設を利用することが多いのであれば、ゴールドカードを選択するのも良いでしょう。こちらは10,500円の年会費が発生しますが、空港ラウンジを無料で利用できるサービスが標準でついてきます。

さらにポイント還元も充実しています。1,000円で1ポイント加算され(契約後一年目は1.5倍、誕生月はなんと5倍!)、1000ポイントをためると5,000円分のギフトカードを受け取れます。

なお必ずしもギフトカードを受け取る必要はなく、社会福祉関係への寄付として取り扱うことも出来ます。

人気のオリコカードの特徴

クレジットカードで注目されているのが「オリコカード」です。
では、なぜ注目されているのでしょうか?人気のオリコカードの特徴についてご紹介します。注目されている理由が分かってくるかもしれません。

オリコカードの二つの注目したい特徴
  1. いろいろな提携先でクレジットカードの発行ができる
  2. ポイントプログラムがユニーク
  • オリコカードの独自のポイントプログラム
  • 「暮らスマイル」というネーミングのポイントキャンペーンです。
通常のクレジットカードでは「ポイント」という単位になりますが、オリコカードの場合は「スマイル」が単位になります。
すこし特殊ですが、内容はシンプルです。

    基本的には1000円の利用で1スマイル(ポイント)が付与されます。
これは他社のクレジットカードと同じポイントプログラムです。
オリコカードの場合はさらに「クラステージスマイル」と呼ばれるボーナスがります。
利用額のトータル金額によってボーナススマイルが追加付与されます。

  • その他のサービス
  • 年間120万円をオリコカードで決済すれば次の年から付与率が2.5%にアップします。

オリコモールというオリコが直接運営するショッピングセンターでは、クレジットカードで買い物をすると多くのスマイルが蓄積するキャンペーンスマイルも注目です。
オリコモールでの対象商品はポイントの付与率がアップし、2倍から20倍という商品もあります。

デメリットもよく理解した上でリスクを回避しよう

お得なことがいっぱいのクレジットカード!クレジットカードを持つ時に知っておきたい、メリットとデメリットをまとめてみました。

  • クレジットカードのメリットとは
  • 手元に現金を持っていなくても買い物ができる、というのは周知の事実ですが、近年カード会社がとくに力を入れているのが、いかにお得にポイントを貯められるか、ということです。

    現金と同じように使えるポイントが貯まると言われれば魅力的に感じます。出張や旅行で海外によく出かける方は、保険が安く済むというメリットもあります。

  • クレジットカードのデメリットとは
  • 多くの人が口を揃えていうのは「使いすぎ」の怖さです。手元にお金がなくても買い物ができるので、支払いが来た時に青くなる、というパターンです。

    またメリットで挙げた海外での利用も、国によっては使えないカードがあるので、カード会社の選択は重要になってきます。

なにより近年言われるデメリットは、盗難にあった時に大きな被害を受けやすいことや、スキミングの被害などで、身に覚えのない高額な請求をされてしまうというパターンです。暗証番号を定期的に変えるなどの自己防衛で、しっかり対策しましょう。

失敗しないためにも還元率の他に利息も考慮しましょう

手続きは簡単
クレジットカードの現金化の際にクレジットカード現金化換金率だけを見て、消費者金融のキャッシングよりもお得だと考える人もいるかもしれません。

確かに還元率が85%だった場合、利息を20%近く返済時に支払う消費者金融よりも、現金化の方が得だと思うかもしれません。ですが、ちょっと待って下さい。

還元率とは、業者が買い物した商品に対して支払ってくれる買取価格の保証額の事であり、返済とは何も関係がないと思いませんか?そしてクレジットカードの現金化の場合は、返済時の利息は業者は一切関わっていません。

なぜならクレジットカード会社でショッピングをして分割で返済する時と同じように返済をするからです。

ですから、そこにつく利息はクレジットカードに対する利息なわけです。幸いショッピング枠の利息はそれほど高くはありません。
だいたいどのカードの5%前後だと言えるでしょう。

考えてみて下さい。還元率が85%で、利息が5%、そこにカード現金化手数料も発生すると、一概にクレジットカードの現金化の方が得だと言えるでしょうか?さらに還元率がもっと低かったらどうでしょうか。

つまり、返済時のことまできちんと考えてキャッシングで借りるか、クレジットカードの現金化を利用するのかを考える必要がある
というわけです。

もちろん下記のようなメリットはあります。

  • 借金扱いにならない
  • 短時間で現金が用意できる
  • クレジットカードさえあれば、審査が必要ないので誰でも利用できる

そのメリットとお金のトータルバランスでどちらを選ぶかは人それぞれ判断基準が変わってきます。

利息の仕組みを理解しておこう

クレジットカードは買い物ができるだけの便利なカードではありません。ATMに行くだけであっという間にキャッシングができるということは、案外知られていないようです。
クレジットカードはカードを作った人を信用してくれていますので、その信用の範囲内でキャッシングが可能なのです。

例えば、友達の結婚式。出席の返事だけしておいて、気が付いたら今週末だった!でもお財布は大ピンチ。こんな時でも、慌てずにクレジットカードでキャッシングをすれば、切り抜けられますね。

友達のメンツをつぶすことなく、立派に出席できたとしましょう。ですが、その後も油断はできません。キャッシングの注意点として、利息の発生があげられます。

お金を借りたら、借りている期間に応じた利息を支払わなくてはなりません。この利息、カード会社によっても異なりますが、実は平均20%というかなりの割合なのです。

たとえ10万円程度のキャッシングでも、借りたこと自体を忘れて気が付いたら倍近くふくらんでいた、こんなことにもなりかねません。

クレジットカードでキャッシング

カードをキャッシングで使う場合は上記のように高額の利息がかかりますが、ショッピング枠の現金化の場合、キャッシング枠を使うよりもかなり利息の割合が低くなります。

このことからも、ショッピング枠の現金化がますます人気になっているのですね。

悪徳業者に対する自衛は常に意識しておく

金銭が絡むところには、必ずと言っていいほど悪徳業者が隠れています。クレジットカードの現金化に欠かせない業者の中にも、高額な手数料で荒稼ぎをしているところがちらほら。ゆえに、現金化に伴うリサーチは欠かせません。

注意したいのが、現金化の評判が良い=安心できる業者ではない点です。
現金化はいくらでも操作が可能のため、鵜呑みにすると大変危険です。リサーチは、すべてを疑ってかかるくらいの警戒心で丁度良いといえます。

まず注目すべきは、広告文章です。

本質を読み取れない、回りくどい表現はありませんか。結局のところ何を伝えたいのかわからない・・・そんな広告は問題外です。サービスの内容、仕組みを明確にしていない場合、利用すべきではありません。

次に、手数料と利息に関する箇所を見て下さい。

はっきりとわかる形で数字が明記されていますか?またその場合、それは適切な数字であると言えますか?腑に落ちない、高額に感じる、そのような場合は別の業者を検討しましょう。

また現金化に掛かる期間もチェックしておくと安心です。

概ねの業者は、少額は即日中、多額であっても一週間以内を期限に設定しています。

リサーチの後、実際に契約となった場合も、必ずその場で規約を再確認してください。本文とは別の位置に、細かな文字で何か書いてありませんか?署名をすれば、もう後戻りできません。最後の最後まで、悪徳業者に対する警戒は怠らないでください。

サイトには住所の記載がされているか確認する事も大切

業者の住所をしっかり確認

例えば実際にはネットで完結できる方が利便性が高くても、評判の良いクレジットカード業者が存在する事でちゃんとした会社だと安心感が得られるケースもありますよね。例えばクレジットカードの現金化の業者などがそうです。

サイトで事業者の住所の記載がなく、連絡方法が携帯の番号だけ。そんな業者の場合は、悪質業者ではないか?と考えてしまいます。

しかし事業者の住所が記載されており、固定の電話番号が記載されていたとしても、必ずしも安全とは言えません。
その情報が正しい情報かどうか、証拠がないからです。

ある業者のケースですが、現金が振り込まれなかったため、おかしいと思い電話で連絡をしたそうですが、何度かけても、話し中で電話がつながりません。

事業者の住所がそれほど自宅から遠くなかったために、その住所まで行ってみたら、そんな建物は存在しない。なんて可能性もあるわけです。

住所や電話番号が記載されているだけで、安心してはいけません。電話番号が通じるのか、問い合わせや質問を用意して電話してみましょう。その際のスタッフの対応でも、悪質業者かどうかの判断材料となります。

また住所の確認は、実際に自分の目で確かめるのは難しいケースがあります。その場合地図アプリなどでその住所にその建物が存在し、そこをどんな会社が借りているのか、最低限調べる事が必要です。

詐欺でよくある業者のやり口

現金化の取引について
クレジットカード現金化には、詐欺に気をつけなければならないという注意点もあります。その最も多い手口としては、クレジットカードの暗証番号を聞き出して悪用しようとするというものです。

現金化を行う際は、電話による本人確認を行う場合がありますが、その時に相手が暗証番号を聞き出そうとしていると思ったら、悪質な業者として疑うべきです。

こういった形で、相手に騙されているということを感づかれないままに、情報を聞き出そうとする手口は非常に多いものになっています。普通の現金化業者であれば、暗誦番号を聞き出したところで何か意味があるわけでもありませんし、聞き出すようなことはありません。

スキミング被害の対処方法は?

クレジットカードを所有している限り、スキミングや不正利用の被害の危険が付きまといます。

人の往来が激しいコンビニATMはスキミング装置の設置場所として最適のため、利用の際は、特に注意しましょう。カード挿入口の付近に怪しげなパーツが取り付けられていないか、目視による確認が最大の自衛になります。

万が一、クレジットカードの不正利用が発覚した場合は、保険の適用を受けましょう。

クレジットカードの盗難保険とは?

所有者から「不正利用があった」と届け出があった場合、該当箇所の補てんが行われます。ただし期間が設定されており、遡れるのは届け出当日から二~三ヶ月の間です。

それ以前の被害は補てんされないため、盗難・不正利用に気付いたら即座に届け出ましょう。盗難保険は契約時に標準で付帯しますが、念のため内容を確認しておきましょう。

なお身内・親族による不正利用(奥さんが、旦那さんのカードを勝手に・・・など)は、所有者のカード管理に非があったとして補てんの対象外となります。

スマホとクレカイラスト
余談ですが、スマホゲーが流行する昨今は、子供がクレジットカードで高額決済(課金)を行うトラブルが多発しています。これも不正利用の一種といえるでしょう。上記と同様に、この場合も補てんは期待できません。

家庭内だからこそ管理を徹底することが大切です。
カード番号を教えないことはもちろん、暗証番号を定期的に変更することも有効です。

過払い金の請求には有効期限がある

テレビコマーシャルや新聞広告でお馴染みの“過払い金の請求”。大々的な広告が続く背景には、最高裁が出した判決があります。

最高裁は過去の判決で、グレーゾーン金利による過払い金の返還を消費者金融に命じる判決を出しており、裁判のシステム上、同様の訴訟内容であれば常に最高裁が出した判決が採用されるのです。つまり、過払い金の返還請求は100%勝てる裁判なのです。

弁護士や司法書士は、勝ちが確定しているため積極的に依頼者を募っているわけです。諸々を準備しても勝率が不安定な裁判に臨むより、必要な書類を用意すれば100%勝てる裁判のほうが楽なためです。

依頼者は過払い金を取り戻すことが出来て、弁護士や司法書士は報酬を手にすることが出来る。双方にはっきりとした利得があるため、今後も過払い金請求は積極的に行われるでしょう。

なお過払い金の請求には期限があるため、心当たりがある方は早期に行動を起しましょう。取り戻せるものがあるのなら、きっちり取り返すべきです。

目次

クレジットカード現金化ページ一覧

都道府県別おすすめ現金化情報はこちら

【現金化業者のの口コミを投稿】

1
2
3
4
5

現金化業者の口コミ内容

送信する

評価の平均:

0 レビュー


[最終更新日]