クレジットカード支払い時、伝票へサインするときの正しい書き方は?サインはセキュリティ対策になる

「お会計は〇〇円となります。カードご一括で承ります。こちらにご署名をお願いします」

お店でクレジットカードを使って買い物をしたとき、伝票にサインを求められることがあります。買い物して荷物があるのに名前を書くのって正直面倒ですよね。ついつい適当な“文字らしきもの”を書いてしまいがちですが、本当にそれで良いのでしょうか?

「最近はサインレスの店舗も増えているのに、こんな紙にサインすることに意味があるのかな?」

つい、そう思ってしまいます。
ですが、伝票へのサインは自分自身のカードを使って買い物をしたことの証明になるため、とても大事なものなのです。きちんとサインを書くことを徹底していれば、クレジットカードの不正利用など有事の際に、あなたのサインがあなたを守ってくれるでしょう。
伝票へサインするときの、正しい書き方を解説します!

そもそも、クレジットカード利用でサインが必要なのってどんなとき?

最近は、クレジットカードを利用してもサインを求められることが少なくなりました。それはICチップに対応したクレジットカードを持つ人が増えており、店舗側も「ICカード対応端末機設置加盟店」に加入している店舗が増えたためです。
あなたがICチップ対応のクレジットカードを使ってICカード対応端末機設置加盟店で買い物をした場合、「4桁の暗証番号」を入力すれば、サインをせずに決済を済ませることができます。

また、コンビニやスーパーなどでは「サインレス決済」を導入している店舗も増えています。
サインレス決済とは、店舗とカード会社が契約を結んでいる場合にだけ使える決済方法です。レジでカードを渡すだけで、サインも暗証番号入力も必要なしに決済が完了します。これはとても便利な決済方法と言えますね。
サインレス決済導入店でサインレス決済を利用するには、下記のふたつの条件があります。

サインレス決済のためのふたつの条件

・少額決済の場合(スーパーなら3万円、コンビニなら1万円が上限のところが多いです。「サークルK」と「サンクス」は5千円が上限です)
・支払い回数は1回払いのみに対応

上記のように、「不正利用など事故が発生しても、カード利用者・店舗・顧客、それぞれに受ける被害が少ない条件にのみ、サインレス決済を可としている」ことがわかると思います。
サインレス決済を導入している店舗は増えていますが、やはりスーパー等の日々の買い物に利用される店舗が多いです。こういった店舗の特徴として、買い物を楽しむというよりは生活必需品をできるだけ早く手に入れたいといった顧客が多いです。支払いスピードが速ければ早いほど顧客を待たせることがなくなりますので、クレジットカードで支払いをしたい顧客を呼び込むことにもつながります。
また、サインレス決済に対応している店舗は、各レジに防犯カメラが設置されているなど、不正利用に対しての対策がしっかりできている店舗も多いですので、安心ですね。

上記のことから、クレジットカードを利用した際に伝票にサインを求められる場合は

1. 使用したクレジットカードがICカードではない場合
2. ICカードでも、店舗が「ICカード対応端末機設置加盟店」ではなかった場合
3. 高額の買い物をした場合(または、その店舗が設定した上限を超えた場合)
4. 分割払いか、リボ払いを選択した場合

こういった場合に、サインを求められることが多いですね。

クレジットカードの伝票へのサインは漢字じゃなきゃいけないの?

スーパー等のレジで、以下のような張り紙を見たことがある方もいるのではないでしょうか。
ご利用できるクレジットカードは、裏面にご自身の署名があるものに限ります
つまり、クレジットカード裏面の署名は「これは私のカードです」という証明になるもので、とても大切なものです。
もし、署名がないクレジットカードを利用しようとした場合は、その場で油性ペンを渡され、名前を書かされることもあるほど。それくらい大事なものなのです。
署名がないカードを無理やり利用したり、署名を促されても拒否するような場合には「盗んだクレジットカードを利用しようとしている」とみなされる場合もあり危険です。持っているクレジットカードにはすべて、自分の名前を記載するようにしましょう。
そして、店舗でクレジットカードを利用した際、伝票に記入するサインは、クレジットカードの裏面の署名と同じものであることが重要です。クレジットカード裏面の署名と伝票のサインが一致していることで、クレジットカードの持ち主による利用という証になり、不正利用ではないという証明になるのです。
この決まりはすべてのカード会社共通のもので、それぞれの公式サイトにすべて注意書きがされています。

アメリカン・エキスプレスカード

カード裏面の所定の欄に必ずサインをお願いいたします。ご本人のサインのないカードはご利用いただけません。
加盟店でお買物をする際、サインのないカードや、カードのサインと売上票のサインが異なる場合などは、カードをご利用いただけませんので、あらかじめご注意ください。
引用:カードご利用前のご確認

JCBカード

JCBカードが届いたら、まず、裏面をご覧ください。ご署名と書かれた横長のワクに、自分のサインをすることから、JCBカードとの付き合いが始まります。
これからは、カードを使うたびに、あなたのカードであることの証明として、サインを求められることになります。いつもは書かないようなきれいすぎるサインや他人に真似されやすい英語のサインはさけて、自分らしいサインにするのが、一番です。
万が一、カードの盗難や紛失によって不正使用されたとき、裏面にサインのないカードではその損害額は補償されない場合があります。安心してカードを利用するために、サインをお忘れなく。
引用:カード取り扱いの注意とお願い

ダイナースクラブカード

カード裏面のサインは、カードのご利用に際してご本人様を確認する重要なもので、サインのないカードはご利用いただけません。また、万一サインのないカードを紛失・盗難などにより第三者に不正使用されたときは、損害の補填がされない場合があります。引用:ご利用前のご確認

マスターカード

カード裏面にはサインが記入されていなくてはならず、カードホルダーが売上票に記入したサインと一致しなくてはなりません。
引用:セキュリティ対策に着手する

三井住友VISAカード

カードの裏面のご署名欄に必ずご自身で、油性のサインペンかボールペンではっきりとサインしてください。
※サインは漢字でもローマ字でも結構です。
※カードご利用時には国内でも海外でも、売上票にご署名欄と同じサインをしてください。
引用:はじめてカードが届いたら

上記のように、各種カード会社も念をおしてカード裏面への署名を促しています。

海外でクレジットカードを使ったらその国の文字でサインをした方がいいの?

伝票へのサインは、クレジットカードの裏面の署名と同じものであることという決まりがあるため、カード裏面の署名を漢字のフルネームで書いてしまった人は、海外旅行でのクレジットカード利用の際も、伝票へのサインは漢字である必要があります。

「それでは、海外のお店の店員さんが読めないのでは?」

そう思うかもしれませんが、伝票へのサインはあなたの名前を伝えるという目的ではなく、「カード裏面の署名を伝票にも記載する」という目的なので、文字というよりは「記号」のような役割を持っていると考えると、しっくりくるでしょうか。店員さんがあなたの名前を読む必要はないのです。署名が漢字なら、サインも漢字で書きましょう。

しかし、海外旅行に行ったときや海外の映画・ドラマを観ると、外国人がサラサラとめちゃくちゃな(?)筆記体でサインをしているのを見て、あこがれる人も多いと思いですよね。海外でも漢字でサインって、なんだかカッコ悪い気もしますし…。

「どうしても筆記体で伝票にサインしたい!」

こう思う方は、クレジットカードの裏面の署名を筆記体にすればよいのです(漢字のフルネームでなければならないといった規定はありません)。
ただ日本人の場合、筆記体を日常的に書いていて、また書き慣れている方はあまり多くないはずです。カード裏面の筆記体の署名とまったく同じサインが、あなたは毎回書けるでしょうか?
もし不正利用を疑われた場合、サインの筆跡鑑定をされますが、筆跡鑑定では文字のカタチだけでなく、勢いや筆圧も鑑定の中に入ります。書き慣れない筆記体を書いた場合、ところどころにためらいがあり、それが筆跡に出てしまいます。具体的には、筆が一瞬止まったり、細かく震えたり、不自然な筆圧が出てくることが多いようです。これでは同一人物の筆跡とみなされない危険が出てきますね。

「書き慣れた漢字でも、サインを素早く崩して書いたら他人が書いたと同じことなのでは?」

こういった疑問が出てきますが、筆跡というのは、その人の生きてきた中での数十年の積み重ねが出てしまうものです。たとえ、ぐちゃぐちゃに漢字を書いても、筆跡のポイントとなる場所の勢いや文字のハネ、トメ、筆圧は、きちんと書いた時と同じように出てくるのだそうです。

こういった理由から、日本で育った日本人は、多少崩れても漢字で署名とサインをしたほうが安心だと言えるでしょう。実際には、海外のクレジットカード利用の際に英語のサインを伝票に書いても何も言われないことが多いです。外国人の店員さんはあまり気にしない方が多いようですが、何かあった際に面倒です。カード裏面の署名が漢字の場合は、伝票にも漢字でサインするようにしてくださいね。

電子サインの字がひどすぎる!解決法はあるの?

最近はペーパーレス化が進んでおり、伝票も紙ではなく、ペンタブ等のタッチパネル式のものにサインすることも増えています。
また、決済端末も「Square」などの簡易カードリーダーを導入する店舗も増えており、この場合はiPhoneかiPad上にサインをすることになります。こういったものは「電子サイン」と呼ばれています。
しかしこの「電子サイン」、うまく書けたためしがない!という苦情も多く寄せられています。

しかし、電子サインでも筆跡チェックはしっかり行われています。

下手でもできるだけ筆跡を変えずに書き続けていれば、それが本人の電子サインと認められるようになりますので、しっかり書くようにしましょう。

伝票へのサインをしっかり書いているのって日本人だけ?

伝票へのサインが案外重要なものであることがわかってきました。

「それでもやっぱり面倒くさい!」
「こんなにきちんとフルネームを書くのは日本人だけ」

こういった声が聞こえてきそうですが、おとなりの韓国ではどうでしょうか。
韓国は日本よりもペーパーレス化が進んでおり、クレジットカードを使っても紙にサインすることはほとんどありません。電子サインが主流です。
こうなると、韓国に住む方々は最初からきちんと書くことを放棄している様子で、ほとんどの方が「〇(マル)」や「~(波線)」「―(棒線)」でサインを済ませています。

少額決済なら試してみたいところですが、クレジットカードを紛失した際は大慌てとなりそうですね。

クレジットカード裏面の署名を書き損じた、または変更したいという場合

「何が何でもカード裏面の署名を英語の筆記体に変えたい!」
「だいぶ前に作ったクレジットカードの署名を丸文字で書いてしまった。恥ずかしいので普通の文字に変えたい」
「署名を書き損じてしまった…」

こういった場合は、カード会社に連絡をすれば、新しいものと取り換えてもらえます。交換には1週間から2週間かかりますが、その間にレジで署名の書き損じなどを指摘されたら、ちょうど交換中であることを申告すれば、そのまま使えることがほとんどです。
交換されたクレジットカードの番号は新しいものになっていますので、ネットショップにクレジットカード番号すでに登録してしまった場合は変更手続きをするなど、対応が必要になります。

クレジットカードのサインは裏面の署名と同じものを書こう!セキュリティを考えるなら漢字がベターです

暗証番号やサインレス決済が増えてきましたが、それでもサインは重要なものです。
漢字を書くのは面倒ですが、世界でも漢字を使う国は多くなく、偽造がされにくいので安心です。セキュリティを考えるなら、漢字で署名をし、サインも漢字で書いた方が良いようですね。
しっかりとサインをして不正利用から自分自身を守っていきましょう!