クレジットカード現金化で利用停止に!あなたらなどうする?

Pocket

手元に現金がなくても支払いが行えるのがクレジットカードの最大のメリットであり、急な出費が出がちな社会人ならば持っておきたいアイテムの一つでは無いでしょうか。
また、最近ではインターネット取引でクレジット決済も一般化しつつあるので、尚更必需品になっていると言えます。
しかし、クレジットカード等でキャッシュレス化が進んでいるものの

・医療費の支払い
・教育費の支払い
・公共料金の支払い

と言ったものは未だに現金での支払いが求められるので、手持ちの現金は幾らか持っていなければなりません。
もし仮に、そういった支払いをする時に現金が無かった場合、あなたならどうしますか?
こういった場合の強い味方になってくれるのがクレジットカードの現金化ですが、利用停止になるリスクを孕んだ手法となっており、実際にクレジットカードの現金化で利用停止になった人もいるのです。
では、クレジットカードの現金化で利用停止なる理由とは何なのでしょうか?
また、クレジットカードの現金化で利用停止になる仕組みや対処法を説明したいと思います。

何故クレジットカードの現金化で利用停止になるのか

クレジットカードの現金化で利用停止なる理由は、幾つか指摘されているのですが、最も有力なものはカードユーザーが支払い不能になるのを防ぐためだと考えられています。
一見するとユーザー側のメリットが高く、カード会社側にはデメリットしか無いように感じますが、実際にはその逆です。
何故ならば、クレジットカードのユーザーが支払い不能に陥ると、最終的に支払いを行わなければならないのはカード会社側なので収益を減らすことに繋がるからです。
特に、クレジットカードの現金化は、カード会社が意図する上限を超えて借り入れが行えるので、ユーザーが支払い不能に陥りやすいので、クレジットカードの現金化を利用規約で禁止しています。
ただし、クレジットカードの現金化は、あくまで利用規約での禁止であり、法的な違法性は無いのでグレーゾーンな現金化手法となっています。

クレジットカードの現金化で利用停止になる仕組み

すべてのクレジットカードでは、利用規約で現金化を禁止しており、現金化が発覚するとカードの利用停止になります。
では、クレジットカードの現金化で利用停止になる仕組みとはどの様なものなのか以下に説明していきたいと思います。

自動検知システムにより発見→利用の一時停止

クレジットカードの現金化は、人の監視によって行われているのではなく、自動検知システムにより現金化等の不正利用の疑われる事案をは発見し、一時的にカードを利用停止しています。
また、クレジットカードの現金化等の不正利用以外にも、ユーザーが返済不能に陥った際も同様の措置が取られています。
そして、こういった自動検知システムは、24時間・365日監視しており、過去の不正利用されたデータに基づいて検知しているので、疑われるような取引を行うと即座に一時的な利用停止に陥るようになっているのです。
なお、クレジットカードの現金化を疑われるような利用には以下のようなものがあります。

換金率の高い商品の購入

商品券や新幹線の回数券等は、金券ショップの定番の買取対象になっており、換金率の高い商品になっています。
こういった商品をクレジットカードで購入すると、自動検知システムによって現金化を疑われやすくなり、連続してそれらの商品の購入をすると、ほぼ確実に一時的な利用停止の対象になってしまうのです。
また、連続購入によるブランド品や電化製品なども同様に一時的な利用停止の対象になりやすくなっているので、クレジットカードの現金化を行う際は、そういった手法を取らないよううにする必要が求められます。

こういった人は一発で利用停止になりやすい

現金化等のクレジットカードの不正利用による一時停止は、自動検知システムにより検知しているものの、人によって一時的な利用停止にならない場合もあります。
これは、ユーザーの信用度によって左右されているので、以下の様な利用状況にある場合は、現金化を行うと一発でクレジットカードの利用停止になりやすくなっています。

返済能力の低いユーザー

クレジットカードは、その名の通りユーザーの信用(クレジットとは信用と言う意味)によってカードの利用をある限度内で認めています。
そのため、クレジットカードを新規申し込みした時に、ギリギリで審査に通る様な人であると、換金率の高い商品の購入だけで自動検知システムによって利用停止になりやすくなっています。
事実、アルバイト、パート、フリーランスッと言った人は、利用限度額も小さいので、クレジットカードの現金化を行う場合は注意が必要です。

利用限度額ギリギリまで利用している

利用限度額ギリギリまで利用している人がクレジットカードの現金化を行うと、利用停止になりやすくなっています。
何故ならば、自動検知システムは、カードの不正利用のみならず、ユーザーが返済不能に陥いる可能性があると判断した場合も利用停止の対象となるからです。
また、こういった人はお金に困窮していると判断されるので、現金化を疑われやすくなっています。

金融機関での借入が多い

クレジットカード会社では、ユーザーの利用状況によって、契約中に信用情報を途中照会して再審査をする事が可能になっています。
これを「途上与信」と呼んでいますが、この時他の金融機関で借り入れを行っている場合は、返済能力が低いと判断されるので、不正利用に関わらず利用停止になりやすくなっています。
当然ながら、クレジットカードの現金化を疑われる様な行為を働いた場合は、利用停止の可能性も高いでしょう。

支払いの遅延

クレジットカードの利用して、過去に何度か支払いの遅延があった場合は、クレジットカードの現金化等の不正利用を疑われる行為を行うと、利用停止になりやすくなっています。
また、自動検知システムによる利用停止は一時的なものですが、その様なユーザーはカードの復活も望み薄となりやすいです。

監視の厳しいカードを利用している

クレジットカードの現金化は、すべてのカード会社で禁止されていますが、実際の監視状況は会社によって濃淡があるので、利用しているカードによっては不正利用を疑われにくい事もあります。
ただし、非常に監視が厳しく、少しでも不正利用を疑われると直ぐに利用停止になるカード会社も存在しているのも事実です。
特に、国際的な認知度の高い、JCBやアメックス等のクレジットカードを利用している場合は、現金化のハードルが高くなっているので、それらでの現金化は避けたほうが良いでしょう。

クレジットカードの現金化で利用停止から復活までの流れ

クレジットカードの現金化は、自動検知システムにより検知され一時的に利用できなくなりますが、どの様な流れで利用停止から復活まで至るのでしょうか。
ここでは、その一連の流れを説明すると共に、対処法を説明したいと思います。

カード会社から連絡

自動検知システムによりカードが一時的に利用できなくなると、まずはじめにカード会社から電話によりユーザーに連絡が行われ、その際に事細かく利用状況の説明を求められます。
想定される問答は

・カードで何を購入したか
・誰が購入したか
・購入の目的

などですが、この時しどろもどろに回答してしまうと、不正利用が疑われ利用停止が解除されないばかりか、強制解約になってしまいます。
また、高圧的な態度を取ってしまうと、同様に不正利用する危険人物だと判断されかねないので、丁寧な対応を取ると共に明確な「理由」を考えておく必要があります。

解除されるまでの期間

クレジットカードの現金化等の不正利用が疑われた場合、利用停止が解除されるまでの期間はどのくらいのでしょうか。
それは、カード会社側で不正の疑いが晴れた直後からなので、一概に何日間とは言うことは出来ません。
即日の場合もあれば、3~10営業日等様々ですが、不正利用に加え延滞や使い過ぎ等の利用履歴がある場合は、長くなったり、最悪の場合は強制退会になる可能性があります。
また、利用停止直後にすぐ連絡が来るわけでな無いので、急を要する場合はこちらから電話すると良いでしょう。

どうしてもクレジット決済を利用したい場合

利用停止に陥り、それでもクレジット決済を利用したい場合は、デビットカードを利用するのも一つの手です。
クレジットカードとは異なり、即時決済システムになているので、ほぼ審査不要で利用する事ができます。
また、カードローン契約も出来るので、クレジットカードが使用できなくなった場合は、デビットカードを検討してみると良いでしょう。

クレジットカードの現金化バレた場合どうなるのか?

クレジットカードの現金化によって利用停止に陥り、その結果不正がバレてしまうと強制退会を迫られます。
しかし、単に強制退会でクレジットカードの使用ができなくなるのではなく、以下の様な実害を被ることは念頭に入れておくべきでしょう。

クレジットカードの新規契約ができない

クレジットカードの現金化を行い利用停止になると、クレジットカードの新規契約ができなくなってしまいます。
何故ならば、そういった不正行為をはたらくと、信用情報に事故情報として記録され、他のクレジットカードの審査が厳しくなり、結果審査の通過が難しくなるからです。

ブラックリストに載ってしまう

クレジットカードの現金化等のカードの不正利用は、信用情報に記載され最大で5年間保存されます。
これは、所謂ブラックリストへの記載の事を指しており、様々な取引での審査に影響するので、新たな金融関係の審査を阻害する事につながってしまいます。

利用残高の一括請求

クレジットカードの現金化は、カード会社の利用規約に記載される程の禁止行為になっています。
そのため、現金化の事実がバレると、利用停止後に強制退会させられると共に、利用残高の一括請求が求められてしまうのです。
しかも、支払いの期日を待たずに全額返済をしなければならないので、リスクの高い現金化手法を用いるのは賢いやり方だとは言えないでしょう。

何故現金化業者を利用するのが安全なのか?

クレジットカードの現金化は非常にリスクが高く、セルフで行うと更に利用停止に陥る可能性があります。
そこでよくおすすめされるのがクレジットカードの現金化業者(特にキャッシュバック方式)ですが、何故現金化業者を利用するのが安全なのでしょうか。
それにはまず、クレジットカードの仕組みを理解する必要があります。
まず、クレジットカードの決済を行うためには、カード会社の加盟店にならなければなりません。
当然ながら、現金化業者が加盟店になることは出来ませんが、決済代行会社を仲介すればバレずに現金化する事が出来るのです。
決済代行会社とは、クレジットカード決済専門としている会社ですが、毎月の決済に何十億もの取引を行うので、その中にクレジットカードの現金化を隠蔽する事ができます。
当然、こういった行為はカード会社側との契約違反になるので、決済代行会社は取引停止のリスクを伴うことになりますが、それ以上に現金化の手数料収入が見込めるので、現金化業者と取引を行うのです。
事実、決済のノウハウを有しているのが決済代行会社なので、カード会社側で現金化の事実を把握することが出来ないので、比較的安全にクレジットカードの現金化を行えるようになっています。

現金化業者を利用した方が利用停止のリスクは少ない

換金率の高い商品を購入するクレジットカードの現金化は非常にリスクを伴い、その後被るデメリットを考えれば、現金化業者利用する方がはるかに安全に現金化することが出来ます。
また、キャッシュバック方式の現金化は、還元率も70%~80%とやや低いですが、それでもクレジットカードの現金化による利用停止のデメリットを総合的に考えれば、決して損な方法だとは言えないはずです。