ポストペイ(後払い)方式の魅力的な現金化ツール!PiTaPaの現金化方法とは?

pitapa

ポストペイ(後払い)方式の魅力的な現金化ツール!PiTaPaの現金化方法とは?

交通系IC決済サービスとして関東エリアで普及するSuicaに対し、近畿エリアを中心に関西や北陸などのエリアではPiTaPaが広く活用されています。

公共交通機関の支払いを目的に開発されましたが、ショッピングに利用できる電子マネーとしての機能も実装している点はSuicaなどと同じですがプリペイド(前払い)方式ではなくポストペイ(後払い)方式を採用しているのがPiTaPaの特徴です。

利用料金後払いのポストペイ方式を採用することでPiTaPaは限りなくクレジットカードに近い電子マネーに位置付けられ、魅力的な現金化ツールであると言えますのでPiTaPaの現金化にフォーカスし詳しく紹介します。

前払いではなく後払いで利用できるPiTaPaが現金化ツールとして魅力的な理由

電子マネーの普及によって国内のキャッシュレス化が大きく推し進められましたが、国内に電子マネーを普及させたのは交通系IC決済サービスでPiTaPaはSuicaと共に多くのユーザーに利用されている代表的な交通系IC決済サービスだと言えます。

しかしSuicaが前払いのプリペイド方式を採用するのに対しPiTaPaは後払いのポストペイ方式を採用している点で、2つのサービスは大きく異なりポストペイ方式を採用するPiTaPaは効率的な現金化を行えるツールとして大きな魅力を秘めていると言えます。

キャッシュレスのデジタル決済は便利だよな。特に電子マネーは使わない日が無い程の頻度で使う機会が多いものだ。
世界的に見ても日本ほど電子マネーが普及している国は稀で、電子マネーは「日本独自の決済方法」と例えられるほど日本で普及しているデジタル決済だからな。
しかし電子マネーは事前にチャージする必要があるのが欠点だな、時々チャージ不足で恥ずかしい思いをすることがある。
なんだ、電子マネーの残高管理ができてないのか?それならPiTaPaを使えばいいんだよ。後払いのポストペイ方式だからチャージ不足で恥ずかしい思いをしなくて済むぞ。
チャージ不要の電子マネーがあるのか!後払いってことは現金化に活用できそうな予感が!
鋭いっ!後払いのポストペイ方式を採用するPiTaPaは現金化と非常に相性が良い電子マネーで優れた現金化ツールの1つに挙げられるから、PiTaPaの特徴を確認して行こう。

普及率は高いものの意外とメリットが少なく現金化に適さないと言われる電子マネー

先進国のなかで日本ほど現金決済率が高い国は非常に稀で日本人は現金支払いを好むと考えられていましたが、前払いのプリペイド方式を採用する電子マネーが「使いすぎの心配がないデジタル決済」として高く評価されキャッシュレス化が進みました。

しかしプリペイド方式を採用する一般的な電子マネーは利用限度額が前払いした金額内に制限されるため、汎用性の高い現金をデジタルに置き換えただけであると言え、電子マネーに置き換えることで資産の汎用性が損なわれるという側面が存在するのも事実です。

また利用限度額が前払いした金額内に制限される電子マネーは、うっかり高額なチャージを行った場合など以外で現金化のメリットを得ることができないと考えられるため一般的に電子マネーは現金化に適さないツールだと言われています。

電子マネーにはデジタル決済の利用で得られるメリットが大きく期待できないと捉えることもできますが、大きなメリットが期待できないのは一般定な電子マネーがプリペイド方式を採用していることが影響してると言えます。

一般的な電子マネーとは一線を画す支払い方法を採用するPiTaPaとは?

交通系電子マネーとして開発され2004年にサービスが開始されたのがPiTaPaで鉄道・バス事業者やクレジットカード会社・金融機関などと提携し非接触型ICカードなどのカード形式で提供される電子マネーサービスです。

一般的な電子マネーサービスがプリペイド式を採用するなかで交通系電子マネーとしては世界で最初にポストペイ方式の採用を行ったため、PiTaPaは広義では電子マネーではなくクレジットカードに分類されます。

クレジット機能同様のポストペイ方式を採用しているため、チャージ額による利用限度額の制限が存在しませんし、利用月の翌月か翌々月に利用額の支払いを行いますので利用と支払いにタイムラグが発生します。

電子マネーでありながら利用と支払いにタイムラグが発生することからPiTaPaを活用した現金化を行うことが可能で、PiTaPaは現金化ツールとして活用できる非常に稀な存在の電子マネーだと言えるでしょう。

PiTaPaで効率的な現金化を行う方法とは?

ポストペイ方式を採用したことで利用と支払いまでに1~2ヶ月のタイムラグが発生するPiTaPaは、現金化ツールとして活用できる珍しいタイプの電子マネーだと言えます。しかしどのような方法で現金化を行うかで現金化効率が異なるので、できるだけ効率的な現金化方法を選んでPiTaPaのショッピング枠の現金化を行いたいものです。

「PiTaPaが現金化と相性の良い電子マネーであることは理解できたから、さっそくPiTaPaの現金化に挑戦してみるぞ!」
「落ち着け!せっかくPiTaPaを現金化するのなら効率的に現金化しないともったいないぞ!」

えっ?現金化って何を利用しても同じじゃないの?現金を手に入れられるんだろう?
確かにショッピング枠を現金に置き換えるのが現金化だが、どのような方法で現金化するかで手に入れられる現金の額が代わってくるぞ!現金化効率の高い方法で現金化するのが重要だ!
そうか!PiTaPaを現金化できるっていうだけで喜んでいては損をする可能性もあると言うことだな?
そのとおり!効率的な現金化が行える数少ない電子マネーのPiTaPaを利用するんだから少しでも高い換金率で現金を手に入れるべきだろう。PiTaPaの効率的な現金化の方法を見ていこう。

PiTaPaの現金化の主な方法は3つ存在する!

後払いのポストペイ方式を採用するPiTaPaは現金化と相性の良い数少ない電子マネーだと言えますが、せっかくPiTaPaの現金化を行うのであればできるだけ効率的な現金化の方法を利用して少しでも多くの現金を手に入れたいものです。

PiTaPaの現金化に活用できる方法として「返品による現金化」・「購入商品転売による現金化」・「現金化業者を利用する現金化」の3つの方法が挙げられます。

返品によるPiTaPaの現金化とは?

プリペイド方式の電子マネーとしても活用される現金化方法が返品による現金化ですが、PiTaPaの現金化を行う場合も返品による現金化を活用することができます。PiTaPaのショッピング枠を利用して購入した商品を支払い完了後に返品することでショッピング枠の現金化を行う方法で、100%近い換金率が期待できるため非常に効率の良い現金化の方法だと言えます。

しかし何度も返品を繰り返すと販売店のブラックリストに載りかねないリスクやクレジットカード付帯のPiTaPaを利用した場合ではカード会社から現金化がマークされるリスクも存在するので注意が必要です。

購入商品転売によるPiTaPaの現金化とは?

PiTaPaのショッピング枠を利用して購入した商品を売却することでショッピング枠の現金化を行うのが購入商品転売による現金化で、プリペイド方式の電子マネーやクレジットカードの現金化にも活用されるポピュラーな現金化の方法です。

PiTaPaを利用した商品購入価格と売却先の買取価格に発生する差額は換金率と呼ばれ、できるだけ高い換金率で買取してくれる金券ショップやリサイクルショップを利用することと高い換金率が期待できる商品を利用することがポイントになります。

高額買取が期待できる商品としてアマゾンギフト券や新幹線回数券などが挙げられますが、残念ながらPiTaPaでアマゾンギフト券や新幹線回数券を購入することはできないため他の商品で換金率の高いものを探す必要があります。

近年ではオークションサイトで人気の高いゲーム機がプレミアム価格で取り扱われるケースも珍しくないため、どのような商品に対するニーズが高いのかをある程度調査してから商品購入を行う必要があると言えます。

現金化業者を利用するPiTaPaの現金化とは?

PiTaPaは電子マネーでありながらポストペイ方式を採用しているため、PiTaPaは広義ではクレジットカードに分類されることは既に紹介しました。クレジットカードのショッピング枠の現金化を行う現金化業者を利用してPiTaPaのショッピング枠も現金化することが可能です。

現金化業者を利用する方法では業者の指定する商品をPiTaPaのショッピング枠を利用して代理購入し、業者に受け渡すことで現金を受け取ります。88~98%の高い換金率を掲げる現金化業者も存在しますがなかには商品持ち逃げや購入後に買取価格の値下げを行う悪徳業者も存在するので利用の際は注意が必要です。

最も安全で効率的なPiTaPaの現金化の方法は?

既述の3つの現金化の方法のなかで最もリスクが低い現金化は返品による現金化だと言えますが、返品でPiTaPaの現金化を行う場合同じ販売店を繰り返し利用できないデメリットも存在します。

また返品の換金率の上限は100%ですので商品購入代金以上の現金を手に入れることはできませんので、目利きに自信がある方であればオークションサイトで購入商品を転売し商品購入価格以上のプレミアム価格を手に入れる方法の方が魅力的だと言えるでしょう。

ポストペイ方式を採用するPiTaPaで現金化を行う際の注意点とは?

後払いのポストペイ方式を採用するPiTaPaは現金化と相性の良い珍しい電子マネーだと言えますが、ポストペイ方式であることでPiTaPaには一般的な電子マネー現金化には存在しない注意点が潜んでいるのも事実です。

PiTaPaを利用した現金が行えることが判ったから今後のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の充実が楽しみだ!
PiTaPaの現金化でQOLの大幅な改善は見込まない方が良いと思うよ。君の場合は特に。
えっ!なんで?だって電子マネーでジャンジャン現金化できたら不労所得が爆上がりじゃないのか?
やっぱり!勘違いしてるって言うか、プリペイドとポストペイを混同してるだろ!
ダメですか?
ダメです!危険すぎるからポストペイ方式のPiTaPaで現金化を行う際の注意点をしっかり見ていくよ!

ポストペイ方式のPiTaPaは利用は借入を行っていることを意味する

一般的なプリペイド方式の電子マネーはチャージ金額内でのみ利用することが可能ですが、ポストペイ方式のPiTaPaは利用額が借入額となり支払日に一括清算することが求められます。

借入額の返済を滞納した場合は年率6.0%の遅延損害金が発生しますし、金融事故データが信用情報機関のデータベースに記録され全ての金融機関に共有されますので今後の全ての金融取引に影響を及ぼす可能性が発生します。

PiTaPaには利用限度額が存在しノンリミットで利用できるものではない

プリペイド方式ではないPiTaPaはチャージ額による利用限度額の制限は存在しませんが、次に挙げる利用限度額が設定されているためPiTaPaのポストペイ方式を無制限に利用できる訳ではないので注意が必要です。
・交通機関利用15万円/1ヶ月(IC定期券購入時20万円まで)
・ショッピング利用1日3万円・1ヶ月(1日~末日)5万円

現金化に活用できるPiTaPaの利用限度額は1日3万円、1ヶ月5万円のショッピング枠ですので、PiTaPaは現金化と相性の良い電子マネーではあるものの高額の資金調達には適さないといえますね。

利用料後払いのPiTaPaを有効活用して効率的に現金を手に入れよう!

少額の資金調達を行うためにはポストペイ方式のPiTaPaは非常に使い勝手の良いツールであると言えますが、ポストペイ方式は利用額の借り入れを行っていることを意味しますので注意が必要です。

また利用限度額が最大1ヶ月5万円に制限されているため高額の資金調達には適さない点もPiTaPaの現金化の特徴だと言えますが、PiTaPaを上手に有効活用すれば日常生活のなかで想定外に発生する出費の金策として効果を発揮すると言えます。

「俺LOVE現金化」はお得な現金化情報の積極的な収取を行い、精査の後に効率的だと判断できた有力情報をお届けする現金化に特化した情報サイトです。誰にでも訪れる手持ちの現金不足を効果的に解決できるさまざまな現金化情報を日々更新しながら発信していますので、「俺LOVE現金化」で効率的な現金化情報を確認して手持ち現金不足に効果的に対応してください。

「俺LOVE現金化」は魅力的で参考になる現金化情報を満載しながら、皆さんのサイトの訪問をお待ちしています。