クレジットカード 現金化 何のため

nannotame

何のため?マネーライフハックであるクレジットカード現金化が行われる理由とは

クレジットカードを利用した金策手段としてキャッシング枠の利用が挙げられますが、クレジットカード現金化と呼ばれる方法を利用すればキャッシングを利用せずショッピング枠を現金に置き換えて現金を手にすることが可能です。

クレジットカード現金化は決済システムのバグを突くマネーライフハックと言えるもので予定外の出費の金策に利用されるのが一般的ですが、それ以外の理由でも現金化は活発に利用されているので、何のために現金化が利用されるかを紹介します。

決済システムのバグを突くマネーライフハック!クレジットカード現金化とは?

通常クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能の2つの機能が実装されていて、キャッシング機能を利用すればATMから簡単に現金を引き出せますがキャッシングには利用限度額や金利手数料などの問題が存在するのも事実です。

利用限度額までキャッシングしているとそれ以上の借り入れが行えないので、急な出費に迫られても対応できなくなり金策に頭を抱える事態に陥りかねませんがクレジットカード現金化を利用すれば問題をクリアすることができます。

うわっ!今週同窓会あるの忘れてた!今月ピンチで現金の持ち合わせないのにどうしよう。
金欠じゃしょうがないな、欠席すれば。
ダメだよ!どうしても会いたい同級生が出席するっていうから俺も出席するって決めたんだから。
ははぁ~ん、女の子か?どうするの、現金ないと格好付かないだろう?
キャッシング枠は一杯一杯まで使ってるし、どうしよう。
マネーライフハックのクレジットカード現金化があるじゃないか。現金化についてみていこう

クレジットカード現金化は貸金業法の総量規制で定める借入総額の対処法で考案された

キャッシング機能を実装しているクレジットカードはATMを利用して簡単に現金を手に入れることができますが、キャッシングは貸金業法で定める総量規制が適用されるため年収の1/3を超える額の借り入れが行えません。

複数のクレジットカードのキャッシング機能を利用した場合でも、キャッシングの利用履歴は全て信用情報機関のデータベースに記録されるため、複数のカードでも借入総額が総量規制で定める年収の1/3を超えるキャッシングは不可能です。

総量規制は多重債務に苦しむ利用者保護のために施行された制度ですが利用限度額が大きく制限されるため金策に頭を抱える利用者が増加しているのも事実で、何とか現金を手に入れたいと願う利用者のために考案されたのがクレジットカード現金化です。

キャッシング枠を現金に置き換えるマネーライフハック!クレジットカード現金化とは

1枚のクレジットカードに実装されるショッピング機能とキャッシング機能でもキャッシング枠は総量規制の対象となり、ショッピング枠は対象外となるため利用限度額一杯までキャッシングをしていてもショッピング枠は利用することができます。

そこでショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化が考案され、多くの利用者がクレジットカード現金化で現金を手にすることに成功しています。

クレジットカードの現金化はカードで購入した商品を現金化業者などに売却する方法と現金化業者から商品を購入しキャッシュバックの形で現金を受け取る方法に分類でき、一般的には買取方式とキャッシュバック方式と呼ばれます。

ショッピング枠で購入した商品を利用してクレジットカード現金化を行うと翌月又は翌々月にはカード会社から利用額の請求がありますが、カード利用から請求までに生じるタイムラグを利用し繋ぎ資金を得るマネーライフハックがクレジットカード現金化です。

何のためにクレジットカード現金化を利用するのか?現金化が選ばれる理由とは

ショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化はキャッシング枠を利用限度額まで利用した場合に効果的な資金繰りですが、それ以外の理由で利用されるケースも珍しくありませんので何のためにクレジットカード現金化が行われるのかを紹介します。

ショッピング枠を現金に置き換えるクレジットカード現金化が総量規制の対象外ということは、キャッシングのように借金になるわけではないという意味なのか?
おっ!鋭いね。キャッシング枠は貸金業法、ショッピング枠は割賦販売法の異なる法律が適用されるからショッピング枠は総量規制の対象外になるんだ。
ということは、積極的にショッピング枠を利用すればキャッシング枠を減らさずに現金を手に入れることができるってこと?
その通り!だからこそクレジットカード現金化は決済システムのバグを突くマネーライフハックだと言える。
利用限度額までキャッシング利用した場合以外にもクレジットカード現金化の利用が効果的なケースもあるっていうことだろう!
大当たり!クレジットカード現金化は守りの利用だけではなく攻めの利用も可能な資金繰り手段なんだ!攻めの利用が何のために行われるのかを見ていこう。

キャッシングでの借り入れを信用情報機関のデータベースに記録されたくない

既に紹介したとおり借り入れや返済状況、延滞履歴などの金融取引情報は信用情報機関に集められデータバースに記録されていて、新たにクレジットカードを作る際やローンの申し込みの際には申込者の信用情報を基に審査が行われます。

信用情報を良好な状態に保つためには返済の延滞は絶対に避けるべきですし、借入額はできるだけ少なく抑えたいものですがキャッシングを利用すると信用情報機関のデーターベースにキャッシング履歴が確実に記録されます。

キャッシング枠の利用限度額が残っている場合であれば「何のために現金化を利用するのだろう?」と考える方が少なくないのではないかと思いますが、キャッシングを利用して借り入れを行った事実を隠したいと考える方にとって現金化は信用情報に記録されない魅力的なマネーライフハックだと言えます。

借り入れの審査にかかる時間的コストを圧縮したい

キャッシング機能を利用すればATMから簡単に現金を引き出すことができますが、新たにカードローンなどを利用してキャッシング以外で借り入れを行う際には金融業者の審査を通過する必要があります。

近年はスピード審査を掲げる金融業者が増加していますが審査には一定の時間的コストが必要な傾向にあるのも事実ですし、審査に通過しなければ借り入れできないばかりか信用情報が傷付くので何のために申し込みをしたのか判らなくなるリスクも存在します。

既に保有するクレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える現金化は、スピーディーに現金を手に入れられる効果的なマネーライフハックだと言えるでしょう

総量規制で定められる借入総額以上の借り入れを行いたい

一般的に利用限度額までキャッシングを行い、やむなくクレジットカード現金化で資金調達を行うというイメージを持つ方が少なくないのではないでしょうか?確かにショッピング枠は総量規制の対象外となるため、総量規制で定める借入総額以上の現金をクレジットカードを利用して調達することが可能です。

何のためにクレジットカード現金化を利用して現金を手に入れるかの動機付けとして利用限度額に達したからという消極的な守りの理由ではなく、「キャッシング利用限度額と共にショッピング枠の限度額を最大限に活用したい」と言う積極的な攻めの理由で現金化が利用されるケースも存在します。

キャッシング時に生じる金利手数料を抑えたい

キャッシングを利用するとカード会社から貸し付け額に応じた金利手数料の請求が行われますが、キャッシングの金利手数料は意外と馬鹿にならないほど高額な傾向にあると言えます。

クレジットカード現金化を行う際にも換金率や手数料などを確認する必要がありますが、現金化業者のなかには商品価格の98%などの非常に高い換金率で現金化が行える優良業者も存在します。

手数料を差し引くと商品価格の60%などの換金率で現金化を行う現金化業者を利用するのでは何のためにクレジットカード現金化を行っているのかが判らない、マネーライフハックの失敗例となりますので信頼できる優良業者を利用して現金化を行いたいものです。

クレジットカード現金化で行うマネーライフハックの注意点は?

貸金業法の総量規制が適用されるキャッシング枠より割賦販売法の適用を受けるショッピング枠を利用した現金化の方が、効率的な資金調達手段のように感じますがマネーライフハックであるクレジットカード現金化はノーリスクではないため利用時には注意が必要です。

金利手数料も発生せず、総量規制の適用も受けないショッピング枠を利用した現金化は本当に魅力的なマネーライフハックだな。
確かにクレジットカード現金化は、上手に利用すれば最強のマネーライフハックだと言えるな。
上手に利用すればって、なんか引っかかる言い方だけどクレジットカード現金化って無条件に優れた資金調達手段じゃないのか?
残念ながら現金化はノーリスクで行えるわけではないんだ。リスクが存在するから現金化を行う際には注意が必要だな。最悪金融取引停止になって何のために現金化を利用したかがわからなくなるケースもある。
えーっ!リスクあるの?どんなリスクなんだ、何のために現金化を利用したかわからなくなるってなんだか怖いな。
リスク回避しながらクレジットカード現金化を実現するためには、現金化のリスクを掴んでおく必要があるな。現金化を行う際のリスクについて見ていこう。

クレジットカード現金化は絶対にカード会社にバレないように行う必要がある

クレジットカードを発行するカード会社は現金化目的でのカード使用を利用規約で禁止しているため、カード会社にクレジットカード現金化がバレると利用規約違反でカードが無効化され強制退会処分を受けるのが一般的です。

強制退会の恐ろしい点は無効化されたカードでの利用額を退会時に一括返済する必要がある点も挙げられますが、信用情報機関に強制退会の情報が記録されるためカード使用停止や強制退会が他のカード会社にまで波及するリスクがある点がより深刻だと言えます。

既に紹介したとおり国内の全ての金融取引情報は信用情報機関に集められますが、新規カード申し込みや処分情報なども信用情報機関経由で各金融機関に共有されます。

現金化で強制退会処分を受けた情報も共有されるため「利用規約違反を行う可能性のある利用者」として信用情報が大きく傷付き現金決済以外の新たな金融取引が全て停止するリスクが現金化には存在します。

カード会社にバレないクレジットカード現金化が究極のマネーライフハックとなる

カード会社は利用者のカード利用履歴をランダムに監視していて、高換金率商品の大量購入や連続購入など不自然な利用に目を光らせています。カード会社にバレずにクレジットカード現金化を行うためには、不自然なカード利用履歴にならないような購入計画を立てながら現金化を行う必要があると言えるでしょう。

また利用する現金化業者を厳選しカード会社にマークされることのないよう、目立たず粛々と現金化を行うことに成功すればクレジットカード現金化を究極のマネーライフハックとして安全に活用することが可能です。

クレジットカード現金化での効率的なマネーライフハックには最新情報が重要!

クレジットカード現金化は魅力的なマネーライフハックですがカード会社の利用規約違反になる行為ですので、カード会社にバレることは絶対に避けたい最悪の事態として捉えるべきです。

現金化業者のなかには無許可営業を行う悪徳業者が存在していて、うっかり悪徳業者を利用するとカード会社に現金化がバレてしまう可能性や思わぬトラブルに巻き込まれるリスクも存在するので信頼できる現金化業者を利用する必要があります。

しかし信頼できる業者と悪徳業者の見極めは非常に難しいのも事実ですので、日頃からクレジットカード現金化の最新情報を掴んでおくことが重要です。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」は効率的な現金化手段や現金化に関するさまざまな最新情報の提供と共に信頼できる現金化業者の情報も積極的に提供していますので、「俺LOVE現金化」で最新の現金化情報をチェックし効率的なクレジットカード現金化で理想的なマネーライフハックを実現してください。