メルペイを現金化するには業者を利用すべき?注意すべきポイントと残高の違いを解説!

メルカリのアプリを使い始めて、メルペイの現金化ができることに気づく人はそれほど多くありません。むしろ、ポイントにして、後から出金できないことに気づくケースやポイントを出金したいのに、現金化の仕方が分からないなどの悩みはよく聞かれます。そこで、メルペイを現金化する手段や業者を利用した方法があるのかなどについて、本記事では解説します。

現金化に使えるメルペイの概要と利用時の注意点

メルペイは比較的新しいサービスで、現金化するにもそのサービス内容を知らなければ現金化しようにも始まりません。メルペイはどんな決済方法で、それを現金化するにはどうすればよいのでしょうか。

メルカリをスマホアプリで使っていると、メルペイってのがある。メルペイってどんなサービスなんだ?
メルペイはメルカリのアプリに付いているスマホ決済方法の一つなんだ。コンビニやファーストフード店、オンラインショップなどで買い物をするときにスマホで支払えるサービスだぞ。
じゃあ、他のスマホ決済みたいにメルペイも現金化できるのか?
当然だ。現金化できるけど、その前にメルペイの仕組みについて知っておく必要があるんだ。現金化したくても、その利用の仕方が複雑なところもある。さっそく、メルペイの特徴について詳しく見ていこうな。

メルペイとは

メルペイとは、株式会社メルペイが運営するフリマのサービスで有名なメルカリで2019年2月にスタートしたスマホ決済サービスです。iPhone・Androidの両方のスマホに対応していて、「iD」や「m pay」のマークがある店舗で買い物に使えます。店舗での主な支払い方法は、「コード(QR)による支払い」、「iD支払い」、「メルペイスマート払い(メルペイ後払い)」で、オンライン支払いにも一部対応しています。代表的な決済利用の実店舗として、大手コンビニのセブンイレブンやミニストップ、飲食店では吉野家やすき家、家電量販店、ゲームショップ、おもちゃショップ、ドラッグストアなど全国の店舗で使用可能です。

「メルペイスマート払い」が使える店舗や通販

メルペイスマート払いは、メルペイの購入で使える「iD」や「m pay」のマークのある店舗なら同様に後払いを使えます。以前はメルカリのフリマサイト内だけ支払いに適用されていたが、現在ではメルペイスマート払いが通常の他店支払いにも適用されます。支払い方法に後払いとしてのメルペイスマート払いを設定すればそれが支払い方法として採用されるためです。電子マネー決済などにメルペイ支払いが可能なオンラインショップでの買い物も同様に後払いで決済できます。ネットでの買い物に対応している店舗は、DMMやひかりTVブックなど数店舗のみです。

メルペイで支払っても後払いにならないんだが、どうすればいい?
後払いにするには、「メルペイスマート払い」を設定しておく必要がある。その際に、後払いに使える金額の範囲(5,000円や10万円など)として利用上限を決められるんだ。まだ使い始めたばかりの人は、上限金額が低いから要注意だ。

WEB上ではメルペイを通した現金化はできない

メルペイを利用する場合、スマホからアプリをダウンロードする必要があります。その際に、メルカリ&メルペイの両方を同時にダウンロードすることになるのです。基本的にフリマの売買はメルカリ、支払いや出金はメルペイで行われるのです。しかし、WEBでのメルカリ利用の場合は、メルカリのサイト内から「振込申請」を行うため、メルペイは基本的に使用しません。したがって、メルペイの現金化はスマホ(アプリ)の使用を原則とした方法です。

WEBサイトでメルカリを利用すると、残高を現金化できないのか?
そうじゃないぞ。メルペイを使わないだけで、出金自体はできるんだ。スマホアプリで利用の場合は、メルペイって名前が自然に目に入るんだ。出金設定が共有されていてるスマホに対して、WEBではメルペイの名称が出てこないだけだな。

メルカリ(フリマ)は金券出品がNG!

メルカリでは支払いに使えるポイントで商品を購入する現金化の方法があります。しかし、メルカリのサイト上では、電子マネーなどを中心とした金券の出品を禁止しているため、ギフト券などを購入することができません。稀に規則を破ってギフト券が出品されていたとしても、それを購入するのはリスクがあります。正しく現金化をしたい場合には、メルカリでギフト券を購入しての現金化は難しいでしょう。

口座に出金する方法

現金化のセオリーとして、メルカリで生じた売上金やメルペイのチャージ残高を現金化する方法が「振込申請」です。ここでは、出金方法や手順、注意点などについて説明します。

メルペイについては分かったけど、銀行口座に出金ができるのか?
その通り。チャージした「メルペイ残高」を指定して口座に引き出すことが可能なんだ。ただ、残高には種類があって、注意点もあるから気をつけないといけない。
どうしてだ?スマホ決済だから自分のアカウント残高にチャージする1種類だけじゃないの?
それが違うんだ。全部で3種類あるぞ。決済に使えるのは、チャージした①「メルカリ残高」以外に、②「ポイント」や③「売上金」がある。売上金はメルカリで商品が売れたときに貯まる残高のことだから、理解していないと、どの残高が現金化できるのか迷ってしまうんだ。人によっては、間違えて残高をポイントに変換してしまって、後になってキャンセルできないことに気づいて、出金に失敗してしまうこともあるんだ。
それは大変だ。まずは出金(「振込申請」)についてさっそく教えてくれ。

「振込申請」とは

振込申請は、指定した銀行口座に現金として出金できるサービスです。いわゆる、アプリ残高を口座に出金する方法と一緒です。すべての「~ペイ」と名の付くサービスで口座出金が可能な訳ではないが、メルペイは可能なマホ決済アプリの1つです。

出金手数料がかかる

出金には手数料が発生するので、全額をそのまま口座に出金できる訳ではありません。金額に関係なく一律で200円の手数料が発生します。

出金スケジュールは翌日から

振込み日程については、「お急ぎ振込」を利用しない通常の方法で、すぐに振り込まれない月曜日締めの4営業日、すなわち水曜日に申請すると翌週の月曜日締めで、その週の金曜日に振り込まれます。

週末まで振込みを待たないといけないのか?すぐに出金したいんだが……
「お急ぎ振込」を選択すれば、最速翌日には振り込まれるぞ。1営業日だが、振り込む時間帯によっては2日かかるので注意が必要だ

メルペイ口座を登録して「お急ぎ振込」を使えば、すぐ現金化できます。具体的には、前日「AM8:59」締めの1営業日で振込み完了します。ただし、ゆうちょ銀行は1営業日から除外されるので注意が必要です。

出金条件

「振込申請」を使った方法には条件があります。売上金あるいはメルペイチャージ残高だけで、ポイントは出金不可です。現金化の方法としては、ポイントを商品の購入に利用して、その売却で現金にするしかありません。加えて、一度売上金をポイントに変換して、それをまた出金できる売上金に戻すことはできません。つまり、一度ポイントに変換した後に、使わない分を現金化する「振込申請」は利用不可です。

確かに、ポイントと残高があって紛らわしいな。初めて利用する人は分からないよ。話を聞いていなかったら俺も間違えて出金せずにポイントに換えてしまうところだった。
メルペイ残高は、一度ポイントに交換すると、元に戻せないんから気をつけような。出金予定の残高をポイントにして、後から出金できると思っていたら、それが間違いでって人は意外に多いんだ。

「振込申請」の手順

振込みまでの手順は以下です。一連の項目を選択する中で、金額や「お急ぎ振込」の有無などを決定できる仕組みになっています。

(1)メルペイの画面から下側にある「振込申請」を選択

(2)出金先となる口座情報や個人情報の入力で次へ

(3)口座情報に間違いないか確認して「はい」を選択

(4)金額をタップして、その後、出金する数字(額)を入れる

(5)「お急ぎ振込」の選択に進み、確認を選択する

(6)実行される振込み情報をしっかり確認して、「振込申請をする」を選択

(7)出金申請の完了画面表示

急いでいる時は、「お急ぎ振込」の設定を忘れないようにしないといけないな。
忘れてしまうと、曜日によっては、来週の金曜日まで振り込まれないという事態になるんだ。確認画面で「お急ぎ振込」を選択したことをしっかりと確認するんだ。

売上金には有効期限がある

残高チャージをせずにメルカリを利用している場合、売上金には有効期限があります。発生した売り上げは180日の約半年で売上金としての効力を失います。そのため、ポイントに変換するのか、あるいは出金して口座に引き出すのかを選ばなくてはなりません。

しかし、1点だけ有効期限を回避する方法があります。それはメルペイにおいて、支払い口座の設定を行うことです。これにより、有効期限が無期限となり、事実上、売上金が失効することはありません。そして、メルペイでは「売上金」と呼称していた項目が、「メルペイ残高」の名称に変更されます。現金化や出金において、「売上金」と「メルペイ残高」の2通りの呼び方があって紛らわしいと感じる人は、支払い口座の情報を登録して、「メルペイ残高」に統一してしまうと良いでしょう。

呼び方がいろいろあるとわかりにくいから、「メルペイ残高」に統一してしまうと良さそうだ。
普段から買い物でメルペイを使ってチャージしている人には関係ない話だけど、メルカリの出品者としてアカウントを保持している人や気になってアプリをダウンロードしたばかりの人は、この方法を知らない。支払い口座を設定した方が面倒が少ないな。

ポイントとメルペイ残高は別物として利用される

メルペイの支払い方法では、まずポイントを優先して使うシステムです。例えば、ポイントとメルペイ残高の両方が存在していて、買い物にメルペイを使用するとポイントから消費して、メルペイ残高を利用する順となります。商品購入などで現金化を行う際に残高ではなく、まずはポイントから利用したいと考えている場合は、通常の方法で支払いに利用すれば、自動的にポイントから使われるのです。ポイントは1pt=1円換算なので、そのまま数字上の金額計算で支払いに使えます。他の決済サービスの中には1ptを1円で換算せず10pt1円などもあるため、一目で分かるでしょう。

これってつまり、ポイント利用を自分で選択できないってことか?
正解だ。通販などの利用選択できるポイントとはまったくの別物。支払いのメインがポイントだ。ポイントは自動的に消費されて優先度の高い決済。まずはポイントが使われて、その次にメルペイ残高。そこから買い物代金が支払われることになるぞ。
現金化するときは気をつけないといけないな。間違って、ポイントが残ってないのに、メルペイ残高で商品を買って消費してしまうと、残高から出金できなくなるな

また、ポイントが購入金額よりも不足していて、1,000円の金額にポイントが900円しかない場合は、支払い用の振込み口座を登録して、100円をチャージしないと、商品を買うことはできません。反対に、決済時に両方を足して、あるいは片方だけでも購入分に達していれば、そのまま決済に問題なく使用することが可能です。

業者を使わない現金化方法

次に、業者を使わずに現金化する方法についてお伝えします。クレジットカードとは違い、メルペイを専門とする現金化業者はありません。また、電子マネーの買取業者はいくつかあるが、メルペイを買取対象の電子マネーに含んでいるところもほとんどないでしょう。そのため、メルペイのチャージ分やメルカリのポイントをそのまま業者に現金化してもらう方法はありません。ここでは、業者を使わなくても現金化する手段や間接的に業者に買取してもらえる手法について説明します。

メルペイを現金化したいんだが、業者を使わずに可能なのか?
いいや、むしろ、メルペイの現金化は業者を頼ることが難しいんだ。後で紹介するギフト券の買取業者の方法もあるけど、基本的には自分でまずはポイントや残高を使って、買い物をする必要がある。
商品を買って、その後に売った代金を財布に戻ってくるまでの手順が、現金化になるのか?
それも一つの方法だ。普通の商品ではなく、ギフト券を買ってオークションで売ったり、モバイルSuicaに残高を移行して、大手通販サイトでギフト券を買い、その後に売ることもできる。ただし、クレジットカードは使えないから、メルペイの残高だけで現金化をすることになるぞ。電子マネーやスマホ決済全体としては、商品購入はすごく大変な方法なんだ。
それって、すごく面倒そうだ。出金だけでもういいんじゃないのか?
そうでもないぞ。実は後払い決済の「メルペイスマート払い」を使えば、元手となる資金やポイント残高がなくても商品を購入して現金化できるというメリットがあるんだ。そもそも残高がなければ、出金はできないから、0から現金化するには使えない。そこで、後払いにして商品を売るという方法が、シチュエーションによっては有効だったりするんだ。
なるほど。先物取引ができる後払いで、何も無いところから現金を生み出すわけか。後で支払いは必要になるだろうが、一時的に現金にしたいときには使えそうだな。

ポイントで商品を購入して現金化

メルペイではチャージ残高とは別にポイントを利用した決済が使えます。ポイントは「振込申請」の対象外なので、まずは商品を購入してポイントを利用します。使われたポイントは、購入金額分が減るので、1万円分のポイントをすでに保有していた場合は、8,000円の商品購入で、1万のポイントが残り2,000ptとなるのです。購入した商品はメルカリやオークション、買取ショップなどで売って現金にします。商品の売却を自分でできないと、商品購入を通じた現金化はできません。

例えば、換金性の低いような(一度購入してしまうと大きく価値の下がる)商品や飲食物などは現金化としてはまず使えません。医薬品なども同様で、オークションや買取などに禁止物に指定されているので、ポイントを使って購入しても現金に換えるための売却が難しいでしょう。ギフト券やゲーム類、ブランド品など換金率が大きく加工しない商品を選んで中古の買取を実施しているような商品やオークションサイトで高値のつきやすいものを選ぶのです。

また、もう一つの注意点として、即日の現金化やできるだけ早い換金をしたい場合は、フリマやオークションの売却はつかえません。なぜならば、商品の購入の段階で当日から数日、そこから出品するまで最低でも数日がかかります。当日配達などの通販で購入すれば別ですが、アイテムを入手するのに日数がかかり、そこからオークションで売却するので、必ずその日に売れるとは限りません。1日の設定にしてヤフオクなどで売ったとしても現金で振り込まれるのは、当日中は厳しいでしょう。

そのため、即日現金化には買取ショップが使われます。オークションとは違い買取ショップは換金率が落ちるので、最大効率で現金化したいときには避けたい方法です。そのため、オークションで換金率を重視したい際は、即時売れやすい商品を選ぶことも大切です。通販で売り切れとなるような流行のゲームソフトや本体、品薄のその他商品などを選択しましょう。

ただし、あまりにも小額のポイントを使う場合は、購入代金の足しとして使っても良いが、コンビニなどで商品購入に使った方が現金化するよりも損が少ないでしょう。メルカリで商品購入するなら、クーポンなども使えるのでそれらを有効に活用して、商品購入代金の負担を減らすことも有効です。

メルペイスマート払いの現金化

メルペイには、通常の支払い方法であるポイントやメルカリ残高を使用する決済とは別に、「メルペイスマート払い」が存在します。要するに後払いサービスのことで、メルペイスマート払いを使って先物で商品を購入できるのが特徴です。後払いで買った商品を売却し、現金化する方法です。2019年11月に「メルペイ後払い」からメルペイスマート払いに変更されているので、以前利用していた後払いと同じサービスとして認識しましょう。

購入代金は、翌月の支払いにできるので、手元に現金は無いが商品を購入したいとき、今回のテーマでいえば元手なしで商品を購入・売却で現金化したいときに使えます。

気をつけるべき点として、後払いのリスクやデメリットが存在することです。まず、メルペイスマート払いには利用者に合わせたの上限が設定されています。審査結果で上限が異なるので、上限金額としてどれを選択できるかは人によりまちまちです。10万円や20万円を選t泣くできる場合もあれば1万円などに限られるなどする人もいます。

直近では、還元率アップのキャンペーンなどメルペイスマート払いを利用するメリットがあります。キャンペーン期間などに購入・売却方法を使った現金化を行うことで、商品の売却額による現金化だけでなく、ポイントとして再び購入代金に使える分を得られます。
以上、メルペイスマート払いを使用するにはいくつか条件があり、まず18歳未満は使うことができません。さらにコンビニなどの実店舗で利用するには、18歳以上であり、なおかつ、本人確認後にメルペイスマート払い支払いの設定をしていることが必要です。

メルペイはクレジットカード非対応

電子マネーの中には、一度クレジットカードのショッピング枠を使ってポイントを購入し、それを商品購入や出金に使う方法があります。しかし、メルペイの場合はシステム上、それができません。主な原因としては、クレジットカードのチャージに非対応なことです。直接、クレジットカードでメルカリの商品を購入して、それを売る場合は可能だが、その方法でメルペイを使っている訳ではないのです。メルペイでは、クレジットカードは支払い応報としてまた別の手段として使うだけであって、チャージや残高にクレジットカードを使用することはできないことに気をつけましょう。あくまでもポイントなら商品購入して売却、メルペイ残高の出金ならそのまま「振込申請」での現金化がスタンダードな方法です。

メルペイの現金化に返品は使えない!

現金化の手段の一つによく挙げられるのが返品による電子マネーの換金です。コンビニなどで商品を買い、それをレジで返品を申し出る。その際に、残高にチャージ分が戻るのではなく、現金で返品代金が支払われるという手法です。

ところが、メルペイは、返品による現金化が一切できません。理由は、利用分を残高やポイントから消費するシステムで運用されていて、返金処理が現金では行われないことです。具体的には、100pt使えば、ポイントとして100ptがそのままバックされます。1,000円なら1,000円がアカウント残高に戻ります。このように、返品するとメルペイ残高やポイントがそのままアカウントに返還される仕組みです。そのため、利用がキャンセルされるだけで現金にはならないので、返品してもポイントに戻るだけです。

返品しても現金にはならないんだな。返品の手段を使おうと思っていたが、どうしても無理なのか?
システム的に、ポイントや残高に戻る仕組みだから不可能だ。例えば、ポイントの買い物が残高に戻ってしまうと出金ができてしまい運営側は困るから、ポイント分はポイントに、残高は残高分に戻る仕組みなんだ。
なるほど。曖昧な部分を減らして、ストイックにアカウントに返金される仕組みにしているのか。これだと確かに、残高に戻してもらって出金するという現金化のまぎれを起こす可能性もないな。

ポイントではなく、メルペイ残高で現金化をしたいときは、返品より出金による「振込申請」が手数料はかかるが安全確実です。ポイントに関しては、どうやっても返品による現金化は不可能です。

Suica(モバイルSuica)にチャージして現金化

メルペイは確かに実店舗での購入や通販店舗での利用、メルペイスマート払いによる後払いが可能です。しかし、利用できる店舗の中で換金には不向きなお店も多くあり、アマゾンなどの大手通販で買い物をして、それを売却したり、ギフト券を購入する手段には使えません。そこで、Suica(モバイルSuica)にチャージをすることで、利用できる店舗の幅を増やして現金化する方法があります。

チャージするには、スマホはiPhoneで利用する必要があります。残高移動できる方は限られるが、メルペイをApplePayでモバイルSuicaに移すことが可能です。モバイルSuicaは、アマゾンでギフト券としてチャージタイプのみ購入することが可能です。チャージタイプにしてギフト券残高を増やして商品を購入したり、ギフト券残高で買える買取業者対応の有名な電子マネーを新たに購入して換金するなど、現金化の選択肢が増えます。

ただし、チャージタイプは購入できるが、電子マネーで一切購入が許されていないメールタイプは購入できません。つまり、チャージでアカウントに登録後、「換金率の高い商品や電子マネーを購入し現金化買取」するか、そのまま「モバイルSuicaによる電子マネー決済の可能な商品を購入して、売却する」かのいずれかの方法で現金化します。

困ったな。モバイルSuicaに移動しても買取業者の対象となるAmazonギフト券のメールタイプは手に入らないのか。
その代わりに、チャージタイプを自分のアカウントに購入したり、モバイルSuicaの残高で電子マネー支払いの買い物が可能なんだ。

電子マネーの購入による換金を使う際は、電子マネーで購入できない(支払い方法の選択で電子マネーが選べない設定の)ケースも多いので、アマゾンギフト券の残高にチャージする方法が現金化には使いやすいでしょう。カードタイプであれば、個人出品で電子マネーを利用して購入できることもあるので、メルペイで難しかった電子マネーの購入をモバイルSuicaではメルペイを通じてできるのです。

メルペイの現金化で利用できる現金化業者

現金化業者でメルペイ残高やポイントを直接買取しているところはありません。しかし、電子マネーやギフト券購入などで入手した金券を現金化業者に持ち込んで換金することは可能です。そこで、メルペイで購入して換金する時に使いやすい現金化業者の特徴について紹介します。

業者を使わない現金化方法は理解した。じゃあ、手っ取り早く業者にメルペイの残高を現金化してもらうのはあるのか?
それは難しいな。業者を使う場合でも、必ず、自分で残高やポイントを利用して、一度ギフト券などに換えないと、現金化は始まらない。クレジットカードなら直接枠を買取る業者もいるが、メルペイ残高を対象にしている業者はない。だから、現金化できるところまで自分で進めないといけないんだ。
どこまで進めれば現金化できるんだ?商品は買わないといけないのか?
それは、どの業者を使うのか場合による。ギフト券の買取業者なら、ギフト券の購入まで。買い取りショップに商品を持ち込むなら、商品購入までまずは自分で進めないといけない。さすがに、すべて業者に任せる方法は存在しないな。

ギフト券・金券を換金する業者

メルペイでは直接ギフト券などを購入できないが、間接的にギフト券を購入する手段はすでに述べた通り可能です。ギフト券を入手したら、オークションなどで売却する方法もあるが、時間と手間がかかるため、買取業者に依頼して、銀行口座に振り込んでもらうのが手っ取り早いでしょう。換金率は80~90%とそれほど高くはないが、確実に即日や翌日の振込みに対応している業者もいくつか存在するため、安心して買取できます。

ギフト券買取なら利用したことがあるから、ギフト購入で現金化してみるか考えてみる。このくらいならすぐにできそうだ。
注意するポイントとして、業者利用では売却する手間を省く代わりに換金率があって、手数料が取られてしまうことだ。その分、時間も労力もかからないから、多少の負担は覚悟で、すぐにでも現金化したいというときに現金化業者はとても便利なんだ。

買取ショップの業者を利用する

現金化業者とは少し違うが、買取ショップを利用すれば、購入した商品を現金化することができます。ただし、換金率はギフト券などと比べてさらに低い50~70%で、高くても75%程度であるため、換金効率は低いでしょう。ただし、ギフト券や電子マネーはメルペイで直接購入できない商品なので、出金できないポイントで商品を買ってその日に現金化したいときには、実店舗で商品を決済し、買取ショップに持っていくのがベストでしょう。

メルペイの現金化は手間がかかるから出金やギフト券買取で現金化する

メルペイでは、ポイントや残高、売上金などアカウントの中身が複雑で初めて利用する方には、どれが何の項目か分からないでしょう。売上金や残高は出金できるが、ポイントに一度してしまうとメルペイの正式な出金サービスが利用できない落とし穴もあります。

特に現金化をしたいときは、メルペイのポイントとメルペイ残高あるいは売上金を別のものと考えて、決済に使いましょう。現金化で商品を購入する際には、ポイントを利用し、メルペイ残高を効率的に現金にしたいときは出金のできる「振込申請」を実行します。ポイントなどで購入した商品の現金化には買取ショップ、その商品がギフト券や金券ならばギフト券の買い取り専門業者に依頼しましょう。