給料ファクタリングの現金化のすべてを教えます。支払えなくなった時の対処法も解説

給料ファクタリング

参ったぜ。今月の支払いがピンチだ…
どうしたんだ?
今月の支払いが間に合いそうにないんだ。
それなら給料ファクタリングで現金を調達すればいいさ。
給料ファクタリング?なんだそれ?
お、なんだ知らねえのか。

「給料ファクタリングって何かを知りたい」
「カードローンや消費者金融と同じなの?」
「給料ファクタリングって詐欺なの?」
「返せない場合はどうなるの?」

こんな疑問を持つ方に今回は「給料ファクタリング」についてこの記事を読めばしっかりと理解できるように解説していきます。

この記事では主に
・給料ファクタリングの仕組み
・給料ファクタリングのデメリット・メリット
・利用する際の注意点
・悪徳業者の見極め方
・返せなかった場合の方法

などを解説しています。

給料ファクタリングは便利なサービスですがきちんと内容を理解していないと悪徳業者に騙される危険性もあります。

この記事を読むあなたにはそんな思いはしてほしくないのでこの記事で給料ファクタリングの内容をしっかりと理解してほしいと思います。

そうすることで給料ファクタリングはあなたのピンチをきっと救ってくれるサービスになります。
それでは給料ファクタリングの解説を始めていきます。

給料ファクタリングの現金化はこういう仕組み

給料ファクタリングとは
給料ファクタリングとは個人向けに行っている現金の資金調達方法です。
あなたは会社から給料をもらっていますよね?

それはあなたが会社から給料をもらえる権利を持っているからなんです。

このことを給料債権と言いますがこの給料債権を給料ファクタリング会社に譲渡することであなたは給料ファクタリング会社から現金で支払いを受けることが可能になります。

カードローンや消費者金融との違いは?

カードローンや消費者金融と給料ファクタリングの違いは
・借り入れと売買
・金利と手数料
この違いがあります。

借り入れと売買

カードローンや消費者金融の場合は「お金を借り入れる」形で資金を調達する方法になります。なので最終的にはその借り入れた金額は返さなければなりません。

その一方で給料ファクタリングは利用者が給料債権をファクタリング会社に譲渡する形になるので債権の売買による資金の調達をする方法になります。

なので借り入れとは違って支払われたお金を返す必要はありません。

金利と手数料

カードローンや消費者金融の場合だと、お金の借り入れになるのでそこには当然金利が発生します。利用した人は自分の借り入れた金額に金利を上乗せしてカードローンや消費者金融に返す必要があります。

その一方で、給料ファクタリングの場合だと借り入れではないので金利ではなく手数料として利用者の給料から差し引かれた額が利用者に支払われることになります。

支払われるのは基本給から!

給料ファクタリングから支払われる金額は基本給からの計算になります。

ですのでボーナスの支払いなどでは給料ファクタリングは利用できません。
基本給-手数料=支払われる金額
一般的に給料ファクタリングではこのような仕組みになっていることを理解しておいてください。

給料ファクタリングの現金化によるデメリット

給料ファクタリングの現金化に関しては以下の3つのデメリットがあります。
3つのデメリット
・手数料が高い
・3者間取引の場合は会社にバレるリスクあり
・利用できるファクタリング会社が少ない

それぞれ各デメリットについて解説していきます。

手数料が高額

結論から言うと、給料ファクタリングの現金化を利用する際に発生する手数料は10%~40%取られます。

このような幅のある手数料の理由は給料ファクタリング会社が法律上ではグレーな会社であり闇金業者に近い特徴があるからです。

みなさんが思い浮かべる闇金はこのくらいの手数料を取ったりあるいはそれ以上の手数料を求められることだってあります。

そしてこの手数料で注意したいのが、最低10%~である点です。
自分の利用するファクタリング会社がこの手数料で貸してくれる可能性はきわめて低いことを覚悟しておいてください。
このような給料ファクタリング会社の幅広い手数料の割合がグレーな特徴である点です。

手数料には注意しねーとな。
くれぐれも利用する給料ファクタリング会社の手数料は要チェックだ。

3者間取引の場合は会社にバレるリスクあり

3者間取引を利用した場合は自分の勤務先の企業にバレてしまう可能性があります。

給料ファクタリングの取引方法は基本的には2種類に分けることができます。
1つ目が2者間取引です。

2者間取引とは、「利用者」と「ファクタリング会社」の間で行う取引のことをいいます。
基本的には給料ファクタリング会社はこの形態が多いです。

2者間取引の流れ
利用者がファクタリング会社と契約を結ぶ

ファクタリング会社が手数料を差し引いて利用者に入金

その月に得た給料をファクタリング会社に渡す

この取引間では利用者は直接ファクタリング会社と取引を行うため、自分の勤務先に利用していることがバレてしまう可能性は低いです。

2つ目は3者間取引です。
この3者間取引が2者間取引と大きく異なる点は「勤務先の会社」が加わる点です。

3者間取引の流れ
利用者が勤務先の会社からファクタリング契約の同意を得る

勤務先の会社がファクタリング会社に給料債権(給料を渡す権利)を譲渡する

債権を受け取ったファクタリング会社が手数料を差し引いて利用者に入金

勤務先の会社がファクタリング会社に給料を支払う

この場合には「勤務先の会社」が取引に参加するため自分が給料ファクタリングを利用していることがバレる可能性が大きくなります。

自分の勤務先での人との関係性や信頼にも影響を及ぼす可能性があるので利用する際には3者間取引はオススメできません。

 自分の会社にバレるのはマズイぜ…
そういう場合は2者間取引がおススメだな。

利用できるファクタリング会社が少ない

個人向けの給料ファクタリング会社は少ないです。

ファクタリング会社には法人向けと個人向けが存在するのですが、個人に給料をファクタリングする会社は非常に限られています。

通常の法人向けの企業は100社以上存在するのですが、個人向けにファクタリングを行っているのは数える程度しかありません。

最近は個人向けにファクタリングを始めている会社は存在はしていますが、悪徳業者の可能性もあるので全てがクリーンな個人向けファクタリング会社とは言い切れません。

利用する際はなるべく評価の高いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

悪徳業者に引っかかったら面倒なことになるな…
ああ、高額な手数料を請求される可能性があるから要注意だ。

給料ファクタリングの現金化によるメリット

給料ファクタリングの現金化によるメリットは以下の4点です。

4つのメリット
・審査が通りやすい
・契約が成立すれば即日の受け取りが可能
・信用がブラックの人でも利用できる
・勤務先の会社の給料未払いを防ぐことができる

それぞれ各メリットについて解説していきます。

審査が通りやすい

給料ファクタリング会社は非常に審査が通りやすいです。

その理由はファクタリング会社は「会社の信用情報」と「他の会社の利用歴」は審査対象になるためです。

たとえば、カードローンや消費者金融の場合では金銭の借り入れという形になるのでその利用者本人の信用情報(クレジットカードの返済や滞納がないか)が審査対象になります。
ですので利用者次第では審査が通らない可能性があります。

それに対して、給料ファクタリングの場合は給料債権(給料をもらう権利)の売買になります。つまり個人の信用情報は審査とは関係ありません。

このことから給料ファクタリングを利用する際には審査が非常に通りやすいのです。

 個人の信用情報が関係ないなら利用しやすいな。
ここがカードローンや消費者金融との大きな違いだな。

契約が成立すれば即日の受け取りが可能

給料ファクタリング会社と契約が成立すれば即日で現金の受け取りが可能です。

なぜなら、給料ファクタリング会社が重視するのは「勤務先の会社がしっかりと給料を支払っているか」「勤め先の会社の信用情報」の2つだからです。

最短で30分で審査が完了し、現金を入金してくれる給料ファクタリングもあります。
ですので個人の情報は関係なく、即日で現金を受け取ることができます。

どうしても支払いやその他の事情で現金が必要になった際はカードローンや消費者金融も即日対応な店舗はありますが、給料ファクタリング会社を利用することも選択肢の1つとして考えておくのもいいでしょう。

もしもの選択肢は多い方がいいよな
もちろんだ。

信用がブラックの人でも利用ができる

信用がブラックの人でも関係なく利用ができます。

2者間取引の場合は、利用者と給料ファクタリング会社との給料債権の売買であるためです。
たとえば、カードローンで融資などを受ける場合は個人の信用情報が重要視されるため信用ブラックの人が融資を受けることができるかというと、正直厳しいです。

それに対して給料ファクタリングでは借り入れとは異なるため信用ブラックの人でも利用することができます。

信用ブラックのやつには朗報だな…!
信用ブラックの奴は考えてみてもいいかもな。

勤務先の会社の給料未払いを防ぐことができる

給料ファクタリング会社を利用して給料未払いを防ぐことができます。

なぜなら、利用者は給料ファクタリング会社に給料債権を譲渡しているため自分の給料は守られるからです。

例えば、勤務先の会社が非常にブラックの場合または業績が非常に危うい場合に自分の会社の従業員に給料を払わないもしくは払えなくなる場合があります。
その時に給料ファクタリング会社を利用しておくと、仮に給料が自分のもとに支払われないことになっても確実に給料を受け取ることができます。

このようにして勤務先の会社の給料未払いを防ぐことができるのです。
もし、あなたがそのような状況になった時はこのような手段もあることを覚えておいてください。

給料ファクタリング会社はこういう使い方もできるんだな…!
これはぜひ覚えておいてほしいな。

給料ファクタリングの注意点

給料ファクタリングを利用する上で注意すべきポイントは以下の3点です。

注意すべきポイント
・会社選びは慎重に行う
・月に申し込めるのは1社のみ
・24時間いつでも審査してくれるわけではない

それぞれの注意点を解説していきます。

会社選びは慎重に行う

くれぐれもファクタリング会社選びは慎重に行ってください。

なぜなら、給料ファクタリング会社には悪徳業者が多く存在するからです。
事実として給料ファクタリング会社というのは法的にはグレーな立ち位置になります。

法できちんと定められていないと悪徳業者が参入をしやすい環境になってしまします。
もし、自分の利用する給料ファクタリング会社が悪徳業者の場合には法外な手数料を求められることがあります。

実際に悪徳業者を利用してしまった利用者が50~60%の手数料を取られた報告もあります。関わってしまうと非常に厄介なことになります。

なので、もし利用する際にはそのファクタリング会社の企業情報や評判はしっかりと確認しておくことを強く推奨します。

月に申し込めるのは1社のみ

月にあなたが利用できる給料ファクタリング会社は1社のみです。

この理由はあなたがファクタリング会社と給料債権を売買するからです。
あなたが持っている給料債権は当然1つしかしかありません。

その債権をファクタリング会社に譲渡する形になることで初めて売買が成立するのです。
もし、あなたが複数の給料ファクタリング会社と契約をした場合は債権の2重譲渡という形になり先に債権を譲渡したほうが法的な効力を持つことになります。

そして、譲渡されなかったファクタリング会社はあなたに対して何らかの法的措置を取る可能性が高いです。そうなってしまうと非常に面倒なことになってしまいます。

ですので、月に申し込む会社は1社のみにしましょう。

24時間いつでも審査してくれるわけではない

給料ファクタリング会社は24時間いつでも審査するわけではありません。

たとえば、「24時間対応」と書いている給料ファクタリング会社が24時間いつでも審査をしてくれるわけではないのです。

24時間対応は言ってしまえばメールなどのやりとりができれば対応は可能です。
しかし、審査となると話は別です。

審査をするには審査対象がありますし、自分の勤め先の会社の情報だって調べる必要があります。実際にこのような対応をしてくれるのは給料ファクタリング会社の「営業時間」になります。

ですので、給料ファクタリング会社を利用する際には「営業時間」を確認するようにしましょう。

給料ファクタリングの現金化の手順を解説

それでは給料ファクタリングの現金化の手順を説明していきます。

給料ファクタリングの現金化の手順

給料ファクタリングを現金化する手順は簡単にまとめると以下の通りです。

給料ファクタリングの現金化の手順
①給料ファクタリング会社の申し込みフォームから申し込み
②電話にて10分程度の受付
③簡単な必要書類と本人確認をFAXまたはメールで送信
④審査結果を報告
⑤ご契約
⑥後日、入金

(七福神の場合)
簡単にこのような手順に分けることができます。

他の給料ファクタリング会社でもこのような手順で利用することができます。
とても簡単ですよね。
このように手軽に現金化できる点が給料ファクタリングの魅力です。

申し込み時に必要なもの一覧

給料ファクタリング会社を利用する際の審査に必要となる必要書類は以下の通りです。

必要なもの
・顔写真付きの身分証明書等(免許証、パスポートなど)
・保険証
・直近2~3か月分の給与明細

主にこのようなものが必要になります。
ネットバンキング(楽天銀行や住信SBIネット銀行)を利用している方は入金が分かるような画面をスクリーンショットすることで証明が可能になります。

また、自宅に届く公共料金の請求書(名前と住所が確認できるもの)などがあれば審査の際に有利です。

悪徳業者の見極め方

給料ファクタリングを利用する際に気を付けたいのが悪徳業者の存在です。

給料ファクタリングというサービス自体が法的にグレーなため悪徳業者は必ず存在しています。悪徳業者はあなたを言葉巧みに騙すことで法外な料金を請求する場合があるので十分に注意が必要です。

ここではそんな悪徳業者からあなたを守るために悪徳業者の見極め方を紹介します。

悪徳業者の特徴
・融資の誘いを提案してくる
・手数料が異常に安い
・説明が不透明ではっきりしない

まず悪徳業者にはこのような特徴があります。
それぞれ解説していきます。

融資の誘いを提案してくる

給料ファクタリング会社はそもそも給料債権の売買を行うサービスです。
あなたに悪徳業者から融資の提案を受けた場合は注意が必要です。
なぜなら、悪徳業者はあなたに融資を受けさせることでより法外な手数料を受け取ることができるからです。

たとえ、融資の提案をされたとしても安易に承諾するのはいけません。
悪徳業者は可能な限り、あなたからお金を搾取する方法を考えています。

手数料が異常に安い

悪徳業者の場合、非常に安く手数料を設定していることがあります。
「手数料が安いならいいじゃないか。」
そう思ったあなた。要注意です

なぜ手数料を安く設定するのかというと、それはあなたがその悪徳業者を利用する敷居を下げるためだからです。

あなたにまず異常な安さの手数料でサービスを利用をしてもらいその次に一気に法外な手数料に引き上げます。

もちろん事前にそんな法外な手数料であることは教えてもらえません。このように悪徳業者は初めて利用する人の敷居を下げてその後に手数料を引き上げるような卑劣な手法を使います。

具体的には手数料が1~5%台の場合は疑ってみることをオススメします。

説明が不透明ではっきりしない

悪徳業者は説明が不透明ではっきりしない点があります。

あなたが利用する上で気になる点は話を曖昧にごまかされます。
また、きちんと契約書を交わしてくれない場合もあります。

給料ファクタリングで契約書を交わさないのはありえません。
直接の書類では無いにせよ、PDFなどの形で電子書類を利用して必ず契約は交わさなければならないルールになっています。

もし、あなたが緊急で現金が必要になる場合に
「契約書は必要なしでお申込みいただけます」
などと言うような会社があるのならその会社は悪徳業者です。

このような悪徳業者の特徴を踏まえた上での見極め方をご紹介していきます。

悪徳業者の見極め方

・手数料は相場通りか
・電話対応はきちんとしているか
・運営会社の情報はハッキリしているか
・口コミはどうか
・給料債権の買い取り実績はどうか

それぞれ解説していきます。

手数料は相場通りか

まず利用する給料ファクタリング会社の手数料が相場通りであるかを確認してください。
給料ファクタリング会社の手数料の相場は10~40%です。

手数料が5%や40%を超えている場合はそのファクタリング会社を利用するのは控えましょう。
たとえ、手数料が5%でもその後の取引で引き上げられる可能性があるので注意してください。

電話対応はきちんとしているか

悪徳業者の場合だと、電話対応が粗末な場合が多いです。

たとえば、口調が高圧的だったり言葉遣いがなっていなかったりした場合は悪徳業者の可能性が高いです。

そんな電話対応の仕方だと利用するこちら側も怪しい雰囲気を感じてしまいますよね。
給料ファクタリング会社を利用する際は電話対応が丁寧な会社を選びましょう。

運営会社の情報はハッキリとしているか

悪徳業者の信用情報を確認する方法は
「代表者名」
「会社住所」
「電話番号」

これらをきちんと確認しましょう。

代表者名が掲載されていない場合はしっかりと会社として給料ファクタリングサービスを行っている可能性が低いです。

会社住所などもきちんと存在しているかを確認するようにしてください。
特に貸会議室やweb上のオフィスが現在地になっている場合は現在には存在していない会社である可能性が高いです。

また、電話番号の確認も必要です。
過去に闇金業者として取引をした経歴がないかを調べておくといいでしょう。

口コミはどうか

給料ファクタリング会社の口コミは確認するようにしましょう。

口コミはその会社で実際に取引をした人たちの体験談や感想が掲載されているので自分が利用する際には参考になります。

口コミの評判で悪い評判が具体的に書かれていた場合にはそのファクタリング会社の利用は控えましょう。

良い評判はその業者自身で書き込まれている可能性もあるのでその口コミ内で良い評判しか書き込みされていない場合は注意が必要です。

給料債権の買い取り実績はどうか

当然ながら給料ファクタリング会社は給料債権を売買しているのでその売買実績があるはずです。優良なファクタリング会社の場合は信頼性の担保のため給料債権の買い取り実績を公開しています。

悪徳業者の場合は利用者が多くないので給料債権の買い取り実績は少ないため公開していることは少ないです。

新規の給料ファクタリング会社もまだ利用者が少ないので実績が少ないことはありますが、どちらにせよ利用するのなら多くの人に利用されているファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

最悪、返せない場合どうなるの?

もし、あなたに何らかの事情があって給料をファクタリング会社に返せない場合はどうなるのでしょうか?

支払いができない場合は以下のような対応をとられる可能性があります。
・自宅への取り立て
・会社や個人に支払いの催促
・弁護士からの支払いの請求

さらに悪徳業者への支払いを怠った場合は
・一日のうちに何十回と催促の電話
・自分の家族や知人への嫌がらせ
・他の債務者を使っての嫌がらせ

など非常に悪質なものが多いです。

そもそも給料ファクタリング会社はあなたと給料債権の売買契約を行います。
あなたがもし給料をファクタリング会社に支払うことができないとなるとそれは契約違反になります。

解決方法はないの?

一番手っ取り早く終わらせる方法は弁護士に相談することです。

なぜなら、あなたよりも専門的な知識を持っており今の状況を切り抜ける手段を多く持っているからです。弁護士に相談した場合、これからどう動くのが一番正しいのかを教えてくれます。
債務整理や破産をするのか?
資金繰りをしてなんとか返済をするのか?

などのように自分で考えるよりも多くの解決策を提示してくれます。
また、このことが家族や会社にバレたくない時は匿名で弁護士に相談することも可能です。
くれぐれも1人で抱え込まずに弁護士もしくは頼りになる人に助けを求めましょう。

まとめ

給料ファクタリングの内容が理解できたでしょうか?

この記事では給料ファクタリングの仕組みから払えなくなった場合の対処法まで幅広くお伝えしてきました。

給料ファクタリングはきちんと優良な企業を利用すればあなたのピンチを救ってくれます。
優良な企業の選び方は「悪徳業者の見極め方」を参照いただけると理解できると思います。
くれぐれも悪徳業者には気をつけてください。

この記事が給料ファクタリングを利用する方のお役に立てれば幸いです。