金券ショップで現金化は儲かる?現金化業者との比較

Pocket

現金化として手っ取り早い方法には金券ショップがあります。いわば、一番身近で、フェアな方法と考えているのではないでしょうか。

金券ショップでクレジットカード現金化という人たちもいるようですが、そこにはフェアでない部分もあります。金券ショップ現金化で注意をしなければならないことはあります。油断は禁物ですね。

金券ショップ現金化

金券ショップでは、いろいろ金券を買取してもらうことができます。ギフトカード、商品券、旅行券、切手、プリペイドカード……、その中でも、新幹線の回数券や百貨店の商品券は還元率が高いので、多くの人たちが注目しています。

ただし、百貨店の商品券をクレジットカードで購入して現金化しようと思うものの、購入できなかったというケースも最近では増えているようですね。

ですから、最近では注目のポイントが新幹線の回数券に集中してしまっていたりします。今後、どのような現状になって行くのかわからない不透明部分も抱えていることでしょう。

新幹線の回数券は、クレジットカードで購入して、金券ショップ現金化すれば、換金率は、95~98%でかなり期待値は大きいです。

なんで、このようなクレジットカード現金化が流行っているのかといえば、やっぱり最近では、簡単に消費者金融で借り入れできなくなってしまった厳しい現状があるようです。

クレジットカード現金化はちょっと小遣い稼ぎという意味合いではなく、生活のためしなければならないという人たちが多いようです。クレジットカード現金化は、信用情報機関に記録が残ることがないから、総量規制の問題も関係なく利用することができ、ハードルがかなり低いと思っている人たちが多いことでしょう。

ただし、自由にクレジットカード現金化が可能ということではなく、自分名義のショッピング枠に余裕があるクレジットカードが必要なので、限界はここにもあります。

クレジットカード現金化ができなくなってしまったら、もうあとは闇金業者を利用するしか方法がなくなってしまう可能性も充分あるので、クレジットカード現金化も計画性をもって行う必要があります。

自由にクレジットカード現金化できるからこそ、調子にのって何度も繰り返してしまわないように呉々も注意しましょう。

クレジットカード現金化の注意

金券ショップ現金化は気軽にできる方法です。しかし、金券ショップ現金化に注意しなければならないこともあります。金券ショップの中にも悪徳業者のような存在はあり、高い還元率が当たり前に期待できると思っているものの、還元率をごまかそうとする業者もあると言います。

業者は、あなたに余裕がなさそうだと思えば、低い還元率を設定して足下を見て来ます。あなたも余裕がないからその還元率で受けてしまうことになるでしょう。

でもやっぱりそのような業者は、悪徳です。そのような業者とめぐり合わないようにしっかりリサーチするモチベーションも必要です。

とにすくクレジットカード現金化で得するためには、情報収集が大事なポイントです。

クレジットカード会社で禁止している行為

そして、もっと大きな注意ポイントは、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社で禁止している行為だということです。

あなたが還元率の高い商品ばかり目をつけて金券ショップ現金化をしてしまえば、今度は、
クレジットカード会社にその行為がチェックされてバレてしまうことになります。

あなたが換金目的でクレジットカードを利用していると疑われれば、利用停止になってしまう可能性も充分あります。

実際に、クレジットカードで支払いが完了しているものに対して、あなたが金券ショップ現金化しようが自由です。それをクレジットカード会社がとやかくいうことができませんが、ポイントはまだ支払いが完了していない商品に対して、金券ショップ現金化してしまうことです。

それをなんでしてはいけないのかといえば、まだクレジットカード会社のモノだということができるからです。その商品の所有権はカード会社に留保されているままなので、それを自由に手放すことはできないのです。

しかし、お金のない人たちは、しなければならない事情があります。そして、クレジットカード会社にバレるはずないと思うでしょう。

実際に、バレないことの方が多いですが、繰り返すことによってリスクは相当高くなり、利用停止になる事実は間違いなくあると考えてください。

なんで、それをクレジットカード会社がしなければならないかと言えば、何かしら対応をしなければそれをしてしまう人たちが急増してしまうからです。そのような行為をする人たちの急増によって、クレジットカード会社のイメージも失墜してしまうでしょう。クレジットカード会社には信頼できるイメージは非常に大事です。そのようなものが担保で商売が成立しているようなものです。

新幹線の回数券は換金性が高いから、最近クレジットカード会社の警戒ポイントと言います。そのような意味では、ブランド商品などクレジットカードで購入して、買取ショップへ持っていく方が安全圏ということができます。

自分の居住地区と縁のない区間の新幹線回数券を購入する行為は、すぐにクレジットカード会社がチェックすることができるポイントです。そのとき、クレジットカード会社から、「なんでそのようなものを購入しなければならないのでしょうか」という電話がかかってくるかもしれません。そのとき、あなたがき然とした態度で明確に理由をいうことができればいいのです。

そのような事態は、あなたの身にもふりかかる可能性は充分あるので、いい訳についても考えておくといいでしょう。実際に疑われても、疑いが晴れて解消されればいいのです。

今後、クレジットカード利用停止になってしまうといろいろ不便してしまうかもしれないですよね。そして、なかなか新しいクレジットカードも作ることができなくなってしまう可能性も充分あります。

金券ショップを使用しない現金化

ちょっと金券ショップ現金化って、古びてしまったキーワードかもしれません。そのような手口をのんきに使用しているモチベーションを持っているから安易にクレジットカード会社にもバレてしまうのです。

金券ショップ現金化はちょっと古い……?

では新しい現金化の方法とはなんなのでしょうか。それはインターネットを介して、優良業者を利用することです。なんで今更、業者を利用しなければならないかといえば、業者は一番新しい情報を抱えているプロフェッショナルだからです。

一方であなたは、ズブの素人ともいうことができ、素人がクレジットカード現金化に手を出すから失敗リスクを抱えてしまうのです。

優良業者はまさにあなたが安全にクレジットカード現金化することができるための良きアドバイザーと言っていいでしょう。

しかし、注意しなければならないのは、逆のパターンの悪徳業者も存在していることです。

トレンドクレカとか、ジョイフルなどと言ったショップは結構信頼していい優良業者です。

金券ショップ現金化 amazonギフト券

金券ショップで、amazonギフト券を買取しようとしている人たちもいるでしょう。新幹線のチケットを買取してもらうという流れから、amazonに移行したとも言われています。

いま一番注目度が高いのが、amazonです。でもamazonギフト券に対しても、現金化を気安くしてしまって大丈夫かという気持ちを持っている人たちもいるでしょう。本当に安全圏で誰もが現金化したいという気持ちには変わりはありません。

最近の傾向は、実際に一番amazonギフト券が注目されているようです。それは現金化に対して取り締まりも厳しくなった結果ともいうことができます。

それでも現金化したいと人たちは多くいます。だからむ、このような感じで現金化される商品も変移することになります。amazonギフト券なら、24時間365日いつでも購入することができてとても便利ですよね。ギフト券の裏に書いてある番号を打つだけで電子マネーに変換出来る手軽さも受けている理由のひとつです。

スマートファンがあれば、バスの中でも現金化が完了させることができます。金券ショップにいちいち出向き現金化というのではちょっと面倒くさいですし。

インターネット完結、というのが一番いいのではないでしょうか。

amazonギフト券現金化の違法性

ただしインターネットでリサーチすれば、最近ではamazonギフト券に対してもいろいろリスクについて囁かれていたりし、ちょっと危険……思っている人たちもいるかもしれません。

しかし、amazonギフト券現金化は違法ではありませんので、逮捕される心配なんて全く考えないでいいでしょう。

でも、古物営業法という法律にひっかかる可能性があると言います。どういうことなのでしょうか。クレジットカード現金化では、チケットや商品券、切手と言ったものを購入するでしょう。そのようなとき私達が注意しなければならない問題は、買取をしてくれる業者が古物商許可証を所持しているかです。金券類のほとんど全てが古物商に含まれ、許可証を所持しないで営業という場合は、法律違反で摘発されてしまう可能性があります。

しかしamazonギフト券ですが、amazonギフト券の場合、古物商というカテゴリーに当てはめることができません。amazonギフト券は、古物商というくくりではなく、電子マネーのくくりです。

現在の法律では、電子マネーというものに対して、古物商のくくりは該当しません。ですからクレジットカード現金化しても何も問題なしということになります。

amazonギフト券のクレジットカード現金化は別に何もリスクはありません。とはいうものの、クレジットカード会社のルールもあり、amazonのルールもあります。やっぱり、全くのフェアな方法とはいうことができないようですね。

そもそも何度も聞く台詞でしょうけど、クレジットカードのショッピング枠の現金化がチェックされれば、利用停止の措置をくらう可能性は充分あります。amazon側の視点に立てば、amazonでも、amazonギフト券の購入した目的が転売、現金化なら、利用規約の違反ということになります。amazonギフト券は、そもそも、そのような目的ではなく、自分で利用する、誰かにプレゼントするために存在しているのです。

もしも、amazonで規約違反が判断されてしまえば、せっかくamazonギフト券を購入したというのにただの紙切れになってしまう可能性もあります。

アカウントは凍結し、利用出来なくなることも起きてしまうでしょう。

実際に逮捕されたケース

amazonギフト券を利用して、クレジットカード現金化。実際に逮捕されてしまったという事件も起きています。それは、クレジットカード現金化した人たちが逮捕ということではありませんが、利用した業者が逮捕さいうケースです。

2011年にクレジットカードの現金化をしていた業者が出資法違反に該当という事件が起きています。実際に逮捕された業者は、自分で用意した商品をお客様に購入させるという方法を要求して来ます。

業者は、クレジットカード会社からの支払いから、取り分を差し引いてお客様に残りを渡します。

実際に普通のクレジットカード現金化に見えるかもしれません。しかし、業者が利息として取っている分が、利息制限法の10倍から20倍以上ということでした。そのような取引は、ほとんど闇金業者の手口と変わらないです。

クレジットカード現金化はイコール逮捕の対象ではなくても、闇金業者は、逮捕されるべき存在です。そのような業者に寄り添って現金化しようという気持ちを持たないで、しっかり業者リサーチもあなたにとって大事なことです。

詐欺罪で訴えられてしまうかも

ストレートに逮捕ということではありませんが、カード会社の利用規約違反行為は、訴えられて逮捕されることもあります。現金化とは本来カード会社の意図している目的とは違うから、このような措置をカード会社が仕掛けることはできます。

いくらお金が欲しいと言っても、一度に数百万といった限度を超えた使い方には相当注意したほうがいいでしょう。

出過ぎた釘はすぐに打たれてしまうことになります。

いかがでしたか?クレジットカード現金化って、メリットもありますがデメリットも存在していることを私達は自覚し、それでもしなければならない時にだけ利用するというのがいいでしょう。

まるで、あなたのお財布のようにクレジットカード現金化を利用することには相当リスクがあります。

金券ショップ現金化JCBギフトカードの場合

金券ショップ現金化で、JCBギフトカードはどうかという意識も生まれるでしょう。そのような感じで、いろいろなアイテムを考えてみましょう。

とにかくクレジットカード会社が現在、注目していないものを現金化することがおすすめです。

JCBギフトカードも、金券ショップ現金化は可能です。JCBギフトカードは、最高換金率98%以上も狙うことができるでしょう。

簡単に金券ショップを決めてしまわないでしっかりリサーチするモチベーションも必要です。

しかし金券ショップ現金化よりもお得な方法は、優良業者を利用して現金化することです。JCBギフトカードを金券ショップで換金した場合、最高換金率は98.4%だったのが、
業者では98.8%可能だというデータがあります。

まとめ

いかがでしたか?いろいろ金券ショップ現金化の方法があります。私達が追求しなければならないのは、還元率であり、リスクの回避です。

それは金券ショップ現金化かもしれませんし、そうでないのかもしれません。優良業者を利用した方がお得、メリットありという場合もあります。しかし、その業者は信用できる業者でしょうか。

最終的答えはあなたが見つけてください。