itunesの残高は現金化できる?現金化の方法や注意点を解説

Pocket

iPhoneやiPadが人気なので、iTunesを利用して音楽や電子書籍、アプリなどを購入する人も多くいます。
ところが、たくさんチャージしたiTunes残高を使う予定がなくなったので、現金にしたいというケースもあるでしょう。
手元にiTunesカードを入手したけど、アップル関連のサービスよりも、現金化して別のことに使いたいということもあるかもしれません。
そこで今回はTtunes残高の現金化は可能なのか、できるとしたらどのような方法があるのか解説しますのでぜひ参考にしてください。

iTunes残高の現金化はできる?

iTunesといえば日本でも大人気のiPhoneやiPadなどで利用できるアップル関連のコンテンツ配信サービスです。
アップルのアカウントにiTunes残高をチャージしたり、プリペイドカードのiTunesカードを購入してカードに記載されたコードを入力すると、iTunesの残高を増やすことができます。
iTunesの残高はiPhoneやiPadの有料アプリを購入したり、アプリ内で課金したり、映画や音楽や電子書籍などデジタルコンテンツの購入などに使えます。

そんなiTunesの残高ですが、たくさんチャージしたけど使い道がなくなったときや、急にお金が欲しくなったときに現金化したいと考える人もいるでしょう。
iTunesの残高は1ポイント1円の価値がありますので、電子マネーのように払い出しすることで現金化したいときもあるはずです。

しかし、先に結論をお伝えすると、iTunesの残高は現金化することができません。
一度アップルのアカウントに適用すると、あとはアップル関連のサービス内で使いきるしかありません。

現金化できない理由

現金化できないのはアップルの規約でそのように決められているからです。
アップルの利用規約を確認すると、iTunes残高やiTunesカード、Apple Music用のプリペイドカードは、現金と交換することはできませんと記載されています。

iTunes残高はプリペイド方式のため、アカウントにチャージされた時点で決済が完了しています。
すでに支払いが完了したものを、再度現金に交換して出金するという仕組みがもともとないのです。
そのため、一度チャージしたら現金化することはできない仕組みになっています。

iTunes残高の払い戻し・払い出しはできる?

アップルのアカウントにチャージしたiTunes残高を何らかの方法で払い戻しできれば、現金化になると考える人もいるかもしれません。
音楽やアプリなどを楽しもうと思ってアカウントにiTunesの残高をチャージしたけど、やっぱり使わなくなったというようなケースです。
もしくは、間違えてチャージしてしまったのでキャンセルするために払い戻ししてほしいとか、アップルのアカウントを解約するので残高を払い出ししてほしいといった申請はできるのでしょうか?

結論としては、iTunes残高の払い戻しは不可能です。
こちらもアップルの規約で決められており、現金で払い戻しはできない仕組みになっています。
Suicaなど交通系電子マネーの場合は、チャージした後でもSuicaのカード自体を解約すれば現金で払い出しを受けることができます。
しかしiTunesではそのようなことはできず、解約しても現金で払い出しを受けることはできません。

iTunes残高で商品を買って転売は可能?

iTunes残高で商品を購入して、その商品を売って現金化できないかと考える人もいるかもしれません。
しかし、iTunes残高で購入できるのはデジタルコンテンツばかりのため、購入したものを売って現金にかえるという方法も使えません。

具体的には、購入できるものは以下のようなものがあります。

・App Storeのアプリ、アプリ内課金
・iTunesストアのコンテンツ購入
・iBooksストアでの電子書籍の購入
・LINEスタンプやLINEミュージック、LINEのコミックの購入

このように、購入した後はiPhoneやiPadにダウンロードして楽しむデジタルコンテンツばかりです。
たとえば、iBooksでは本を買えるのですが、iPhoneやiPadで利用するための電子書籍です。
紙の本や雑誌を買うことはできませんので、ベストセラー本を購入して、転売して現金化という方法も使えないのです。

アカウントにチャージした残高の現金化は不可能

このように、すでにアップルのアカウントにチャージした残高の現金化はできないという結論になります。
もしiTunes残高の現金化に興味を持っている理由が、余った残高を使い切りたいということなら、何らかのコンテンツを購入して使い切るしかありません。
すでにお伝えしたように、iTunes残高で買えるものは主にアップル関連のサービスを通したデジタルコンテンツの購入です。
iPhoneユーザーなら有料アプリを購入すればスマホが便利になるでしょう。
何かしら使い道を見つけて有意義に使い切りましょう。

アカウントにチャージ前のiTunesカードを現金化する方法

実はアカウントにまだ適用していないiTunesカードを持っているなら、それを現金化することは可能です。

iTunesカードとは

iTunesカードとは、アップル関連のサービスで使えるプリペイドカードのことです。
iTunesストアやAppストアの残高をチャージできるカードで、日本ではコンビニや家電量販店などで売っています。
iTunesカードを現金で購入してアカウントにチャージすれば、クレジットカードなどを持っていなくてもiTunes残高をチャージできるというわけです。

このiTunesカードは、カードの中に残高を有効化するコード(英数字の文字列)が記載されています。
カードが未開封なら、購入した本人でなくても使えますので、ギフトやプレゼントとして購入する人もいます。
未使用のiTunesカードを持っているなら、買取店などに売ることができれば現金化できます。

iTunesカードを買取してくれる場所を探す

手元にあるアカウントに未登録のiTunesカードをどこかに売ることができれば現金化したことになります。
売る場所・相手として考えられるのは以下のようなところです。

・買取ショップ
・ネットの買取サイト
・友人、知人
・ネットオークション、フリマアプリ

それぞれ実際に売ることができるのか、メリットやデメリットなどを見ていきましょう。

買取ショップに売る

街の買取ショップでiTunesカードの買取をしているところを探して、見つかれば売却することで現金化ができます。
ただし、買取ショップや金券ショップでiTunesカードを扱っているところは稀なため、ネットで調べたり電話で問い合わせすることをおすすめします。
近所の買取ショップを一店ずつ巡っても、すべてのお店で買取不可ということも十分考えらるからです。

買取サイトに売る

オンラインで買取している買取サイトで売るという方法もあります。
オンラインなら来店する必要がありませんので、ネットで調べて口コミの評判のよい業社を見つけて申し込みするだけです。
ただし、オンラインは相手が見えない取引なので、信頼できる業社が事前にしっかり確認することが大切です。

友人、知り合いに売るという方法も

もし、友人や知人、会社の人がiTunesカードを欲しがっているなら、その人に売るのも現金化の方法になります。
たとえば、会社のランチタイムや飲み会でさりげなく話題を出して、欲しがっている人がいたら売るというのもよいでしょう。

オークションやフリマは規約に注意

ネットオークションやフリマアプリでiTunesカードを売る場合、出品金額を自分で決めることができますので、上手く行けば換金率が高くなります。
しかし、ネットオークションやフリマサイトでは、プリペイドカードなどの出品が禁止されていることが多いため注意が必要です。

規約違反なのにプリペイドカードを出品してバレれてしまうと、出品物が削除されてしまうだけでなく、ネットオークションやフリマアプリのアカウントが止められてしまう可能性があります。
ちょっとした金額を現金化したいがためにオークションサイトなどをずっと利用できなくなるというのは残念ですので、あまりおすすめできる方法ではありません。

iTunesでクレジットカード現金化は可能?

iTunesカードをどこかに売ることができるなら、クレジットカードでiTunesカードを買って、それを売ればクレジットカード現金化ができると考える人もいるかもしれません。
しかし、iTunesカードを使ったクレジットカード現金化はおすすめできません。
まず第一にiTunesカードはプリペイドカードの一種なので、コンビニなどでクレジットカード払いで購入することができません。
もしiTunesカードがネットオークションやフリマアプリに出品されていたとしても、オークションサイトやフリマアプリの規約違反かもしれませんので安易に購入するのは避けた方が無難です。
仮にクレジットカードでiTunesカードを入手できたとしても、上記でお伝えしたように高い換金率で買取してくれる場所はなかなかなく、現金化の方法としては優秀ではありません。
また、そもそも現金化目的でクレジットカードのショッピング枠を使うと、クレジットカードの規約違反となり、カード利用停止のリスクがありますので、iTunesカードを使ったクレジットカード現金化はおすすめできません。

まとめ

今回はiTunes残高の現金化について解説しました。
iTunesを現金化できる可能性があるとすれば、アカウントに登録していないiTunesカードの状態で、どこかに売るという方法です。
iTunesカードを買取している買取店舗は多くはありませんが、ネットで買取している業社は存在します。
また、iPhoneやiPadはとても人気なので、知人や会社の人で欲しがっている人がいたら、安く譲ってあげると相手も得になりますし、自分も現金化できて双方にメリットがあります。

ただし、iTunesの残高をアカウントに登録してしまっていると、その残高を現金化したり、払い戻ししたりすることはできなくなってしまいます。
これはアップルの規約で決められていますので、仕方がないことですね。
もしiTunesカードを持っていて、使う予定がないなら、アカウントに反映させる前に、どこかに売却するのか、それとも自分で使うのかを決めてください。
アカウントに登録してしまったiTunes残高は、コンテンツ購入などで有意義に使い切るようにしましょう。