ハウスカードの現金化って簡単?

現金化できるハウスカード

ハウスカードには企業が展開しているクレジットカードで、発行している企業に関連する施設のみ使えるカードです。また、このハウスカードにはメリットやデメリットなどがあるので、ハウスカード発行の際や、実際に現金化する際には注意が必要です。

ハウスカードとは?

クレジットカードの一つにハウスカードがあります。クレジットカードは基本VISAカードやマスターカードなどいくつかありますが、ハウスカードはそれらのカードと異なる点があります。
ハウスカードはクレジットカードと異なり、一般の企業が発行しているカードなので、その一般企業が展開しているお店などでしか利用できないクレジットカードでもあります。
このハウスカードを発行している企業はスーパーやファミレス、居酒屋など多くの店舗を展開している傾向にあり、ガソリンスタンドなんかもこのハウスカードのシステムを導入しています。
VISAやマスターカードなどのクレジットは基本対応している店舗ならどこでも利用ができますが、ハウスカードは限られたところでしか使えないので注意が必要です。

ハウスカードって簡単に作れるの?
VISAやマスターカードよりかは簡単に作成できるぞ

ハウスカードのメリットとは?

ハウスカードの一番のメリットは、企業独自のポイントがあります。最近ではどの企業も独自のポイントを発行して、集客につなげています。ポイントの倍率倍増なんかをイベントで開催すると、多くのお客さんがその日にハウスカードを使う傾向にあるので、ハウスカードを使ったビジネスは企業にとっても優位に働きます。また、ハウスカードの発行は比較的審査なども低いので、普通のクレジットカードを発行するよりもおすすめです。
店舗によってはハウスカードで決済すると、割引の価格で支払いができるケースもあるので、少しでも安く済ませたい人にはおすすめのカードです。
そして、企業にもメリットはあります。企業限定のハウスカードを発行することによって、自分たちのお客さんを囲むことができます。
そして、支払い時にポイントがたまり、決済も後ばらいなら、そのお店を自然と利用するようにもなるので、このハウスカードの後払いシステムはウィンウィンな関係で成り立っています。

ハウスカードでポイントって獲得できるの?
店舗によるけど、高い倍率で獲得できることもあるので、便利だぞ!
また、ディスカウントされた価格で支払い可能というハウスカードも存在するぞ!

ハウスカードのデメリットとは?

ハウスカードを使うデメリットは利用できる範囲が限られているというところにあります。普通のクレジットカードなら加盟店で躊躇なく利用ができますが、ハウスカードはそのハウスカードを発行している企業の系列のお店でないと利用ができません。
そのため、便利なクレジットカードという認識がないところがデメリットです。
さらに、ハウスカードは普段からよく使うようなカードでもないので、財布のかさばりにもつながります。普段から財布の中身は綺麗に保ちたいという人にはデメリットでしかありません。

ハスカードの発行って難しいの?

ハウスカードはVISAやマスターカードなどのクレジットカードと比べてそこまで発行する審査は高くありません。
そのため、通常のクレジットカードを作るのが難しいと考えているユーザーにとってはハウスカードから発行するのは便利です。
そして、いきなりグレードの高いカードの発行も審査が厳しく設定されているので、注意が必要です。

ハウスカードは審査がゆるい

ハウスカードは審査がゆるいことでも有名で、比較的新社会人のような安定した収入のない人でも簡単に発行ができるカードで人気です。
ハウスカードから発行してポイントを貯めていくというのはお金の節約にもつながるので、お金に余裕がない人でクレジット系のカードの発行を悩んでいる人はハウスカードの発行からおすすめします。

クレジットヒストリーを稼げる

ハウスカードは自分のクレジットヒストリーを稼ぐのに役立ちます。クレジットヒストリーとは、自分の信用に近い存在で、クレジットカードは信用のない人には発行できない仕組みになっています。
そのため、審査基準の高い国際ブランドのクレジットカードなんかは、発行するのが難しく、特に収入に余裕がない人は発行の際に落ちてしまいます。
しかし、クレジットヒストリーを稼ぐことで、収入がそこまでなくても審査基準の高いクレジットカードの発行ができる場合もあります。
これは、2枚目のカード発行の時にも役立つので、初めてクレジットカードの発行を考えている人にはハウスカードがおすすめです。

ハウスカードでも国際ブランドは付けられる?

ハウスカードにもいくつか種類があります。VISAやマスターカードのような国際ブランドの付いたカードはいくつかあります。
これは、ハウスカードでのクレジットヒストリーが基準値より高い人や、安定した収入のある人に向けてグレードアップとして提供されます。
クレジットヒストリーや収入の他にも自分の属性がアルバイトから正社員になった人や借金が減ったという人もグレードアップの対象になります。

ハウスカードは現金化可能?

それでは、ハウスカードの仕組みを簡単に説明したので、次は現金に変える際の手続きの仕方を紹介します。ハウスカードはクレジットカードと違った現金化できないイメージがあるという人が多くいると思いますが、簡単に現金化ができます。
特に人気なのが、ハウスカードにあるショッピング機能で商品を購入して転売、現金化とく方法もあります。また、現金化できる業者も使えるなどあらゆる方法で現金に変えることができます。
しかし、ハウスカードにも規模があり、その企業によって大きく異なります。石油会社や鉄道会社のような大きな企業になると、対応できる現金化できる業者は多くありますが、そこまで大きくない企業だと、現金化が限られます。
そのため、ハウスカードの発行の際には、使用率も考えての発行が必須になります。
そして、ハウスカードに国際ブランドをつけた状態での発行も可能になっています。JCBやアメリカンエキスプレスなんかは現金化が難しいと言われていますが、マスターカードやVISAは現金化に対応しているので、選ぶ際には注意が必要です。
ハウスカードの特徴として、ショッピングがメインのカードという特徴があるので、キャシングの利用額が低いということもありますが、ショッピングの現金化が便利な時もあるのでおすすめです。

ハウスカードにはクレジットカードのように国際ブランドがつけることができるんだね?
確かにつけられるけど、自分のステータスやクレジットヒストリーが関係してくるので注意が必要だね!

ハウスカードを現金化する時の注意

ハウスカードは他のクレジットカードと異なり、使える場所がその発行している企業の系列店のみと限られています。そのため、大手の有名なハウスカードなら現金化業者に対応しているケースはありますが、人気のなくてそこまで大きくない企業のハウスカードだと、現金化業者も対応していないケースがよくあります。
有名でない企業のハウスカードを発行する際には、注意が必要になります。
他にも、ハウスカードが使えるショッピングモールや百貨店で現金化しようと考える人もいますが、百貨店やショッピングモールでは現金化には対応していないので、注意が必要です。
さらに、ハウスカードの現金化は利用できる限度額がそこまで高くないので、多額の現金化はおすすめしません。
少しの利用で現金化するのがハウスカードで現金化するメリットでもあります。

ハウスカードを現金化してくれる企業

ハウスカードを現金化してくれる大きな現金化業者はいくつかあります。人気の業者がファストキャッシュで、キャッシュバックのキャンペーンや法人カード専門のプランがあるなど、さまざまな特典が多くあります。また、業界でも最速の入金スピードがこのファストキャッシュの人気ポイントなので、早く現金化させたい人にはおすすめのサービスです。
そして、セーフティーサポートという現金化業者もあります。
この業者では現金化の際に、一切手数料をとならいという特徴がありあす。さらに、換金率なんかも他の現金化業者と比べて良い数値なので、人気です。
このように、さまざまな業者を活用して現金化する方法もあり、業者によって、サービスの良さもあるので、チェックして自分に合ったサービスを選ぶのをおすすめします。

自分でハウスカードを現金化する

自分でハウスカードを活用して現金化する方法はいくつかあります。スマホ決済で商品を買って転売することや、チケットを購入して売却、Amazonなどのギフト券を売却するなど、さまざまです。
特に最近ではメルペイやペイペイ、LINEペイなどのスマホを活用した決済が主流になっていますが、ハウスカードもまだまだ現金化するには便利です。
特に転売という方法はもっとも現金化するのに一番早い近道で、ハウスカードで貴重なレアな商品を購入して、購入額より高い額で売却すれば、利益にもつながります。しかし、この方法はリスクも多くあるので注意が必要です。
転売はブームもあるので、高い額で購入したが、時期的にブームが去った物を転売しようとしても、売れないので現金化できません。
そのため、自分で現金化するのは簡単ではないというのを覚えておく必要があります。
そして、転売の他にもハウスカードで購入した商品を返金・返品する方法です。この方法はリスクの高い現金化でもあるので、手続きには注意が必要です。
このハウスカードを使った現金化のメリットは100%の確率で現金にできるということです。ネットを使ったオークションや転売では100%の現金化は難しいですが、返金ならば100%の返金になるので、おすすめです。
しかし、返金や返品での現金化には注意しなければいけない点がいくつかあります。それは、企業にバレやすいという点です。
これらのハウスカードは企業がマーケティングなどの分析をしているため、購入の履歴を細かくチェックしています。そのため、返金や返品の回数が圧倒的に多いと、現金化目的で返金していることがバレるので注意が必要です。
そのため、転売や返金でのハウスカードの現金化をする際にはリスクを抱えているという認識を持って現金化する必要があります。

自分でハウスカードを現金化するって結構リスクがあるんだね
ハウスカードで購入するということは次の月には銀行からその金額が引き落とされるから注意が必要だね!

ハウスカードのみのカードは少なくなってきている

ハウスカードのみのカードというのは最近では少なくなってきています。これは、小さな企業だけでなく、人気の大企業でも同じことがいえます。
理由としてあるのが、国際のブランドが付いていないと使いにくいというデメリットがあるからです。クレジットカードは発行できなかったけどハウスカードは発行できるという人は多くいますが、少なくなっているのが現状です。
しかし、企業からしてもお客さんは多く欲しいことから、ハウスカードの発行を維持しているところもあるので、ブームが去る前に、クレジットヒストリーを稼いでおくのが今後のクレジットカードの発行にもおすすめになります。

まとめ

今回の記事ではハウスカードの特徴や現金化する際の知識について紹介しました。ハウスカードを使った現金化は現在も人気です少しでも得できるようなシステムになっています。
現金化の際にはいくつか注意しなければいけない点もあるので、しっかりこの記事を読んでチェックしてから現金化していただけたら幸いです。