GooglePlay残高って現金化可能?お得な使い方を伝授!

コンビニや家電量販店でよく目にするGooglePlayカード。
iTunesカード等と並んで利便性に富んだプリペードカードとして、一般的にも広く認知されています。
しかし、GooglePlaの利用は、Googlが提供するサービス内に限られているので、残高が余って困る事も多いでしょう。
ストアのアカウントに登録前ならばGooglePlayの現金化も可能ですが、一度登録したものは残高を現金化することが出来なくなっているので注意が必要です。
では、使い道に困ったGooglePlay残高の有効な利用法とはどの様なものがあるのでしょうか?

そもそもGooglePlayの残高って現金化できるの?

コンビニや家電量販店で購入する事が出来るGooglePlayですが、Googleアンケートモニターやモバイル決済のGooglePayを利用していてもGooglePlayが付与されるようになっています。
そのため、知らず知らずの内にGooglePlay残高が貯まっている事もあり、使いみちに困っている人も多いのでは無いでしょうか。
GooglePlayの残高を現金化する事が出来れば最もベターなのですが、そもそも現金化は可能なのでしょうか。

払い戻しによるGooglePlay残高の現金化は出来ない

一旦購入してアカウント登録されたGooglePlayは、残高の如何を問わず払い戻しによる現金化は出来なくなっています。(GooglePlay残高の払い戻しによる現金化は出来ないが、条件によりアプリ等の払い戻しは可能)
なお、一部地域(米国、ブラジル、韓国)では、払い戻しによるGooglePlay残高の現金化が可能となっていますが、日本国内での利用であると現金化は出来ません。

別アカウントへのGooglePlay残高の譲渡も出来ない

一度アカウント登録されたGooglePlayギフトコードは、別アカウントへの譲渡を行うことも出来なくなっています。
そのため、他人へGooglePlay残高の譲渡を行い、その残高分を現金に変える方法も利用する事は出来ません。

アカウントの売買によるGooglePlay残高の現金化はリスキー

amazonギフト券等の場合、購入してアカウント登録されたものでも購入する業者があるので、GooglePlay残高も同様にアカウントの売買によって現金化する方法を考える人もいるかも知れません。
確かに、アカウントの売買によるGooglePlay残高の現金化は不可能ではないものの、個人情報の流出等のリスクが上回ってしまう為、オススメできる方法ではありません。
特に、アカウント作成時に個人情報を登録している場合は、思わぬトラブルを招く可能性が高いので、アカウントの売買によるGooglePlay残高の現金化は避けたほうが無難です。

GooglePlay残高はGoogleストアで利用出来ない

GooglePlay残高の現金化が行えないのであれば、同社が運営しているGoogleストアでの利用はどうでしょうか。
Googleストアであれば、スマートフォン関連機器や様々なデバイスは販売れているので、GooglePlay残高の現金化も容易に行えそうです。
しかし、残念ながらGooglePlay残高をGoogleストア(決済はクレジットカードのみ)では利用出来なくなっているので、Googleストアを利用したGooglePlay残高の現金化も利用不可となっています。

GooglePlay残高を安全に現金化するのは不可能?有効な利用法はあるか?

アカウント売買によるGooglePlay残高の現金化は可能ですが、個人情報流出の懸念が高い為とてもオススメできる方法ではありません。
また、仮にアカウント売買によるGooglePlay残高の現金化を行ったとしても、転売可能な商品の購入も行えないので、現実的にそういったアカウントを購入する人もいないでしょう。
では、GooglePlay残高を安全に現金化する方法はあるのでしょうか。
また、現金化出来なかった場合の有効な利用法などはあるのでしょうか。

一つだけあるGooglePlay残高を安全に現金化する方法

ファミリーライブラリを利用すれば、GooglePlay残高を安全に現金化する事が可能です。
方法としては、GooglePlay残高でコンテンツを購入(アプリ、書籍等)→そのコンテンツをファミリーライブラリで共有→コンテンツの料金を現金として貰う事が出来れば、GooglePlay残高を安全に現金化する事が出来ます。
ただし、このGooglePlay残高の現金化方法は

①ファミリーライブラリは家族でなければ利用できない
②お金を払う価値を見いだせるか
③家族がGoogleアカウントを所有しているか

など、GooglePlay残高の現金化出来る条件を満たさなければならないので、あまり現実的な方法とは言えないでしょう。

GooglePlay残高の有効な活用法①アプリや電子書籍の購入

一度アカウント登録されたGooglePlay残高の現金化が不可能であれば、その残高を有効利用するのが一番です。
最もポピュラーなのは、GooglePlay内でアプリや電子書籍等を購入し、GooglePlay残高を処分する方法でしょう。
人気のあるアプリの購入や漫画なども用意されているので、興味のあるものがあれば、GooglePlay残高を現金化せずとも有効活用する事が出来ます。
ただし、その他で電子書籍等を利用している場合(Kindle、Rakuten kobo等)、GooglePlay内での価格はあまりお得感が無いので、人によっては不向きな側面があるかも知れません。

GooglePlay残高の有効な活用法②アプリ内課金に利用

もう一つのGooglePlay残高の有効な活用法は、アプリ内課金に利用して処分する方法です。
アプリ内で課金して、ガチャガチャ等を利用すれば、GooglePlay残高を楽しみながら有効活用出来ます。
無論、課金したいほど夢中になっているアプリがない場合は、GooglePlay残高の有効な活用法とはならないので、こちらも人によって大きな差が出るGooglePlay残高の処分方法となっています。

GooglePlay残高の有効な活用法③LINEコインの購入

様々なSNSが利用されていますが、普及しているもので最もポピュラーなものの一つがLINEでは無いでしょうか。
国内での利用者も非常に多く、もはや必須アプリの一つと言っても差し支え無いのかも知れません。
そういった日常的に利用する頻度が高いLINEですが、実はGooglePlay残高でLINEコインの購入が可能となっています。
GooglePlay残高でLINEコインを購入すれば、スタンプや着せ替えなどを購入する事が可能になるので、不要なGooglePlay残高を有効活用でき、現金化同様のお得感をもたらしてくれることでしょう。

GooglePlay残高の有効な活用法④バリアブルカードを購入する

コンビニ等で販売されているGooglePlayカードの額面は、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円と区切られています。
ちょうど使い切る事が出来れば良いのですが、利用の仕方によってはGooglePlay残高が残ってしまい処分に困る事が多いでしょう。
そういった場合には、購入金額を1円単位で決めることが出来るバリアブルカードの購入をオススメします。
GooglePlay残高を残さず利用する事が可能になりますし、楽天市場などのオンラインショップからだと500円からでも購入でき、目的別に購入すれば1円の残高も出さずに使い切る事が出来ます。

現金化出来ないのであればGooglePlay残高を出さない方法でサービスを利用しよう

GooglePlay残高が現金化する事が出来ないのであれば、GooglePlay残高出さない方法でサービスを利用する方法もあります。
不要なGooglePlay残高を出したくないのであれば、以下の方法を利用すると良いでしょう。

GooglePlay残高出さない方法①クレジットカードorデビットカーの使用

GooglePlay内では、クレジットカードまたはデビットカードを利用する事が可能になっています。
この方法でサービスを利用すれば、そもそもGooglePlay残高が出ないので、現金化や有効活用法などに頭を悩ます事もありません。
また、バリアブルカードは500円~の購入となっていますが、GooglePlay内で販売されているコンテツ(楽曲等の場合250円~)は少額のものが多いので、どうしてもGooglePlay残高が残りがちになってしまいます。
しかし、クレジットカードまたはデビットカードであれば、そもそもGooglePlay残高が出ませんので、いちいち気を揉む事もありません。

GooglePlay残高出さない方法②キャリア決済の使用

GooglePlayでは、クレジットカードやデビットカードの他に、キャリア決済でコンテンツを購入することが出来ます。
この方法であれば、スマホを持っているだけで利用できるので、誰でも利用する事が出来る上にGooglePlay残高を心配する必要もありません。
なお、GooglePlayで利用できるキャリア決済は以下の通りとなっています。

・ドコモ
・KDDI
・ソフトバンク
・Mineo
・楽天モバイル

GooglePlay残高出さない方法③Googleアンケートモニター以外を利用する

Googleアンケートモニターを利用していると、知らず知らずの内にGooglePlay残高が貯まってしまい、処分する方法に悩む事があるかも知れません。
また、Googleアンケートモニターを利用した際の報酬は、直接GooglePlay残高に加算され、現金化はおろかGooglePlay内での利用しか叶わず、しかも1年の有効期限も設けられています。
Googleアンケートモニターの報酬は高めとなっていますが、選択肢が少なくて失効してしまう可能性があるのであれば、そもそもアンケートモニターに協力した時間がムダになってしまうでしょう。
現金化が行えるアンケートサイトは幾つかあるので、GooglePlay残高の処分に困っている人は、Googleアンケートモニター以外を利用する事をオススメします。

GooglePlayカードは登録せずに現金化するのがオススメ

一度登録すると現金化出来なくなってしまい、利用の仕方によってはGooglePlay残高に悩まされる事もありますが、登録していないのであれば現金化することが可能です。
誰かから貰ったGooglePlayカードがあるのであれば、有効期限(1年)が来る前に登録せずに現金化を検討してみては如何でしょうか。
GooglePlayカードを現金化するには、以下の様な方法があります。

GooglePlayカードを現金化する方法①オークションサイトで売買

ヤフオクやメルカリ等オークションサイトを利用すれば、GooglePlayカードを現金化する事が出来ます。
GooglePlayカードを現金化した際の換金率は、オークションサイトの相場でおよそ70~80%程度で行えるので、少々目減りするものの有効な現金化方法となっています。
特に、100円や300円等の少額なGooglePlayカードの場合は、すでにあるGooglePlay残高の消化目的で購入する人が意外と多いため、相場よりも高めの換金率でも購入される可能性が高くなっています。
ただし、基本的にGooglePlayカードの現金化業者と換金率は変わらず、その反面手間が掛かるので直ぐにGooglePlayカードを現金化したい場合は不向きな方法となっています。

GooglePlayカードを現金化する方法②マッチングサイトで売買

昨今では、ヤフオクやメルカリ等オークションサイト以外にも、GooglePlayカード・iTunesカード・Amazonギフトカード等を専門に売買するマッチングサイトが存在しています。
こういったサイトであれば、GooglePlayカード等を含めた電子マネーを専門で売買しているので、買い手も見つかりやすくGooglePlayカードを現金化をよりお得に現金化する事が出来ます。
利用する手順は

①マッチングサイトに会員登録
②GooglePlayカードを出品
③売買が成立後アカウントに買取金額の支払い
④出金申請し指定の銀行口座に振り込み

となっています。
また、GooglePlayカードの現金化にあたっては、自分で換金率(相場は75%~83%)を設定する事が可能となていますが、その反面出品手数料や出金手数料が必要で、額面金額が少額であると換金率が大きく下がる傾向があります。

GooglePlayカードを現金化する方法③専門業者に売る

GooglePlayカード等を含めた電子マネーは、専門業者に売ることで現金化が可能となています。
GooglePlayカードの現金化に際しての換金率は、70~83%とややマッチングサイトよりも見劣りしますが、マッチングサイトでは出品手数料や出金手数料が必要となっているので、最終的に現金化した場合の換金率はさほど変わらないかやや高くなっているのが現状です。
特に、専門業者でGooglePlayカードを現金化する場合、手間がかからず即日現金化する事が可能となっているので、利用するメリットは大きいと言えるでしょう。
ただし、悪質な現金化業者がいることも事実なので、利用の際にはしっかりとした見極めが重要になっています。

お得にGooglePlayカードを現金化するなら一旦Amazonギフト券に交換して現金化

専門業者でのGooglePlayカードの換金率は、70~83%となっています。
一方、Amazonギフト券の現金化の相場は、85~88%とGooglePlayカードよりも換金率が高くなっているのです。
そこで、お得にGooglePlayカードを現金化するなら、一旦Amazonギフト券に交換して現金化する方がオススメできます。
Amazonギフト券との交換に関しては、個人売買での交換がありあますが、個人間取引ではリスクが伴うので、利用の際は慎重に行うようにしましょう。

GooglePlayカードを現金化する際の注意点は?

オークションサイト、マッチングサイト、専門業者などGooglePlayカードを現金化する方法は幾つかありますが、現金化をするにあたっては、以下の様なポイントを抑えてGooglePlayカードを現金化する必要があります。
GooglePlayカードを現金化する際には、以下の様なポイントを抑えて利用する必要があります。

GooglePlayカードのアクティベーションコードを登録しない

GooglePlayカードを電子マネーとして利用するには、カードに記載されている16桁のアクティベーションコードをアカウントに登録すること初めて電子マネーとして利用する事が出来ます。
そのため、一旦GooglePlayカードのアクティベーションコードを登録してしまうと、GooglePlay残高を譲渡することはおろかを現金化する事が出来なくなってしまうので注意が必要です。
利用しないGooglePlayカードを現金化したいのであれば、アクティベーションコードをアカウントに登録しないようにしましょう。

GooglePlayカードを現金化前にアクティベーションコード誰にも教えない事

GooglePlayカードは、アクティベーションコードをアカウントに登録する事で利用できますが、もし現金化前に第三者に教えてしまうと、知らない間に別のアカウントにチャージされてしまう恐れがあります。
特に、オークションサイトやマッチングサイトでGooglePlayカードを現金化する場合、入金前にうっかりアクティベーションコードを教えがちなので、注意するようにしましょう。
なお、個人売買でGooglePlayカードを現金化前する場合、初めて利用するは勝手が分からずトラブルに見舞われる事が多いのですが、GooglePlayカード等を現金化する専門業者であれば、そういったトラブルの心配もありませんので、GooglePlayカードを現金化したいのであれば、専門業者を利用する方が安全でスピーディーになっています。

GooglePlay残高の現金化は難しいが登録していないならば現金化可能

GooglePlayの残高の現金化は

・ファミリーライブラリでコンテンツを購入して現金化
・GooglePlay残高のあるアカウントの売却

等で行うことが可能となっていますが、前者は現金化出来るケースが限定的で、後者は個人情報流出の危険がありオススメできません。
そのため、GooglePlay残高を有効に消化するには、GooglePlay内のコンテツで消化するか、LINEコインを購入するのが最も現実的な方法となっています。
ですから、GooglePlayを利用する場合は、残高が出ないように使いみちを予め考えておくか、登録せずに専門業者で現金化するようにしましょう。