お金が必要だが手元にないという方におすすめのクレジットカード現金化。時間に余裕がある方は、換金率の高い「自分で商品を売買する方法」を選び、今すぐお金が必要だという方は「業者を利用する方法」を選ぶのがおすすめです。

業者を使う方は、店舗での「商品買い取り方式」を選ぶか、ネット店舗での「キャッシュバック方式」を選ぶか検討してみましょう。キャッシュバック方式は現在主流の方法で、カード会社にばれずに低リスクでお金を受け取ることができるおすすめの方式です。

時間に余裕があるなら自分で、手軽に即日で現金化したいなら業者での現金化がおすすめ

クレジットカード現金化には、自分で商品を売買する方法と、業者を利用する方法の2種類があります。お金が必要になるまでの時間に余裕があって、より高い換金率を得たい方はクレカ現金化自分で行うのが向いています。また、スピーディ手軽に低リスクでお金を手にしたい方は業者による現金化がおすすめです。

自分で商品を売買する方法は高い換金率を得られるが、手間がかかる上にリスクが高い

ここでは、自分で商品を売買する方法のメリットとデメリットを紹介します。

■メリット:高い換金率を得られる場合もある
個人で現金化する場合は、業者などを介さないので余計な手数料を差し引かれることがありません。換金率の高い商品を自ら正しく選び、適切なお店で売ることができれば業者を利用した場合よりも多くお金を還元してもらえる可能性があります。

■デメリット:手間がかかる・カード会社に転売がばれるリスクが高い
自分で商品を選び購入し、買い取り店舗に足を運ばなければいけないため手間がかかります。また、高額なものをカードで購入することで転売を禁止しているカード会社から目を付けられ、一時的にカードの利用を停止させられる場合もあります。

業者を利用した場合手元に入るお金が減るが、手軽に低リスクで即日現金を受け取れる

ここでは、現金化業者を利用する方法のメリットとデメリットを紹介します。

■メリット:カード会社にばれるリスクが低い・手軽に簡単にお金を手に入れられる
ネットの現金化店舗では、「キャッシュバック方式」という、転売とは違った方式が主流ですので、カード会社の規約に違反せずお金を受け取ることができます。従って、カード会社にばれてカードが一時停止になるというリスクがありません。

また、店舗に出向くことなく、自宅で手軽に素早く申し込みができるというのもメリットです。

■デメリット:手元に残るお金が少ない
業者を利用した場合、申し込み金額から手数料が差し引かれるので、現金還元率は約80%~90%前後になります。また、悪徳業者に引っかかってしまった場合、大きな手数料を搾取されてほとんどお金が手元に残らない、というトラブルも起こり得ます。

それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、自分に合った方法を選ぶことをおすすめします。インターネット上には、各方法の賢い使い方などがたくさん掲載されていますので、利用の際は参考にしてみてください。

現金化会社におけるショッピング枠現金化で扱われている2種類の方式

業者が行うショッピング枠の現金化においては、「商品買い取り方式」と「キャッシュバック方式」の2つの方法が行われています。近年のネット現金化店舗では、キャッシュバック方式が主流になっています。ここではそれぞれの方法や、利用の際に実際に購入することになる品目などについて説明します。

「商品買い取り方式」は、カードでブランド品や家電製品を購入しそれを業者が買い取る方法

利用者が購入した商品を会社が買い取り、代金を利用者に支払うという方法が、商品買い取り方式です。

現金化会社が利用者にカードで購入すべき商品を指定、利用者はその商品を購入し会社に提供します。会社はそれを購入金額よりも低い価格で買い取り、利用者に支払います。

会社は、その商品を中古品店などに売却することによって利益を得ます。この方式で買い取る品目で多いのがブランド品、家電製品、新幹線の回数券などです。現在、店舗の現金化業者でよく行われている方法です。

関連記事

キャッシュバック方式とは低リスクで手軽に素早く現金化できる方法

「キャッシュバック方式」は、会社が指定したキャッシュバック式の商品を購入する方法

会社が指定したキャッシュバック付き商品を利用者が購入、その後利用者はキャッシュバック分のお金を受け取るという方法が、キャッシュバック方式です。

利用者は、現金化会社が指定したキャッシュバック付き商品をカードで購入します。会社は利用者に対してキャッシュバック分のお金を支払います。商品は利用者の元へ配送されます。

キャッシュバック商品には、ブランド品や家電製品のようにそれ自体に価値のあるものは少なく、雑貨などチープなものである場合がほとんどです。現在この方法はネット店舗でよく行われています。

現金化する方法として挙げられるのは、「自分で商品を売買する方法」と「業者を利用する方法」です。とにかく高い現金化換金率を得たい方は自分で商品を売買する方法が向いていますが、手軽に低リスクでお金を手にしたい方は業者による現金化が向いているでしょう。

業者での現金化においては、利用者が購入した商品を業者が買い取る「商品買い取り方式」と、特典付きの商品を購入することでキャッシュバックを受け取る「キャッシュバック方式」の2種類があります。それぞれの特徴を把握しておけば、手続きがスムーズになるでしょう。

関連記事