Pocket

クレジットカードには、購入金額を“目視”する機会が著しく少ないデメリットがあります。
仮に、10万円の商品を購入したとしましょう。

◎現金で支払う場合、お札の数を確認した後、店員に渡します。
お札に触れ、目視することで私たちは『これは高額な買い物だ』と認識し、支払額だけ資産が減少したことを確認します。

◎クレジットカードの場合、支払額の確認はせいぜいレジに表示される数字のみで、支払いの実感は殆どありません。
そしてもっとも注意すべきは、オンラインショッピングです。
ボタン操作だけで買い物は完了し、翌日以降には商品が届きます。
支払いの実感は限りなく薄く、まるで“タダ”で商品が現れた錯覚すらあります。
そのため、クレジットカードで破産する人が増加しています。
なかには消費者金融からクレジットカード現金化即日融資を受け、支払いに充てる人もいます。
しかし結果は変わりません。

またリボ払いの泥沼にはまっている人も少なくありません。
クレジットカードは非常に便利です。
しかし利用の際は、それが魔法のアイテムではないことを思い出しましょう。
カード決済は一時的な借金であり、返済する義務があります。
利用と返済のバランスを崩せば、カード破産へ一直線です。
くれぐれもご注意ください。

お金で身を滅ぼさないための心構え

お金で身を滅ぼすことは、決して他人事ではありません。ちょっとしたことから悪い方向に進み、あっという間に破滅する人は本当に多いのです。
その理由は多岐に渡りますが、主に下記のふたつが挙げられます。

ひとつは、膨れ上がった利息が手に負えなくなるケースです。このケースは数万程度の借入れから発展することもあります。大体は闇金に手を出してしまった場合です。然るべき機関に相談すれば解決できないこともありませんが、借金を隠したいが故、最悪の状態になるまで対処できない人が殆どです。

ふたつめは、身内から借入れをして泥沼の人間関係に発展するケースです。身内だから理解してくれるだろう、多少返済が滞っても大丈夫だろうと、気の甘い人がトラブルに発展させます。場合によっては親族すべてを巻き込む規模に発展し、裁判を行うこともあります。

以上のことから、お金は『そもそも借りない』ことが重要であるとわかります。
しかし避けられない出費に直面することもあります。その場合どうすればよいのでしょう。

一番良いのは、貯金で工面することです。定期預金があれば、解約も視野にいれましょう。
貯金がない場合は、第三者から借り入れる必要が出てきますが、返済プランを熟慮し、可能な限り金利が低い業者を利用しましょう。

実借入れの際は、契約内容を入念に確認しましょう。金利の計算式や、担保の有無、返済が滞りそうな場合の対応など、不明点は必ず質問して解消してください。

関連記事

デメリットもよく理解した上でリスクを回避しよう
計画的に返済ができる現金化サービスでは支払いも手続きも簡単スムーズ
クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと

関連記事