Pocket

キャッシュカードは金融機関が発行して金銭取引に利用されます。クレジットカードは似たところもありますが、基本的にはショッピング機能を使った買い物に使います。しかし近頃注目されているのが「クレジットカード現金化サービス」です。今回は【クレジットカード現金化サービスを利用する場合に把握しておきたいこと】をご紹介しています。

■クレジットカードにはキャッシング機能もついている
キャッシュカードでも最近は、クレジットカードのように使えるデビットカード機能が付加されています。そしてクレジットカードはキャッシング機能もあります。

■クレジットカードに関連する法律はややこしい
クレジット機能を使う場合とキャッシング機能を使う場合には利用規約も違ってきます。約款をしっかりと理解しておく必要があります。

■クレジットカード現金化サービス業者は消費者金融とは違う
金融会社は貸金業の許可が必要ですが、クレジットカード会社は特に免許は必要ありません。カード現金化業者も今のところ届出等は必要ありません。カード現金化サービスを利用する場合は、クレジットカードに支払い回数を決めます。1回払いなら手数料はありませんが、分割払いやリボ払いの場合は手数料も必要になることを忘れないでください。

クレジットカード現金化サービスの賢い使用方法

クレジットカード現金化サービスは、急に現金が必要になったときに利用できます。注意するのは、その現金化業者で利用できるクレジットカードを持っているかです。利用できるカードを持っていなければ利用できません。今回は【クレジットカード現金化サービスの賢い使用方法】についてお話します。

■モバイル端末で利用できるクレジットカード現金化サービス
スマートフォン・ノートパソコン・タブレットなどネットに繋がるアイテムがあればどこでも利用できます。クレジットカード現金化サービス業者が指定するクレジットカードを持っていれば誰でも利用できます。

カード現金化店舗に行かずとも、ネットで全て完結します。クレジットカード現金化サービス業者に指示された商品をネットショッピングすればOK。購入した商品にキャッシュバックがついてきて、すぐにお金を手にすることができます。

■手軽で手間要らず
消費者金融やカードローンのような借入ではなく、支払いはクレジットカード会社の請求書でできます。方法は一括払い、分割払い、リボ払いでも可能です。利息も返済計画として考えておきましょう。

■シンプルな手順
クレジットカード現金化サービス業者のWebサイトの申し込みフォームに入力するだけです。所得証明や源泉徴収票や印鑑登録証明などは一切不要です。

■賢い利用方法
一番気にすべきなのは還元率です。即日入金のプランは業者も手続きが大変なので還元率が低いです。1週間程度の日数をみるとよいでしょう。また利用する金額が多ければ多いほど還元率がアップしますが、ショッピング枠がなければ利用できないので注意しましょう。事前にカード会社に連絡をし、ショッピング枠を増やすなどの手続きが必要です。

計画的に返済ができる現金化サービスでは支払いも手続きも簡単スムーズ

ネット現金化サービスを利用した後の支払いは、カード会社に行い、現金化業者への支払いは一切ありません。分割払い、ボーナス払いなど希望に合わせて選択し、計画的に返済することも可能です。

現在既に負債を抱えていて、その返済に困っているという方はクレジットカード現金化を行わず、債務整理を行うことをおすすめします。債務整理を行えば、今ある借金を減らすことができます。

カード会社への支払いでは、一括や分割、ボーナス払いなどから好きな方法を選べる

クレジットカード現金化を行った後は、カード会社へ支払いを行います。方法は一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどがあり、自身の計画に合わせて好きな方法を選ぶことができます。

一方、金融機関などでキャッシングを行った場合は、返済方法が限られているため融通が利かない上、金利などがかかります。現金化では余計な利子が上乗せされることはないので、無理なく支払いができます。

またキャッシングは、支払いが滞ると金融機関のブラックリストに登録されるというリスクがあります。リストに載ると、住宅ローンが使えなくなるというデメリットがあります。クレジットカード現金化会社は金融業者ではないので、ブラックリストに載ることはありません。

サービス完了後は、業者への支払いは一切必要ない

現金化後の支払いはカード会社に行うことになるため、現金化業者への返済は一切ありません。支払うべき手数料を全て差し引いた上での料金を提示してくれますので、それ以上の金額を要求されることはありません。

キャッシュバック付き商品購入の際は必ずショッピング枠残高のあるカードで支払いをしよう

現金化サービスでは一般的に「キャッシュバック方式」という方法が採用されています。この方式は、利用者が会社の提示する商品の中から好きなものを選び購入し、その商品に付随するキャッシュバック特典を現金で受け取るというものです。

商品を購入する際は、必ずカードで決済します。申し込み時にはショッピング残高があるカードを用意してください。電子マネーを使ったり、カードと現金を組み合わせて使ったりすることもできないので注意しましょう。

誰でも簡単スムーズに申し込みが完了できる現金化サービス

すぐにお金が必要になった、という方におすすめのクレジットカード現金化サービス。クレジットカードで買い物をし、キャッシュバックを受け取るだけなので初心者の方でも簡単。
面倒な審査がないのでカードと身分証、銀行口座があれば今すぐに申し込みができます。

現金化はクレジットカードのショッピング枠の残高をお金に変えられるサービス

現在クレジットカード現金化会社では、主に2種類の方式を使ったサービスが行われています。その1つが「商品買い取り方式」です。これは、顧客がクレジットカードで購入した商品を会社が買い取ることによってお金に変えるという方法です。

そしてもう1つが「キャッシュバック方式」です。これは顧客がキャッシュバック付きの商品を購入することによってキャッシュバック分のお金を受け取ることができるという方法で、現在現金化ではこちらが主流になっています。

現金化の準備を整える

クレジットカードを現金化するにあたり、いくつかの準備を整えましょう。当然ですが各業者が定める規約の確認は怠りなく行って下さい。

◎ショッピング枠の利用限度枠を確認する

契約書が見当たらない場合、カスタマーセンターに問合せましょう。契約内容を再確認したいと伝えれば、すぐに返信してくれます。オンラインで確認できる場合は、そこからチェックすることも可能です。
仮に限度額が30万円の契約内容だったとすると、これがクレカ現金化できる額になります。

◎身分証の用意

初回の利用は本人確認が行われます。金銭契約のため、写真付きに限る業者が多く、運転免許証やパスポートが便利です。

◎振込先口座の用意

金融機関はどこでも構いませんが、手数料が異なるケースもあります。インターネット銀行は手数料が安い(もしくは0円)ことが多いので、チェックしておきましょう。

クレジットカードと身分証、銀行口座があればスムーズに申し込みを完了できる

現金化サービスを利用する際は、身分証と銀行口座、クレジットカードを予め用意しておきましょう。身分証は免許証や保険証、パスポートなどであれば問題ありません。

銀行口座は現在開設しているものであれば構いませんが、楽天銀行やジャパンネット銀行など、ネット銀行口座を指定すれば土日祝日でも現金の振り込みができます。ネット銀行を持っていない方でも、お金をすぐに受け取りたい場合は開設しておくことをおすすめします。

クレジットカードを使用しますので、ショッピング枠残高があるものを選んでください。現金化では、VISAやJCBといったカードの種類によってクレジット現金化換金率が変わることがあります。手持ちのカードを集めて、会社での見積もり時にそれぞれのカード会社を利用した場合の換金率を提示してもらうのもいいでしょう。
これらを予め用意しておくことで、スムーズに申し込み手続きができます。

手続きでは簡単でわかりやすい4ステップの手順を踏むだけでOK

現金化会社での申し込み手続きの方法は簡単でシンプルです。もし途中で不明な点が生じた場合でも、オペレーターに問い合わせれば丁寧に教えてくれるので心配は要りません。
最初は不安かもしれませんが、会社によっては丁寧な解説ページなどを用意してくれている場合もありますので、利用してみてください。

■STEP:1 電話かメールフォームから申し込む
ホームページに記載の番号に電話するか、申し込みページのメールフォームに必要事項を書いて送信します。メールを利用した場合は、送信後に電話で連絡が入ります。

■STEP:2本人確認が行われる
初回利用に限り、簡単な本人確認が行われます。身分証のコピーをファックスするか写真に撮り、その画像をメールに添付し送るだけでOKです。2回目以降は本人確認の必要はありませんのでスピーディーです。

■STEP:3商品をカードで購入する
会社が指定する商品から好きなものを選び、クレジットカードで購入します。購入方法がわからない場合はスタッフに遠慮なく尋ねてみましょう。

■STEP:4カード決済完了後、振り込み
カードの決済が完了したら、最短5分から10分で指定した口座へお金が振り込まれます。ネットバンク銀行や楽天銀行を指定した場合は、休日でも即振り込みが完了します。

以上4ステップを踏むだけでOKで、自宅や会社などどこにいても申し込みできます。

申し込み後平均5分から10分でお金を受け取ることができる

大手の現金化会社は、申し込み完了から現金振り込みまでにかかる平均時間は5分から10分です。今すぐお金が必要という場合でも安心です。しかし現金化が初めての方は、申し込み手続きに少し時間が取られます。時間の余裕がある時に手続きをするようにしましょう。

また現金がすぐに必要という方はネット銀行を用意しましょう。休日でも即日振り込みができるので、急にお金が必要な場合でも心強いです。

現金化は、誰でも簡単スピーディーに現金を受け取れる便利なサービスです。ネット銀行を用意しておけば土日祝日でも即日最短5分でお金を振り込んでもらえます。申し込みの手順はとてもシンプル。事前にクレジットカードや身分証などを用意しておけばスムーズに申し込みを完了することができます。

既に借金を抱え返済困難な方は、現金化ではなく債務整理を行うことで負担を減らそう

クレジットカード現金化はとても便利なサービスですが、返済の目処が立った上で利用しなければ、のちに支払い困難になる可能性もあります。しっかりと計画を立てて利用しましょう。また既に借金を抱えているという方は、サービスを利用しないようにしましょう。負債をさらに抱えてしまうことになります。

もしも現在借金を抱えており状況の改善が困難な場合は、債務整理の検討をおすすめします。債務整理を行えば、今抱えている借金を少なくすることができます。過去にクレジット現金化を利用したことがある方は、「任意整理」や「個人再生」を選ぶことができます。

どちらも弁護士や司法書士に代行を依頼できるので、知識がない方でも心配は要りません。まずは窓口で相談をしてみましょう。

(まとめ)
現金化サービスを利用した後は、使用したカード会社へ返済を行うことになります。その他の支払いの義務は一切生じません。一括払いやリボ払い、分割払いなどから好きな方法を選べるので計画的に返済ができます。

また、サービス申し込み時や商品購入の際の支払い時にもカードを利用しますので、事前に残高があるカードを手元に用意しておきましょう。手続きは簡単スムーズに行うことができます。

キャッシングで高い利息を払うよりもクレジットカード現金化サービスを利用しよう

クレジットカードを持つことは、信用に値する人物というステイタスとも捉えられます。高額なショッピングもサインするだけで精算できるのでスマートです。

近頃ではクレジットカードのショッピング枠を利用したカード現金化サービスが注目されています。今回は【キャッシングで高い利息を払うよりもクレジットカード現金化サービスを利用しよう】というアドバイスをご紹介します。

■急な出費が必要になった場合に助かる!
例えば友達の披露宴に出席する場合に、金欠でも大丈夫です。必要な金額だけ現金化すればいいのです。次の給料日にお金が入れば、クレジットカードの引き落としに間に合います。

■少額ならば一回で返済できる
クレジットカード現金化でキャッシュバックを受けた金額と、その商品の差額が手数料になります。例えば30,000円の現金化サービスを利用し、換金率が9割なら、27,000円が指定口座に振り込まれ、手数料が3,000円になります。利息として計算をすると、3,000円/27,000円ですから11.1%になります。

■キャッシングの利息は高い!
クレジットカードのキャッシングだと20%程度の利息になります。高額利用の場合は一括で支払えませんから、借金はなかなか減らず、負担は大きいです。

■いかがでしたでしょうか?
クレジットカード現金化サービスはキャッシングや消費者金融よりもメリットがあるのです。

関連記事