d払いで即日入金化の手続きをしよう!

d払い

d払いとは?

d払いとは、ドコモがサービスを提供している決済サービスで、現金が一切いらないというのが特徴です。
このd払いはQRコードを読み取ってお支払いするので、コンビニなどで急いでいる時に、バーコードをかざすだけでお支払いができるという便利な機能となっています。実際に支払った代金というのは、携帯の電話代と同じタイミングで口座から引き落とされるので、クレジットカードと似た機能になります。
毎回の200円の支払いでdポイントが1ポイント付くのも便利な機能となりますので、毎回のお支払いをdポイントにすることで、ポイントを貯めるという趣味にもつながります。
また、このd払いでは過去に貯めたdポイントもお支払いの際に使えるので、5000ポイントあれば5000円分も支払いで使うことができます。
そして、このポイントにはお得なポイントもあります。それは、d払いに対応しているECサイトで買い物をすると、通常200円で1ポイントが100円で1ポイントも貯まるというメリットがあります。このサービスがお得ということで多くのユーザーがd払いできるECサイトを利用しています。

d払いのメリットとは?

d払いのメリットは、クレジットカードの登録が必要ないというのが大きな特徴です。楽天ペイなどをはじめ多くのサービスでは、クレジットカードの登録が必要になりますが、d払いではその登録が一切必要ないので、クレジットカードを持ってない人でも使えるというポイントがあります。
また、ドコモのdポイントが貯まるというメリットもあります。dポイントはマクドナルドやローソンをはじめ、多くの施設で利用できるポイントです。このポイントを貯めることで、ポイントだけで生活している人なんかも多くいます。
また、d払いではポイントの倍率が高いお店もあるので、その都度チェックして決済すれば、効率よくポイントが貯められますね。
定期的なキャンペーンもいくつかあるので、そのキャンペーンを利用するのもおすすめです。
他のメリットは、ポイントを現金化できるサービスです。
今回の本題でもありますが、d払いのポイントは現金化することが可能というメリットがあります。
サービスによって現金化の換金率や、即日の現金化ができるなどがありますが、ポイントを現金に換えれるのは人気です。
多くのポイントを持っていても、使い道に迷っているという方は多くいるので換金サービスを使っている方は多くいます。

換金サービスなんてあるんですね!
換金サービスを使う際には会社によって特徴があるから自分に合ったサービスを見つけることが重要だぞ!

d払いのデメリットとは?

d払いのデメリットとしてあるのが、使い始めると、クレジットカードと同じ感覚で使い過ぎてしまうというのがあります。
d払いの仕組みは、携帯電話の使用料金と同じタイミングに銀行の口座から引き落とされていく仕組みになっているので、使い過ぎて自分が想像していたよりお金が引き落とされていたというのは多くあります。
ポイントが貯まりやすくなることはメリットですが、使い過ぎで手持ちのお金が減らないように注意が必要です。
他のデメリットでは、ドコモのユーザーしか使えないというのがあります。ソフトバンクやauではd払いというサービスを使うことはできません。しかし、他のキャリアでも独自の決済サービスがあります。
今回の記事では、ドコモユーザーに特化しているので、他のキャリアを利用している人は注意が必要です。
しかし、他のキャリアの人でもドコモのポイントを利用すること、貯めることはできるので、勘違いなどを避けるためにも注意が必要です。
d払いは、200円未満の支払いではポイントが貯まらないという特徴があります。
そのため、コンビニで200円もいかないぐらいの買い物で、d払いで支払ってもポイントは貯まらないので注意が必要です。
dポイントの反映が遅いというデメリットもあります。このギャップは注意が必要で、自分は多くポイントを持っていると思っていても、実際はそこまでポイントが加算されていないことが多くあります。
遅れて反映されていることがあるので、落ち着いてチェックするのが重要です。

d払いのdポイントは現金化できる?

ドコモのd払いで現金化するのは簡単で、方法が2つあります。1つはギフト券買収サイトを利用するというのがあります。
この方法は、iTunesカードを、購入して現金化するという方法です。
iTunesカードは、ドコモのd払いで支払うことで、購入ができます。
その購入したiTunesカードをギフト券買収サイトで換金します。サイトによって即日換金できるのか、どのくらいの換金率なのかなど異なるので注意が必要です。
基本70-80%の換金率で、そこまで損するような換金率でもないので、ポイントの使い道がないという人には現金化がおすすめです。
もう一つの方法は、携帯決済現金化サイトです。
このサービスはキャリア決済現金化を専門にしています。換金率が低いというデメリットしかなく、60-70%の換金率になっています。
さらに、即日の現金化には対応していないのか、リードタイムが長くなるので、ギフト券買収サイトと比較すると劣るという特徴があります。
注意点としては、詐欺に近いような会社もいくつかあります。
そのため、サイトの口コミなども気にしながら換金サービスを選ぶのがおすすめです。

ギフト券買収サイトの現金化の方法とは?

d払いの現金化の方法はシンプルです。ギフト券買収サイトか、携帯決済現金化サイトを利用してサービスを受けられます。
どちらも多くの会社がサービスを提供しているので、自分にぴったりなサイトを見つける必要があります。即日入金に特化しているのか、換金率が高いのかなど、人それぞれニーズが異なるので事前の調査は必須になります。
ギフト券買収の場合は、d払いでiTunesカードやAmazonのギフト券などを購入する必要があります。その場合、d払いで利用できるdポイントで支払いしても構いません。
購入が完了したら、換金サイトで手続きに進みます。方法は、簡単で自分の情報を登録したら自分が購入したiTunesカードのコードをメールで送信するという方法です。その前に、換金された金額を入金するための口座も必要になるので、口座番号などの入力も必須になります。
メールで、iTunesカードのコードを送信すると、換金後の金額が振り込まれます。
1000円のiTunesカードで80%だと800円になるので、お得なサービスです。
サイトによっては即日入金されるケースもありますが、2日、3日後というケースもあります。

現金化って思っていたよりも簡単なんだね
簡単ではあるけど、サイトの選び方や、手数料、換金率が異なってくるので自分に合っているサイトを見つけるのがおすすめだぞ!

携帯決済現金化サイトでの現金化方法とは?

携帯決済現金化サイトでの現金化方法は、換金率がとにかく悪いというデメリットがあります。4000円のものをd払いで購入しても60%の換金率というケースがほとんどです。
また、サイトによっては詐欺のような行為をしている会社も多くあるので、携帯決済現金化サイトを利用する際は注意が必要です。
しかし、どうしても現金が必要な方や、クレジットカードの決済がという方には現金というのは貴重になります。
本当にそのタイミングで現金が必要なのかなどを考えたうえで、決めていただくのがおすすめです。
携帯決済での現金化の場合は、商品などを購入してからそれを売却して現金を得る仕組みになっています。そのため、換金率が低いということがあります。購入するものも価値が大きく異なるのと、iTunesカードのように相場が一定ではないためです。
この携帯決済での現金化は他のキャリアサービスでも対応しています。
今回はドコモのd払いの現金化を紹介しましたが、ソフトバンクやauのどちらの競合会社も同じように携帯決済の現金化が可能なので、d払いが使えないキャリアの人でも費用ができます。

ギフト券買収サイトの人気サービス

ギフト券買収サイトにはいくつかの人気のサービスがあります。ギフトグレースというサービスは、このギフト券買収サイトで一番の人気サービスで、キャリア専門のサイトよりも1.5倍の金額で現金化してくれるので、とても人気のサービスです。さらに、振り込みまでのスピードが最短で20分という即入金と、振り込みの手数料がかからないというメリットもあります。特に、初回の換金率がとてもお得です。2つ目はアマプライムという換金サービスです。このサービスは全ての電子ギフト券を現金化することができるという特徴があります。
換金率も、そこそこ高いので他のサイトでは、換金できないギフト券を持っているという方にはおすすめのサイトです。こちらも振り込みの手数料はかからないので、気軽に利用ができます。
べストレートも人気のギフト券買収サイトになります。キャリアごとに特化しているポイントがあるので、自分のキャリアと当てはまっていると、お得に換金することが可能となります。
振り込みスピードも最短で40分と、他のサイトよりは劣りますが、こちら安心で詐欺などの心配のないサービスになっていますので、おすすめです。
Air GiftはAmazonギフト券の現金化をはじめてスタートさせて老舗のサイトになります。
老舗になるので、かなりの安定感があるのと、利用者も多く、気になる入金のシステムも最短で20分と十分なサービスになっています。
初めて現金化をする人で、安心して取引したい人におすすめです。
買取本舗も、人気の現金化サービスで、24時間、365日営業しているという特徴があります。
Amazonギフト券の換金率も87%と高く、いつでも現金が必要になったら換金できるというのがかの買取本舗のメリットです。
どのサービスも、基本即日入金に対応しており、最短で20分など、早いところははやくに現金を獲得できるので、自分のニーズに合ったサイトを選択して取引するのがおすすめです。

換金サービスって多くの会社が運営していますね。
多くの会社がサービスを提供しているけど、まれに詐欺をしている会社もあるので、インターネットの口コミや評判もチェックが必要だね!

d払いの現金化で注意すること

d払いで注意しなければいけないことは多くあります。D払いはドコモの携帯料金と紐づいているので、あらかじめ、携帯料金の引き落とし口座に現金が入っていないといけません。もし、口座にお金がなく、引き落としができない状態だと、口座の持ち主の信用問題にもかかわり、ローンやクレジットカードの作成などができなくなります。
自分の信用問題はとても重要で、d払いをしすぎて、現金化ができても、引き落としができなかった時が一番ダメージが大きいので、余裕を持った利用をおすすめします。
換金サイトにはごくまれに詐欺のようなサービスもあります。ポイントでd払いしたが、口座に現金が振り込まれなかったり、高い手数料や入会金などケースはさまざまです。自分はだまされないと思っている人は多くいますが、あらかじめこれらのサイトなどをチェックして多くのユーザーが利用しているサイトを見つける必要があります。利用率や口コミで高評価なサイトは信頼できるので、詐欺などの心配もありません。
注意点としては、サービスによって大きく換金率は異なります。Amazonギフト券の換金率が高いサイトや、iTunesカードの換金が高いサイトなど、それぞれ異なるので自分が換金したいギフト券はどのサイトに特化しているのか、調べておく必要があります。
また、サイトでの初回と2回目の換金率はほとんどのサイトで異なり、2回目になると、換金率が少し、落ちるというサービス内容なので、2回目で少し入金された額が少ないと驚くのではなく、落ちるものだと思っての手続きが必須です。
即日入金のケースもあれば、入金に時間がかかるケースもあるので注意が必要です。基本最短で20分ほどで入金されるケースがほとんどですが、遅いからといってすぐにサイトに連絡を入れるのは控えるのがおすすめです。
最後にd払いには利用制限があります。使えなくなったら一ヶ月の利用限度額をオーバーしていることになるので、注意が必要です。

d払いの上級テクニック

d払いの上級テクニックとして、dポイントカードを利用したポイントの獲得があります。このシステムを利用されば、換金の際もポイントを利用して集められるので、普段の買い物でd払いだけをするのではなく、dポイントカードも提示することで、ポイントを溜められなかったお店でもためられるようになります。
このdポイントカードは、ドコモのキャリアでなくても誰でも発行ができるので、d払いで払う予定じゃなくても、dポイントカードの提示がおすすめです。
また、ポイントカードの他にも、クレジットカード昨日付きのdカードがあります。これは通常のdポイントカードよりも倍のポイントを入手できるので、ギフト券の換金もスムーズに進められます。10000円分のギフトをd払いする際に、5000ポイントも利用できたら実際に支払う金額は5000円になるので、かなりポイントを使ったテクニックはおすすめです。
これらのdカードプリペイドやクレジットカードは作り方も簡単です。プリペイドは特に手続きの必要がありませんが、クレジットカードの発行になると、審査などが必要になります。
この審査はそこまで基準は高くないですが、延滞などが過去に多くあると、発行できないので注意が必要です。

dポイントってすごく便利でお得だね。カードって簡単も作れそうだね!
日々のショッピングでの利用が重要になるので、dポイントなどのポイントの換金を狙っている人はカードの発行は必須だぞ!

まとめ

d払いで現金化にするというのは意外と簡単で、仕組みも理解しやすいです。しかし、隠れたところに、詐欺などの落とし穴があるので、換金サイトを利用する際には、あらかじめサイトの信用度などの確認が必須です。
サイトによって換金率なども異なり、即日入金されることがほとんどですが、されないケースもあるので、十分注意が必要です。
換金率はギフト券やd払いで購入したもので大きくかわるので、自分が購入したものが本当に高い換金率で現金化されるのかのチェックは必須です。また、手数料もかかるのか、かからないのかも無駄な費用を発生させない方法でもあるので、決める際には確認がマストですね。
また、d払いなどdポイントカードなどと工夫して使用することでさらに換金の効率が上がるテクニックもあるので、知識を増やすということで、この記事を読むのをおすすめします。