未成年も作成可能なバンドルカードなら残金の現金化だけでなく即日2万円用意可能!

バンドルカードとは、VISA加盟店であれば利用する事のできるプリペイドカードのことで、インターネット決済にも利用する事が可能です。
知名度は低いものの、クレジットカードのの様に審査を経ず発行可能なので、未成年でも作成する事が出来ます。
また、一度バンドルカードにチャージした残金を返金することは出来ませんが、現金化業者を使用する事で現金化可能で、「ポチっとチャージ」を利用すればバンドルカードの残金がなくても最大で2万円を用意することも出来る様になります。

そもそもバンドルカードって何?未成年でも作成可能って本当?

バンドルカードとは、クレジットカード会社であるVISAが発行するプリペードカードの事です。
プリペイドとは「前払い」という意味がありますが、バンドルカードにチャージした金額以下であれば、クレジット決済と同じ様に利用する事が出来るので、インターネットで何らかのサービスを購入する時に重宝するでしょう。
また、バンドルカードには以下の様な特徴有したプリペードカードです。

バンドルカードの利用限度額

バンドルカードはプリペードカードなので、利用するにはチャージ必要がありますが、利用限度額が設けられています。

アプリリアルカード
新規発行手数料無料300円
チャージ限度額(1回)3万円10万円
チャージ限度額(月間)12万円200万円
累計チャージ限度額100万円上限なし
残高限度額10万円100万円

バンドルカードには、リアルカードとアプリのものがありますが、アプリの限度額は低めに設定されており、いずれも残高限度額が設けられているのが特徴的です。

バンドルカードへのチャージ方法

バンドルカードへのチャージ方法は、以下の4つになています。

①コンビニ支払い
②クレジットカード支払い
③ドコモケータイ支払い(携帯キャリア決済)
④ビットコイン支払い

この内、ドコモケータイ支払いが出来るのは特徴的で、携帯キャリア決済を利用してバンドルカードへチャージすれば、手元に現金がなくてもバンドルカードを利用する事が可能になります。

バンドルカードの新規作成方法

バンドルカードには、リアルカードとアプリのものが用意されていますが、リアルカードは新規発行手数料(カードの作成料金300円)が必要になっているので、アプリ版のものがオススメできます。
また、アプリ版のバンドルカードの新規作成方法は、以下の5STEPで簡単に発行できるので、審査など面倒な手続きも必要ありません。

アプリ版のバンドルカードの新規作成方法

STEP1.アプリのインストール(AppleStoreもしくはGooglePlay)
STEP2.インストール後アカウント作成
STEP3.登録情報の記入(ID、パスワード、電話番号、メールアドレス)
STEP4.登録後送信されたメールで本登録
STEP5.バンドルカードの発行(アプリ内)

アプリ内でバンドルカードが発行され、チャージする事で利用することが可能です。
また、即日発行されるので、直ぐにプリペイドとして利用可能なので、発行した時点でバンドルカードを利用した現金化も行えます。

バンドルカードは未成年でも発行可能

昨今では様々なインターネットサービスが普及していますが、利用するサービスによってはクレジット決済しか利用できない場合があります。
そのため、サービスを円滑に利用すには、クレジットカードが必須となっていますが、クレジットカードを発行するには年齢制限(18歳以上、65歳・70歳未満など)が設けられているので、高校生の様な未成年が利用することは出来なくなっているのです。
加えて、収入、勤務先等といった審査を通過する必要があるので、即日クレジットカードを発行することは出来ません。
しかし、バンドルカードであれば、年齢制限や収入といった審査は一切ないので、未成年は勿論、主婦やアルバイト、無職といった人でも、スマホ(フューチャーフォンは不可)さえあれば誰でも利用する事が出来るのです。
ただし、バンドルカードの発行は未成年でも行えますが、入会には保護者の同意が必要となっています。

バンドルカードの残金の現金化って可能?その方法とは?

クレジットカードの様な審査が不要で、即日発行することも可能なバンドルカードですが、チャージした残金を返金する事は可能なのでしょうか。

バンドルカードの残金は返金出来る?

バンドルカードの残金は、「基本的に」返金することが出来なくなっています。
そのため、一度バンドルカードにチャージした場合、残金は使い切らなければならなくなっています。
使う予定があればバンドルカードの残金の利用価値はありますが、使う予定がなければ意味がありませんが、以下の方法を利用すれば、バンドルカードの残金を現金化する事が可能となっています。

①クレジットカードの現金化業者を利用する
②amazonギフトカードの現金化業者を利用する

バンドルカードの残金を現金化する方法①クレジットカードの現金化業者を利用する

クレジットカードの現金化業者を使えば、バンドルカードの残金を現金化することが可能になります。
まずは、ショッピング枠の現金化に対応しているクレジットカード現金化業者を探しましょう。
その後、利用するクレジットカード現金化業者を見つける事が出来たら、バンドルカードの残金の現金化を申込みますが、その際には

・名前
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・身分証明書

等の個人情報を求められます。
また。バンドルカードの残金を現金化する流れは

1.バンドルカードの残金の現金化申込み
2現金化手続きと本人確認
3.キャッシュバック付きの商品の購入
4.指定した金融機関への入金

とうい流れになっており、バンドルカードの残金の現金化までに申込みを含めて1時間程度必要になりますが、即日現金を用意することが可能になっています。

バンドルカードの残金を現金化する方法②amazonギフトカードの現金化業者を利用する

バンドルカードの残金を現金化するには、amazonギフトカードの現金化業者を利用する方法もあります。
そのためにはまず、バンドルカードの残金でamazonギフトカードを購入しなければありませんが、その前にamazonでの決済方法でバンドルカードを追加しておくようにしましょう。
バンドルカードの残金を現金化する大まかな流れとしては以下の様になります。

1.amazonの決済方法でバンドルカードを追加
2.Eメールタイプのamazonギフトカードを選択
3.バンドルカードの残金で購入可能なamazonギフトカードを購入
4.購入後登録しているメールアドレスにamazonギフトカードのコードが送信される
5.amazonギフトカードの現金化業者に現金化の申込み(名前、住所、電話、メール、身分証明書の提示が必要)
6.現金化申込後問題がなければamazonギフトカードのコードを業者に送信
7.amazonギフトカードのコード確認後指定口座に入金

実際に入金されるまでの時間は、利用するamazonギフトカードの現金化業者によって異なりますが、1時間程度で入金されるケースが多くなっています。

バンドルカードの残金でamazonギフトカードを購入する際の注意点①1円オーソリ

amazonの決済方法にバンドルカードを登録すると、初めて利用する際には一旦1円の決済が行われ様になっており、バンドルカードの残金から1円差し引かれます。
「1円オーソリ」と呼ばれるものですが、登録したバンドルカードが本当に使用できるものなのかを確認するための作業なので、時間が経てば返金されるようになっています。
しかし、バンドルカードの残金が1万円の場合、一度残金が9,999円になってしまうので、直ぐに1万円分のamazonギフトカードが購入できないので注意しておきましょう。
そのため、バンドルカードの残金で即日現金化を行いたい場合は、バンドルカードの残金を1万円以上にしておくことをオススメします。
※amazonギフトカードの現金化業者でバンドルカードの残金を現金化する場合、申込み金額が1万円を下回ると買取率が低下しするので、1万円以上の申込みの方がお得となっています。

バンドルカードの残金でamazonギフトカードを購入する際の注意点②amazonギフトカードの大量購入

バンドルカードの残金を返金することが出来ないのであれば、現金化することに違法性を感じる人がいるかも知れませんが、バンドルカードの残金でamazonギフトカードを購入事自体には全く問題はありません。
しかし、amazonの利用規約において、amazonギフトカードの現金化は利用違反になっているので注意が必要です。
ただし、amazonギフトカードを現金化したかどうかは、amazon側が調べることが困難になっているので、仮にamazonギフトカードを現金化してもバレる可能性は低いでしょう。
とは言え、amazonギフトカードを大量購入するような行為は、現金化を疑われる原因となってしまうので、避けたほうが無難だと言えます。

未成年がバンドルカードの残金を現金化することは可能?

バンドルカードの残金を現金化する方法は

・クレジットカードの現金化業者を利用する
・amazonギフトカードの現金化業者を利用する

以上の方法がありますが、未成年がバンドルカードの残金を現金化する場合、クレジットカードの現金化業者を利用する方法は利用できなくなっています。
何故ならば、多くのクレジットカードの現金化業者では、利用の際の年齢制限が設けられており、未成年が利用できなくなっているからです。
また場合によっては未成年でもクレジットカードの現金化業者を利用する事が出来ますが、未成年でも利用できるようなクレジットカードの現金化業者は、悪質な営業を行っている可能性が高いので、利用しないほうが無難なのです。
一方、バンドルカードの残金でamazonギフトカードを購入してamazonギフトカードの現金化業者を利用する方法ですが、これらの同様に「古物営業法」及び「青少年保護育成条例」によって禁止されています。
そのため、未成年がバンドルカードの残金を現金化したいのであれば、amazonギフトカードを購入して「ヤフオク」や「モバオク」等の年齢制限のないオークションサイトを利用する方法をオススメします。

バンドルカードの残金がなくても現金化出来る裏技

バンドルカードの残金で現金化する方法は

・クレジットカードの現金化業者を利用する
・amazonギフトカードの現金化業者を利用する

がありますが、勿論バンドルカードの残金が残っていない状態だと、現金化を行うことが出来ません。
しかし、以下の様な方法をりようすれば、手元に現金化がなかったとしてもバンドルカードの現金化が行えるようになっています。

携帯キャリア決済を利用してバンドルカードの残金をチャージする方法

バンドルカードのチャージ方法には、携帯キャリア決済を利用するものが用意されています。
この方法を利用すれば、現在手元に現金がなかったとしても、バンドルカードの残金をチャージする事が出来るので、現金化することが出来ます。
ただし、バンドルカードの携帯キャリア決済は、ドコモだけに対応しており、auやSoftbankのスマホでは利用できなくなっています。
また、アプリのバンドルカードの1回のチャージ限度額は3万円で、月間のチャージ限度額は12万円になっているので、それ以上の現金化は行えなくなっています。

ポチっとチャージを利用してバンドルカードの残金をチャージする方法

バンドルカードには、後払いでチャージする事が出来る「ポチっとチャージ」というサービスが新たに追加されました。
このサービスを利用する事ができれば、手元に現金がなかったとしてもバンドルカードの残金をチャージする事が出来るので、現金化することも可能になります。

ポチっとチャージの限度額

「ポチっとチャージ」を利用してバンドルカードの残金にチャージ出来る金額の上限は、最大で2万円となっています。
2万円を超えて新たにバンドルカードにチャージすることは出来ず、かつ再びチャージするにはポチっとチャージで利用した金額を返済する必要があります。
そのため、少額の現金化しか出来なくなっているので、その点は踏まえて利用するようにしましょう。

ポチっとチャージの返済期限

ポチっとチャージでバンドルカードの残金をチャージした際の返済期限は、利用した月の翌月末となっています。
例えば、4月10日に利用した場合の返済期限は、翌月の5月31日となっており、月をまたがって再びバンドルカードの残金をチャージすることは出来なくなっています。
返済方法は、アプリ内の「支払い」→「ポチっとチャージ」支払いタブ→「支払い方法」→コンビニ・銀行ATM(ペイジー)での支払いとなっており、分割やリボ払いには対応していません(一括支払い)。
そのため、チャージ上限が設けられているものの、利用の際には計画性をもって利用する事が求められます。

ポチっとチャージを利用する際に必要なもの

バンドルカードの申し込みが終わっているのであれば、ポチっとチャージ際に必要なものはありません。
スマホにアプリがインストールされていれば利用できるので、難しい手続きを経ることなく、バンドルカードの残金をチャージし現金化することが行なえます。

ポチっとチャージを利用する際の注意点

ポチっとチャージを利用すれば、手元に現金がなくてもバンドルカードの残金にチャージする事ができ、現金化することが可能ですが、利用する際には手数料が必要となっています。
ポチっとチャージの手数料は、3000円~1万円で500円、1万円以上~2万円で800円となっており、一般的な金利手数料と比べると高金利になっているので、借入れするよりも損をしてしまいます。
加えて、バンドルカードの残金で現金化を行った際には、どの方法を利用するにしても様々な手数料が必要になってしまうので、利用しやすい反面でデメリットが有ることは念頭に入れておくべきでしょう。

普段使いしているのであればバンドルカードの残金で現金化するのもアリ

バンドルカードの残金で現金化する方法は、決してお得な方法とは言えませんが、審査等が不要で即日現金化することも可能なので、普段からバンドルカードを利用しているのであれば、現金化するのもアリだと言えます。
ただし、あくまでも少額の現金での利用に留めて、高額な現金化するのであればその他の方法を利用するのが良いでしょう。
また、未成年がバンドルカードの残金を現金化する方法は、amazonギフトカードを転売する方法しかなく、転売先もオークション等限られる点は注意しておきたい点となっています。