クレジットカード現金化で注意しなければならない悪徳詐欺被害!

Pocket

クレジットカード現金化って、いつでも比較して簡単に行うことが出来るから、この厳しい社会を生き抜くテクニックなのかもしれません。

消費者金融では総量規制の問題もあり、なかなかキャッシングの借り入れも出来なくなってしまった人たちもいれるようです。

でも、クレジットカードの現金化において、悪徳な詐欺に引っかかるかもということを警戒して利用しなければなりません。

現金化業者を利用したから悪徳な詐欺にあってしまったということも起こるようです。

クレジットカード現金化業者の詐欺被害

実際にクレジットカード現金化を利用して詐欺被害にあったという人たちはいます。

クレジットカードの現金化で業者を利用すれば、あなたはまずクレジットカードのショッピング枠を使用して商品購入の手続きを踏むことになります。

普通なら商品買取またはキャッシュバックという方法で現金化に成功出来るはずです。

突然業者と連絡を取ることが出来ないで詐欺に気付かされることがあります。非常に単純な詐欺ですが、結構クレジットカードの現金化業者では起こりうる詐欺被害です。

現金化業者の情報抜き取り詐欺

あなたはクレジットカード現金化を早く済ませたいから現金化業者のいいなりになり、クレジットカードの番号や暗証番号を教えてしまうということも起きてしまうかもしれません。

クレジットカード現金化の方がオレオレ詐欺よりも安易に騙せると思っているのではないでしょうか。なぜならあなたがお金を即欲しいと思っているからです。

実際にクレジットカード現金化に必要なのは商品購入の決済だけです。サイトで購入する場合は決済オンリーで、情報が盗まれることがあります。

ですからどうしても利用したいという人たちは決済するページが暗号化されているものか確認など行うといいでしょう。決済するページのURLがhttpのままでは通信している状態が開放されて非常に無防備状態です。

そのようなとき、 httpsになっているかしっかりチェックする必要があります。

現金化代行詐欺

クレジットカード現金化業者は、ひょっとしたらクレジットカード現金化業を代行しますと申し出くるかもしれません。

そのようなとき、あなたは便利だから任せてしまおうと思うかもしれないですよね。しかしそのような業者も詐欺の可能性が充分あります。

このようなクレジットカード現金化業者詐欺が実際にあるので、利用すれる人たちは呉々も注意しなければなりません。

クレジットカード現金化業者詐欺被害にはあわないために、甘い顔は見せず、カード情報は絶対に人に渡さないという意識が必要です。

現金化業者は振り込め詐欺犯人かも

実際にクレジットカード現金化に近い方法で振り込め詐欺の手口も横行しているので注意をしなければなりません。このような場所で、振り込め詐欺は存在せず、振り込め詐欺はもっぱら高齢者狙いでしょうと言えば、そうではなく詐欺者たちはいろいろ手口で、善良市民に仕掛けてくることになります。

キャッシュバックで、一度利用者を信用させて、利用する人たちの欲求に更につけ込んで行けば、このような詐欺は、切羽詰まって余裕が無い利用者を簡単に騙すことが出来るでしょう。

ただし、どのようなクレジットカード現金化業者も、詐欺をする悪徳業者といえば、そうではあります。

実際にみなさんがインターネットでよく見かける露出度の高い現金化業者は、安全に現金化業をしてくれる業者と見ていいでしょう。

ほとんどのクレジットカード現金化業者は安心して利用出来る業者です。それでも、みなさんは、現金化を利用するにあたり、注意を決して怠ってはならないです。

クレジットカード現金化で自分まで逮捕

クレジットカード現金化の悪徳業者は逮捕されて当然ですが、同時に利用している人たちも逮捕されてしまうのでは……と思っている人たちも少なくないのではないでしょうか。

実際に、インターネットでもいろいろなことが言われていますが、クレジットカード現金化を利用しただけで利用した人たちが逮捕されることはありませんので安心してください。

ただし、問題は別にあり、クレジットカード現金化を利用した人たちも、クレジットカード会社の利用規約に対して規約違反と見なされるケースがほとんどなので注意が必要です。

ですから、クレジットカード会社に事態が発覚してしまえば、会員の資格が抹消されてしましょう。クレジットカード利用停止の措置になってしまう可能性があります。

クレジットカード現金化だけを目的として、商品は要らないという発想を持ってしまうことで、違法な融資と見なされてしまうこともあるので注意が必要です。

もしも黙認されているということがあれば、それは、商品売買をしっかり行っているケースです。そうでない方法で商品の受取を拒否してしまえば、違法な融資という見られ方をして、業者も逮捕されて、利用している人たちも警察から取り調べを受けるという事態に発覚してしまう可能性も充分考えることが出来ます。

実際に、クレジットカード現金化をしている人たちが逮捕されるということはないと考えてはいいですが、潔白ということではなく、クレジットカード現金化には、多少グレーゾーンがあると考えた方がいいでしょう。

ですから、尚更、クレジットカード現金化には慎重になる必要があります。

クレジットカード現金化業者逮捕の実態

実際に、クレジットカード現金化業者が逮捕された例など見てみましょう。実際に、テレビなど見ていてこのような事件が報道されることもありませんので、本当に稀な事件とは見ていいですが、逮捕者ゼロということではありません。

2011年には、キャッシュバックスという悪徳業者が、出資法違反で逮捕された例があります。

この業者に対して言えば、クレジットカードの不正利用などしていたということなので、完全にアウトです。

しかし、この事件がおきて業者全体厳しい監視下に置かれるようになったともいうことが出来ます。

2012年には、エフマネージメントという業者が、脱税で告発されている事件が起きてします。同時には、法定利息の30%~40%以上の手数料を取っていたということも発覚することになります。エフマネージメントという業者も悪徳業者であることは間違いありません。

段々と、クレジットカード現金化業者に対して厳しい目が向けられたのは、闇金業者がクレジットカード現金化という方法を取り入れるようになったからです。

闇金業者もなかなか無茶な行為は出来ないご時世です。そのような悪徳業者が、法的にはグレーなクレジットカード現金化という方法を取り入れようとしたのでしょう。

最近では、ソフト闇金業者の数も増えて、甘い顔をして貸し出しをし、高い利息でガンガンに厳しい顔をして取り立てを行う業者ばかりではありません。

以前、消費者金融にはグレーゾーンが存在して、その範囲内で貸し出しすることは黙認されていました。いま、消費者金融ではそのような行為は禁止されていますが、ソフト闇金業者は、そのようなグレーゾーン範囲の貸し出しをしていたりします。プラスしてリスクを最小限に留めるために、小口貸し出しを専門に行っています。非常にソフトな感じですよね。

そのようなソフト闇金業者にとってクレジットカード現金化は有効的方法として使われてしまったようです。

このような悪徳業者に対して厳しい監視網が引かれたことで、業者のクリーン化も進んだということが出来ます。現在、みなさんがインターネットでお店の情報を見つけて利用しても、ほとんど安全圏の業者です。

クレジットカード現金化紹介屋の逮捕スレスレのあきれた行為

最近では、このようなものも少なくなって来たのかもしれないですが、以前は新聞の折り込みチラシに「金利2%」などの超低金利を謳う広告をいくつも見つけることが出来した。借金をしている人たちは焦り、なんとしてもお金が欲しいと思うものの、金利の重大さに対しても肌身を感じていることでしょう。

実際に借り入れた額を返済する計画性程度のものは持っていたのかもしれませんが、金利が高くて、どんなに支払いを続けても一向に元金が減らない事態に遭遇してしまうことになります。

先の見えない返済生活へと追いやられてしまうのは、計画性のなさからでなく、金利のせいだったのかもしれません。そのような人たちにとって、「金利2%」というのは非常に甘い罠です。

何か怪しいと思うものの、それでもやっぱり電話を一度してみようというモチベーションは生まれてしまうのかもしれません。

クレジットカード現金化紹介屋の手口は、 ありえないほどの超低金利を謳った広告を新聞の折り込みやチラシに出すことです。

電話がかかって来たら、悪徳業者はお客様から個人情報を聞きだそうとします。生年月日、住所、電話番号、更に、年収、借金の額、借りている消費者金融の名前など聞いてくれば、怪しいと思った方がいいでしょう。

そして、個人情報を聞いたあと、「ここでは貸し出しはすることが出来ないけど代わりに貸し出しをしてくれるところを紹介しますよ」と言って来ます。

「向こうに話を通しておくので」……という言い方をして、上手くまとめている感じがありますが、別に、相手の業者に紹介をしているという訳ではありません。「ウチの紹介だということは呉々も言わないようにしてください」……などと言われれば、これが紹介屋の実態です。

紹介した場所で融資することが出来れば、融資受けた額の40%近くの無茶な額を要求してくることになります。最悪なのは、低金利どころか、高金利で借り入れするハメとなり、更に紹介屋に対して紹介料の支払いまでしなければならないことです。

しかし、実際にそのような紹介屋に対して、お金を支払いする義務は私達にはありません。

とはいうものの、そのような事態に直面して、断ることが出来る人たちがどの程度いるのでしょうか。

借り入れしたいという人たちにも、少なからず弱みが存在し、悪徳業者には、その弱みが握られて利用する人たちは抵抗出来なくなってしまうのです。

現金化業者詐欺被害とともに整理屋にも注意

クレジットカード現金化を繰り返し、借金が膨らんでしまえば借金を一本化出来れば……という思いも債務者によぎるでしょう。

そこで、整理屋という悪徳業者の存在にも私達は、注意をしなければなりません。

おまとめローンを利用することが出来ればいいですが、利用している金額が大きい程審査基準も相当厳しくなって来ます。整理屋なら、甘い声で、一本化を求めている人たちに寄り添ってくるでしょう。

保険救済制度に加入するので保険料を払う必要がある、融資枠を取るための手数料がいる……などと言って、様々な名目で数十万円の金を要求して来ます。

あなたが、借金に対して悩みを持つと借金の悩み相談窓口を利用したいと思うかもしれませんが、借金の悩み相談窓口は、悪徳業者が装っているかもしれませんのでここにも注意が必要です。

クレジットカード現金化業者のホームページには、紹介屋に対して注意をしましょうと良識的に掲載していることもあります。

まとめ

いかがでしょうか。クレジットカード現金化業者には、悪徳詐欺の被害も起こっているので出来るだけ使用しない方がいいでしょう。

それでもどうしてもお金が必要なことがあります。そのようなときはしっかりリサーチして、悪徳詐欺に引っかからないような注意をする必要があります。

クレジットカード現金化業者の悪徳詐欺の被害、更に紹介屋、整理屋の存在にも注意しましょう。