クレジットカード現金化を自分でできる方法があるってホント?どの方法が良いのか比較する基準を知ろう

クレジットカード現金化を行う際には、専門の現金化業者を通さなければならないわけではありません。なぜなら、クレジットカード現金化を自分でできる方法は複数存在していて、実際に業者を使わない方法で換金している人が少なくないからです。しかし、既に多くの人に知られているように新幹線回数券をクレジットカード決済にて駅の自動券売機で購入し金券ショップへ持ち込む方法は、クレジットカード会社から換金目的による不正使用という疑いをかけられかねません。では、クレジットカード現金化を自分でできる方法の中から、どのようにして自分の目的に合った現金化方法を探せば良いのでしょうか。

クレジットカード現金化を自分でできる方法は自らの手でクレジットカード決済を行う点が重要

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を使って買い物を行った結果として得られた商品またはサービスを換金処理することにより現金を手に入れられます。翌月一括払いまたは2回払いで支払える範囲内の買い物ならばどのクレジットカードを使用しても違いはありません。しかし、3回払い以上の分割払いを行う場合には、分割払い手数料が発生し、リボルビング払いを行う場合にもリボ払い手数料が発生します。そこで、クレジットカードを使った現金化を行う際には、いかに総返済額を下げつつ手元に得られる現金を多くするかという点がポイントです。業者を使わない現金化方法ならば、現金化業者へ支払う手数料が必要ないことから、本来は高換金率が期待出来ます。ただし、自分でできる方法には多種多様な手法があり、換金率にも大きな違いがあるからこそどの手段を採用すれば良いのか判断してから実行に移さなければなりません。換金手法の中でも実現可能性が高いものとして、以下の5種類に分類すると自分に合った現金化方法を探しやすくなります。

売却する商品をクレジットカード決済にて購入する

最も典型的なクレジットカード現金化方法として、売却する商品をクレジットカード決済にて購入し、買取店または古物商へ直接持ち込むことにより業者を使わないまま現金化する方法です。先に買取率を調べた上で購入する商品を選ぶことになるので、換金率に固執しすぎると同じ商品ばかり何度も購入することになりかねません。1枚のクレジットカードにて購入する商品に偏りが出てしまうことは、クレジットカード現金化を行っているとクレジットカード会社に疑われる原因となりやすいです。よくある方法として、以下の現金化方法が該当します。

・ブランド品購入
・ゲーム機購入
・家電製品購入

身近な所で手持ちのクレジットカードを使って購入可能な商品ならば、仕入れを手軽に行うことが出来るので家電製品のように店舗ごとの価格競争が激しい商品ほど仕入れ価格を下げられます。売却する商品を直接クレジットカード決済にて購入する際には、家電製品に詳しくタイミングが良ければ購入商品にプレミア価格が付くことが珍しくありません。

特典狙いでクレジットカード決済によるサービス購入を行う

クレジットカード決済により購入出来る商品のうち、キャッシュバック特典付き商品と呼ばれるタイプを購入すれば、商品が手に入るだけでなくキャッシュバックも受け取れます。単純に商品を購入して買取店へ売却するだけでは、中古品買取という扱いとなるために換金率が下がってしまいがちです。そこで、買取に出せる商品を購入するだけでなく、キャッシュバック特典が付いている商品を購入していれば買取率が低くてもキャッシュバック金額と合わせれば高くなります。クレジットカード現金化業者が行っているキャッシュバック方式に近いですが、身近な所では家電量販店にて家電製品を購入する際に利用可能です。家電量販店には、現金値引きを行っている企業よりもポイント還元施策を展開している企業が売上高では多くなっています。例えば、同じ商品を購入しても20%ポイント還元があれば、購入代金のうち20%は次回の買い物で使用できるわけです。似たような買取率と金額の家電製品を5つ購入することで会計を分ければ6つ目は実質無料で購入出来る計算となります。買取率を計算する際には、特典を加味した総合的な換金率で選ぶことが重要です。

金券類をクレジットカード決済で購入すれば換金しやすい

商品券や金券類は、かつての新幹線回数券やギフト券といった換金率が高く換金性があるとクレジットカード会社から認識されています。新幹線回数券は今でもクレジットカード決済による購入は可能ですが、ギフト券の多くはクレジットカード会社により換金性が高いという理由で購入不可とされている状態です。しかし、全ての金券類がクレジットカードにて購入出来ないようになっているわけではなく、例外的にクレジットカード決済購入なタイプが存在します。

・JCBが直接発行したクレジットカードに限りJCBギフト券を購入可能
・amazonギフト券を公式サイト経由で購入すればクレジットカード決済可能

代表的なものは上記2点ですが、実際にはJTB旅行券や地方の百貨店商品券といった一部の金券ショップにて買取可能なタイプの商品券もあります。金券類や商品券を直接クレジットカードにて購入出来ない場合には、複数枚を束ねて販売している通販サイトを利用して購入することにより、クレジットカード決済にて目当ての商品券や金券が購入可能です。

通貨そのものをクレジットカード決済で購入する

現金化を自分でできる方法の中でも全てを自分でコントロール出来る方法として、通貨そのものをクレジットカード決済にて購入するという方法があります。法定通貨を同じ法定通貨で購入することは、記念コインや希少硬貨といった場合を除いて出来ません。法定通貨はそもそも等価交換の原則が適用されるので、外国通貨との間で行われる為替取引を除いて、同一の法定通貨は売買対象とはならずにあくまでも両替という形が求められます。近年注目されている法定通貨以外の仮想通貨ならば、海外取引所経由で購入することにより、仮想通貨をクレジットカード決済にて購入可能です。仮想通貨を購入する際の手数料は安いので、日本国内に存在する取引所では金融庁によりクレジットカード決済による購入は潰されていますが、海外では規制されている国を除いて自由に購入出来ます。仮想通貨には、法定通貨と等価交換が保証されているペッグ通貨と呼ばれるタイプが存在しているので、ビットコインのような相場により価値が変動する仮想通貨を選ばずにペッグ通貨を購入すれば目減りしません。換金率は海外取引所を経由して日本国内の取引所にて現金化する際の手数料と、翌年支払う確定申告時の雑所得に基づく税金です。

電力やサーバーといった別のものを購入して稼ぐ

自分でできる方法の中には、クレジットカード現金化を仮想通貨のマイニングによりリアルタイムで稼ぐという方法があります。仮想通貨の取引に欠かせないマイニングと呼ばれる演算処理は、取引内容の正確性を検証するために高性能コンピューターにより演算が行われている状況です。ブロックチェーン技術により取引情報が新たなブロックとして繋がる際に、ハッシュ値が一致するかどうかのチェックを行います。コンピューターリソースを多く消費するからこそ、演算報酬として解析した仮想通貨を受け取れるわけです。日本国内では電気代が高くマイニングを行うと赤字が大きくなるので、海外の格安レンタルサーバーを借りてマイニングプログラムを走らせれば仮想通貨を得られます。電気代が安いことで有名なエストニアやフランスといった国に設置されているレンタルサーバーを複数借りて仮想通貨をマイニング報酬として得れば、日本国内の取引所にて必要額を現金化可能です。実質的には電力をクレジットカードにて購入してマイニング報酬を仮想通貨という形で得てから日本国内に持ち込み現金化することになります。

自分でできる方法はクレジットカード決済履歴の管理次第でリスクが変わる

現金化業者を使わずに自分でできる方法のみで行うことは、クレジットカード会社へ換金目的でクレジットカードを利用したことがバレないように注意する必要があります。なぜなら、クレジットカード現金化は換金目的でのクレジットカード利用を禁止した会員規約違反となるからです。クレジットカードは会員制を採用しているので、法律の範囲内で会員規約を定めていればクレジットカード会社の裁量権の範囲内として扱われます。合法であってもクレジットカード会社側で会員として相応しくないと認定されれば、利用停止や強制解約されても会員制である以上は文句を言えません。ただし、強制解約については個人信用情報機関へ公平性を保つために理由が記録されるので、他のクレジットカード会社に対しても影響が出てしまうことがあります。では、クレジットカード会社はどのようにして現金化を行っている事実を調査しているのでしょうか。

クレジットカード決済は全てカード会社によりシステム監視対象となっている

クレジットカード決済を行った利用履歴は、全てカード会社が独自に開発した監視システムによりリアルタイムでチェックされています。クレジットカード決済は膨大な取引が自動的に行われているので、クレジットカード会社の担当者が目視チェック出来る数を遥かに上回っている状況です。そこで、クレジットカード会社ごとに過去の取引履歴から独自の判断基準により、目視チェックが必要な取引履歴のパターンを登録しています。現金化業者は過去にクレジットカード会社へ勤務していた人を引き抜いて独自のノウハウを蓄積しているからこそ、監視システムに引っ掛からないギリギリの取引額と取引方法を知っているわけです。業者を使わないままクレジットカード現金化を行う際には、一般的なクレジットカード使用方法から逸脱した使い方をしない程度に現金化を留めておく必要があります。目立つ取引を繰り返してしまうと、熟練のチェック担当者による目視チェック対象となりやすく、細かく取引履歴を確認されてしまうために現金化の事実が露呈しやすいです。自分でできる方法の範囲内で行うならば、同じ商品を短期間に複数購入しないといった基本的な対策を考えておく必要があります。

目立った買い物を行うとクレジットカード会社からのチェックが入る

日本国内で行われているクレジットカード決済の量は、海外と比較すれば少ないものの身近な所ですぐに買い物が出来る環境からクレジットカード決済総数は既に膨大です。膨大な決済データを基にしたビッグデータ解析を行うことにより、人間行動学に基づいた統計モデルを逸脱したクレジットカード決済のみに着目して目視チェックに回せば不正使用を見つけやすくなります。クレジットカード会社にとっては、本来ならカード利用額が多くなるほど利益が大きくなるので、海外のクレジットカード会社では現金化に対して寛容です。日本国内のクレジットカード会社のみが全社揃って現金化を禁止している背景として、日本国内では一括払いと2回払いという金利手数料無料で使える取引が全体の過半数を占めているからです。海外では残債に応じたリボルビング払いが一般的であって、カード決済手数料が低くてもリボ払い手数料で十分に収益が出ます。一方、日本国内ではクレジットカード決済手数料が海外と比較して数倍と高くなっており、その分だけポイント還元が充実している状況です。このため、破綻リスクを抱えているクレジットカード現金化を許容すると、クレジットカードの使い方を学校教育に導入していない日本人は使いすぎてしまうリスクを抱えています。このため、クレジットカード会社ではクレジットカード不正利用を撲滅するための一環として、他の利用者と明らかに異なる買い物をしているクレジットカード利用者のみ集中的にチェックを行っているわけです。

換金率だけに固執するとクレジットカード会社に見つかりやすくなる

クレジットカードにて購入した商品を買取店へ持ち込み売却すると、品物ごとに換金率に大きな違いが出ることが分かります。買取率が低い商品は50%程度の換金率にしかならず、買取率が極めて高いプレミア価格が付く商品ならば120%も夢ではありません。一般的には70%~90%程度の買取率となりますが、換金率が高い商品を購入して売却していると買取価格が低い商品には目もくれない状況となりかねません。つまり、換金率だけに固執しすぎると、気が付かないうちに同じ商品ばかりを購入し続ける結果となり不自然な取引を行ってしまうわけです。例えば、以下の商品のうちどの商品ならば繰り返し購入してもクレジットカード会社に現金化がバレないか考えれば分かりやすいです。

・ブランド品
・新幹線回数券
・amazonギフト券
・冷蔵庫

上記4種類はクレジットカード会社から見た時の例ですが、最も複数回購入した時に不自然となるのは冷蔵庫です。冷蔵庫は7~13年程度の使用が想定されているので、何台も続けて購入したら不自然極まりないことになります。また、新幹線回数券については大人1人が1ヶ月に使える枚数に限りがあり、家族旅行を安くあげるためという理由ならば回数券が使えない大型連休を避けなければなりません。クレジットカード会社が不正利用を最も疑いやすい監視対象チケットとなっているので、同じ回数券を購入する際に頻度を考えなければなりません。一方、ブランド品やamazonギフト券については1人で毎月購入している人が一定数いるため、同一価格の商品ばかりを継続して購入していない限りは何ら問題ないと考えられます。換金率だけに固執せずに、クレジットカード利用状況が不自然となりすぎないクレジットカードの利用が望ましいです。

現金化業者を使わない度合いが安全性に直結する

現金化業者を使わない方法で現金化する際には、自分でできる方法を使うために第三者の手を借りる必要が無いからこそ待ち時間が少なくなりやすいです。しかし、クレジットカード現金化を行う際に完全な個人間売買のみで現金化しようとすると、詐欺被害に遭いやすいという問題点を抱えています。なぜなら、法人相手ならば基本的に所在地が明らかで商品持ち逃げをされてしまうリスクは少ないからです。フリーマーケットやネットオークションといった方法により現金化すれば、商品仕入れ時のみクレジットカード決済を行うだけで良いもののある日突然連絡が取れなくなるという事態が発生しやすくなります。現金化業者の中には、古物商として買取業務専門部署を設けていることがあるので、買取店としてのみ利用できないか検討すると現金が入金されないというリスクを回避出来ます。

全てを自分でできる方法は購入明細を詳細に管理しなければならない

クレジットカード現金化を業者を使わないまま行う際には、クレジットカード明細票を毎月保存するだけでなく何を購入したのか別に購入明細を詳しく記入して保管しておく必要があります。なぜなら、1枚のクレジットカードに対して購入した商品が重複すると、不正利用をクレジットカード会社から疑われてしまうからです。

・購入商品
・購入商品の利用目的
・購入金額
・使用したクレジットカード
・購入日

という5つのチェックポイントを常にクレジットカード番号別に管理しておくことで、不自然なクレジットカード決済を予防することが出来ます。例えば、一眼レフカメラを2個購入した場合ならば、複数台購入でもさほど目立ちません。なぜなら、一眼レフカメラはレンズやオプション装備の違いにより同一のカメラであっても異なる利用目的で使用することが出来るからです。一方、冷蔵庫を複数台購入することは、不自然なクレジットカード決済と考えられるのでクレジットカード会社から電話連絡が入ることを想定してすぐに電話に出られる状態にしておかなければなりません。自宅と実家用といった明確な理由を即答出来れば問題ありませんが、3台目の購入は絶望的だと考えられます。1世帯に1つしか無いはずの家電製品を購入する際には、現金化の手段として使わないことが理想です。どうしても品薄で買取率が高い商品を購入してプレミア価格狙いをしたい場合には、複数枚のクレジットカードを使用して分散して購入しなければなりません。

売却時のみ業者を使う方法ならあくまでも買取店としてだけ業者と付き合える

クレジットカード決済により購入した商品は、買取依頼を行うことで現金化が出来るので買取業者を使うことは一般的です。クレジットカード現金化業者の中には、古物営業許可を取得して古物商として買取業務を専門的に行う部署を設けていることがあります。屋号だけ別ブランドとして営業している場合が多いので、クレジットカード現金化業者を使っていないつもりであっても、実は買取店がクレジットカード現金化業務も行っていたというケースが増えている状況です。よくある例として、amazonギフト券買取を専門店へ依頼する際には、amazonギフト券買取専門業者かどうか確認しておく必要があります。なぜなら、クレジットカード現金化業者がamazonギフト券買取業務を行っている場合には、実質的に現金化業者を使っていることになるからです。自分でできる方法としてamazonギフト券売却といった一般的な金券ショップでは買取してもらえないギフト券を売却する時には、売却時のみ業者を使わなければならないことがあります。

20%の手数料を高いと見るかどうかが分かれ道

業者を使わないクレジットカード現金化を行う理由は、現金化業者を使った時にかかる手数料が勿体ないと考えていることが多いです。クレジットカード現金化業者に支払う手数料には、消費税10%が含まれているので合わせて15%~25%という現金化手数料についても業者選びと取引額次第で上下します。自分でできる方法により現金化を行えば、目減りする割合を減らせることが多いからこそ業者を使わない方法にメリットがあるわけです。また、現金化業者を使わない方法ならば本人確認書類を提示するのは古物商としての買取店に対してのみとなるので、個人情報保護の観点からもメリットがあります。クレジットカード現金化を自分でできる方法に限定して行う際には、いかにして換金時に発生する減損割合を低く出来るかがポイントです。現金化業者に支払う20%の手数料が高いかどうかを考慮した上で、現金化を行う方法として業者を使わない手段の中からどの方法を選択するか決めると満足度が高まります。

業者を使わないクレジットカード現金化ならどの方法が適しているか 換金額1万円~10万円

業者を使わないクレジットカード現金化を行う際に最もメリットが大きいのは、換金額が少ない1万円~10万円の範囲内と考えられます。なぜなら、クレジットカード現金化業者は営利目的で現金化事業を行っているので、少なくとも利益が得られる程度の還元率に据え置いているからです。換金額が少ないほど換金率を下げて、肝金額が多くなるにつれて段階的に換金額を引き上げる方法を採用しています。人件費や手作業が多い現金化業務では、少額取引を多数行うよりも多額の取引1回の方が遥かに利益が得られるからです。このため、自分でできる方法で現金化した時に現金化業者を使った場合と比較して、遥かに換金率を引き上げられるという特徴があります。換金額1万円~10万円という範囲内ならば、多少手間をかけてでも換金率の高さを狙って必要な金額を確保することが望ましいです。少額の現金化では、換金率の高さと継続性のバランスを考えた上で現金化方法を選択する必要があります。

第1位 ゲーム機本体を購入して転売

ゲーム機本体の販売価格は定価ではなくあくまでもオープン価格となっていますが、新機種発売から暫くの間はゲーム機本体が品薄になることはゲーム好きなら誰でも知っていることです。子供に欲しいとせがまれて探しても目当てのゲーム機が売っていないことを経験している人ならば、中古店で販売されている新品同様品を探し回ったことがある人もいるはずです。販売店よりも高い価格で売られているゲーム機を見た時に、それでも購入してしまう人がいることを考えれば、ゲーム機本体の買取価格が新品販売価格を上回っていても不思議ではありません。品薄状態にあるゲーム機を予約購入または抽選購入して、買取店へ持ち込むと買取店での再販価格が3割増しならば、買取価格も新品販売価格より1割増しであっても納得出来ます。ゲーム機本体の発売時期にもよりますが、現金が必要となったタイミング次第ではゲーム機買取価格が品薄と人気度合いにより換金率100%超えも珍しくありません。注意点として、ゲーム機本体を何台も購入する際にはクレジットカード会社から電話問い合わせが入ることがあるので、家族にせがまれてという理由や親戚の子供にプレゼントするためという理由を即答することで誤魔化せます。ゲーム機本体は1人1台保有していても珍しくはないからこそ、理由を名言出来るなら数台は購入しても問題ありません。

第2位 電子マネー払いで購入してから返品

キャッシュレス決済を普及するために日本政府がICカード決済も視野に入れた普及促進を行っていることから、各種電子マネー払いも都市部では広がっています。電子マネーには支払いとチャージという2種類の機能がありますが、全ての対応店舗で支払いは出来てもチャージに対応している店舗は少ないという状況です。チャージに対応していない店舗では、電子マネー払いで購入した商品の返品については現金払いにて対応するしかありません。1度支払い購入した商品を返品することで現金にて返金してもらうことが出来れば、換金率100%という状況が実現出来ます。しかし、電子マネー払いによる返品は換金率100%というメリットがあるものの、次の2つの点についてデメリットが含まれます。

同じ店舗で繰り返し返品しづらい

電子マネー払いで購入した商品の返品は、店舗にとって電子マネー払いのキャンセル手続きが手間となるので、何度も返品をする人に対して電子マネー払いによる決済そのものを拒否することが出来ます。同じ店舗で繰り返し返品すると威力業務妨害とされかねないために、少額を1回限りで行える程度と考えなければなりません。

電子マネーにはチャージ上限があるので高額商品は購入出来ない

電子マネーにはそれぞれチャージ上限金額が定められているので、2万円迄の金額しかチャージ出来ないSuicaでは3万円の商品を購入出来ないわけです。
・Suicaは2万円がチャージ上限
・WAONは2万円のチャージ上限を設定により5万円にまで引き上げられる
・楽天edyとnanacoはチャージ上限が5万円

数万円という範囲内でチャージ上限が決められているからこそ、少額の現金化についてのみ有効な方法だと考えられます。

第3位 旅行券を購入して転売

ギフト券の多くがクレジットカード決済にて購入出来なくなっていて、一部の例外的な金券を購入するしかありません。しかし、旅行券については旅行代金及び提携店でしか使えないという利用範囲の狭さから、クレジットカード決済にて購入出来る旅行券があります。家族へ旅行をプレゼントしたいけれども行き先は自由に選んで欲しいと考えている場合に使いやすいからこそ、旅行券を使った現金化は換金率が90%~95%と高く効率的だと考えて良いです。

業者を使わないクレジットカード現金化ならどの方法が適しているか 換金額11万円~50万円

クレジットカード現金化を行う際に最も利用頻度が高い換金額として、11万円~50万円という範囲が想定されます。実際に消費者金融や銀行カードローンへの申込時に記入する希望利用限度額として10万円以下を希望する人はほとんどおらず、大半は20万円~50万円程度の範囲内です。では、自分でできる方法としてどのような現金化方法が現実的なのでしょうか。ある程度の金額を現金化出来る方法でありながら、換金率もそこそこ高いというバランス重視で選ぶ必要があります。

第1位 amazonギフト券を購入して転売

amazonギフト券買取専門店が増えていることから、全国どこに住んでいてもamazonギフト券買取をEメールタイプのみ行うことが出来ます。自宅に居ながらにして買取依頼が出来るからこそ、amazonギフト券転売は手軽な方法と考えられます。買取専門店を使った転売の場合ならば、買取率85%程度が一般的ですが、自分でできる方法として個人売買市場へ出品して売却すれば92%前後での転売が可能です。個人売買については一部詐欺を働く個人や集団がいるので、取引時に利用可能ならばエスクローサービスといった方法を使うことも視野に入れる必要があります。

第2位 家電製品を購入して買取店へ持ち込む

家電製品の中には買取価格が安定している一眼レフカメラやApple製品があるので、家電製品の買取率80%以上を目指すなら高額買取商品リストを作成して家電量販店で相対交渉を行う方法があります。最終的に買取店へ持ち込むことになるので、先に買取店が公表している高額買取品リストを入手してから家電量販店へ出向くと効率的です。しかし、買取価格は新製品発表のタイミングと重なると即座に値崩れしてしまうので、ある程度家電製品に詳しい人のアドバイスがなければリスクを多少抱えることになります。運が良ければ品薄商品を中心として買取率が購入価格を上回る100%超えとなる可能性を秘めています。家電製品を買い取る方法で現金化を行う業者の中には、高額買取可能な商品について問い合わせに応じている所があるので、事前に高額買取可能な商品の型番を問い合わせておくと役立つはずです。

第3位 クレジットカード購入した商品を後日返品する

クレジットカード購入した商品は、クレジットカード決済の仕組み上として売上票がカード会社へ送信されるのが日付を跨いでからとなります。商品を購入した日に返品依頼をしても、現金による返金は行われずにクレジットカードの利用可能枠が後日戻るだけという状態です。そこで、クレジットカードを使った商品購入時に渡されるレシートに記載されている返品期限を確認した上で、翌日以降に再度来店しての返品依頼を行うことで現金による返金を受けることが出来ます。同じ店舗へ日をまたいで2回訪れる必要があるので、時間と手間はかかりますが換金率は100%となるメリットがあります。

業者を使わないクレジットカード現金化ならどの方法が適しているか 換金額51万円以上

多額の現金が必要となった時に業者を使わないクレジットカード現金化をしたいなら、クレジットカード会社からある程度目をつけられてしまうという点を考慮した上で現金化を行う必要があります。具体的には、クレジットカード会社から電話問い合わせを受けても正当な理由や使用目的を明確に回答出来る内容が望ましいです。事実を正確に伝えるだけに留めておき、クレジットカード会社からの問い合わせに対しては現金化したという部分だけ伏せることが出来れば堂々とクレジットカードを使用したと言い張ることが出来ます。

第1位 ブランド品を購入して転売

ブランド品を購入して転売する方法ならば、高級ブランドバッグは軽く50万円を超えて中には100万円超えという商品も珍しくありません。1回の買い物で多額の現金化をしたい場合には、1点のみ高額商品を購入して転売するという方法ならばクレジットカード会社からの問い合わせに対しても明確にどの商品を購入出来ます。注意点として1点110万円以上のブランド品を購入する際には、あくまでも自分で使うためまたは家族のうち誰かが使うためという理由にする必要があります。なぜなら、110万円以上のプレゼントを第三者へ行うことは、贈与税支払対象となるのでクレジットカード会社から税務署へ通知されると面倒だからです。

第2位 amazonギフト券経由で商品を購入して転売

amazonギフト券を購入する際に、チャージタイプを選択することによりamazonアカウントへ直接チャージされます。amazonギフト券を毎月購入している人は多いですが、自分のアカウントへ登録したという証明をamazon側でクレジットカード会社へ行ってもらえるのでクレジットカード会社からの問い合わせがあっても恐れる必要がありません。amazon内で販売されている商品を転売する手間さえかければよいので、金額が大きな現金化を業者を使わない方法で行いたいなら適した方法だと考えられます。一旦自宅へ商品を届けてもらい保管する必要があり、家電製品を購入商品として選ぶ場合には初期不良交換を伴うので、転売時に動作確認有無を明記する点を忘れないようにする必要があります。嵩張る商品よりも小型で高単価な商品から選んでおけば、転売時の配送が楽になるはずです。

第3位 仮想通貨を購入して現金化

クレジットカード会社が問い合わせ出来る範囲を超えた使い方として、仮想通貨を海外取引所経由で購入して国内の取引所へ持ち込み現金化する方法があります。日本国内の取引所ではクレジットカード決済による仮想通貨購入が既に出来なくなっているので、海外取引所を使うことにより合法的な現金化が可能です。注意点としては、海外取引所は基本的に英語力を必要とするので、取引に必要な範囲で英語によるやり取りが出来ることが求められます。また、日本国内の取引所へ持ち込む時点迄に、クレジットカードの海外事務手数料や為替変動による影響を受けるので、数%の誤差が換金時に発生しやすいです。

自分でできる方法の中からクレジットカード現金化を安全性重視で選ぶならどれ

自分でできる方法の中から安全性重視でクレジットカード現金化方法を選ぶなら、どのような方法が適しているのでしょうか。ポイントとなるのは、クレジットカード会社から追求されるかどうかという点です。クレジットカード現金化は、どのような方法を採用していても最終的にクレジットカード会社にバレなければ利用停止リスクや強制解約を防げます。クレジットカード会社が使用履歴をどこまで追えるのかという点を考慮して、クレジットカード会社が追跡できるかどうかを基準にして安全性を判断すると分かりやすいです。

第1位 amazonギフト券経由で商品を購入して転売

amazonギフト券をクレジットカード決済で購入する際にチャージタイプを選択すれば、amazonアカウントへ直接チャージされるので誰かに引き渡したということはありません。クレジットカード会社か使い道を聞かれた時にも、amazonギフト券をチャージタイプで購入したと答えれば十分です。amazonへクレジットカード会社が問い合わせても、個人の取引情報についてはクレジットカード決済による直接購入ではないため回答義務が無く本人の同意無しに購入商品については開示することはありません。amazonブランドのクレジットカードを使用した場合のみは、情報連携の度合いが強い可能性があるので同一商品の購入を避ける方法を追加する必要があります。

第2位 電子マネーを使って購入した商品を返品

電子マネーへクレジットカード経由でチャージすれば、電子マネーをどのように使用したのかという点まではクレジットカード会社が追求出来ません。そもそも電子マネーにはチャージ上限が設定されているので、取引額がさほど大きくならないことから、電子マネーを使って購入した商品の返品程度ではクレジットカード会社からの問い合わせ自体がほとんど無いわけです。唯一気をつけなければならない点として、電子マネー発行会社と同じグループ会社が発行しているクレジットカードを使った場合には、電子マネー使用履歴が筒抜けとなるので返品を繰り返していることが簡単に露呈します。WAONならばイオンカード、楽天edyならば楽天カード、nanacoならばアイワイカードといった具合に電子マネーへチャージする際には同一グループ内でのクレジットカード経由でのチャージは危険です。

第3位 旅行券を購入して買取店へ売却

旅行券を購入する際にクレジットカード決済を行うことは、旅行券が一般的な商品券とは異なり汎用性がさほど高くないために買取店へ売却しても余程多額でなければバレることはありません。年に1回程度海外旅行を行っているならば、旅行券購入額が海外旅行金額程度であっても不審に思われることは無いはずです。なぜなら、旅行券をどのように使っているのかはクレジットカード会社には分からないので、旅行券の使い道までは詮索されないからです。

自分でできる方法の中からクレジットカード現金化をスピード重視で選ぶならどれ

業者を使わない方法でクレジットカードを現金化しようとすると、手間と時間がどうしても現金化業者を使った場合と比較してかかりやすいです。そこで、自分でできる方法の中からスピード重視で現金化する方法を知っておけば、現金化業者を使った場合と同様に最短即日で現金化を行えます。平日ならば銀行口座へのオンライン入金という方法が早く、土日ならば買取店へ直接商品を持ち込むという方法がスピードを重視する際に有効です。業者を使わない方法であっても当日中に数時間あれば現金化出来ることを知れば、必ずしも現金化業者を使わなくても問題ないと分かります。

第1位 amazonギフト券を購入して転売市場へ売却

amazonギフト券Eメールタイプを購入して、転売市場で直接売却すれば詐欺リスクはあるものの最短1時間で現金化出来ます。実際に売れるかどうかはamazonギフト券の額面を1万円や5万円といった売却しやすい金額で分散して行っているかどうかが重要です。多額の現金化を行う際には、取引に関するやり取りが増える点さえ厭わなければ早期に現金化出来ます。amazonギフト券買取専門店へ最初から売却する場合と比較して、スピードと買取率のバランスを考えて転売市場への売却をするか決めることが望ましいです。

第2位 新幹線回数券を購入して買取店へ持ち込む

昔ながらの自分でできる方法として、新幹線回数券を購入して金券ショップへ持ち込むという方法ならば、少なくとも92%以上での買取をその場で行うことが出来ます。1冊のみの購入ならばクレジットカード会社からのチェックに引っ掛かる可能性は低く、2冊購入する際には自動券売機を避けてみどりの窓口を利用して窓口決済を行うことが望ましいです。なぜなら、みどりの窓口ならば合計金額で決済が出来るので、旅行代金の支払いと同じ扱いでクレジットカード会社の監視システムからは見えるからです。みどりの窓口にて旅行チケットを手配中にクレジットカードを使うことは一般的であって、その都度クレジットカード会社から問い合わせが行われていたのでは困ります。自動券売機とは異なり対面販売時には、多額の新幹線回数券購入時にJR駅員から利用上の注意点と期限について質問があるので、不正利用をJR側も警戒していることが分かります。同じ金額の新幹線回数券を購入する場合であっても、窓口での対面販売ならばクレジットカード会社の監視システムに引っ掛かりにくくなります。

第3位 ブランド品を購入して買取店へ持ち込む

ブランド品の買取額を先に確認しておけば、正規販売店にてクレジットカード決済による購入を行いすぐに買取店へ持ち込めば買取してもらえます。買取店はブランド品正規販売店の近くにあることが多いので、先に買取店を訪ねて仕入れたい商品を聞いておくことが出来れば話が早いです。クレジットカード会社がブランド品正規販売店に対して何らかのペナルティーを与えることは考えられないので、買取店としては正規品をすぐに仕入れてきてくれる優良顧客という考え方となります。地方在住者にとってはブランド品販売直営店と買取店が近くにあるわけではないので、交通費分だけ余計にかかる点だけ注意が必要です。

クレジットカード現金化を業者を使わない方法で行うなら換金額・安全性・スピードのバランスで決めよう

クレジットカード現金化業者を使わない方法で行いたいなら、換金率を方法次第では現金化業者を使うよりも高めることが出来るというメリットがあります。しかし、換金率だけに着目するとクレジットカード会社の監視システムへ引っ掛かりやすくなるというデメリットを考慮した上で、安全性や換金スピードとのバランスを考慮した上で現金化方法を決めなければなりません。自分でできる方法は10種類以上あるので、最も自分に合った現金化方法はどれなのか、実行に移す前にバランスを重視して検討した上で決めれば納得した換金が出来ます。