クレジットカード現金化は業者に頼まないと出来ないの?自力でも出来る裏ワザがあった

クレジットカード現金化は、専門業者に任せることでリスクを回避しつつ素早く現金を手に入れることが出来ます。しかし、自力でも出来る裏ワザが無いのかと気になっている人が少なくないはずです。そこで、クレジットカード現金化に関する裏ワザについて、どのような手法があるのかチェックしてみましょう。

クレジットカード現金化は専門業者に依存しない裏ワザがある

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を使った商品またはデジタルデータの購入により、後から現金化を行うことで一定のロスが出るものの額面の80%~90%程度の現金を入手する方法です。売買契約が基本となるため、カード会社からは通常のショッピング決済とのみ認識されれば良いのであって、必ずしも現金化業者を通さなければ現金化出来ないわけではありません。では、どのような方法ならば裏ワザ的にクレジットカード現金化を個人でも行えるのでしょうか。ポイントとなるのは、次の2点を同時に満たすことが出来るかどうかです。

カード会社の監視システムに引っかからない手法が裏ワザとなる

クレジットカード現金化は、明確な法律違反とはならないケースが多いですが、カード会社の利用規約には明らかに反するので発覚した時点でクレジットカード利用停止と強制解約は避けられません。カード会社は常時クレジットカードの不正利用を監視する独自ノウハウを持っていますが、日々のクレジットカード決済量は多いのでシステム監視によりチェックしています。システム監視に不正利用の疑いありと考えられる取引についてのみ、目視チェックを行ってクレジットカード現金化を見抜いているわけです。少なくともカード会社の監視システムに引っかからない手法ならば、クレジットカード現金化の裏ワザとして使えます。

通常の買い物とカード会社が認識すれば良い

カード会社から見た時に通常の買い物と認識される決済内容ならば、販売店へ問い合わせる程度で調査は無事に終了します。現金化業者は販売店を兼ねているために、現金化業者を通すと上手く誤魔化してくれるためにクレジットカード現金化の事実を悟られずに済むわけです。クレジットカード現金化を個人で行う裏ワザでは、販売店の協力が得られないので、カード会社にとって通常の買い物と区別がつかない使い方をすれば十分に通用します。まずはカード会社の監視システムに引っ掛からないことが重要ですが、いざ目視チェックとなっても通常の買い物と認識してもらえればペナルティーは無いわけです。

金券ショップや買取店に直接売却出来る物をクレジットカードで購入する

クレジットカード決済で購入した商品は、不要になったら自由に処分出来ると考えている人もいますが、本来は完済するまでは所有権がカード会社にあります。このため、食品や消耗品といった物以外は、返済不能に陥った時にカード会社により引き上げが行われる可能性があるわけです。本来ならば持っているはずの商品を持っていなければ、他人物売買として詐欺罪に問われるリスクがあります。カード会社としても回収不能に陥らないように、システム監視により換金しやすい商品の購入履歴は常にチェックしています。

新幹線回数券は繰り返し購入するとカード会社にバレる

新幹線回数券は、金券ショップで高価買取を行ってもらえるので、路線によっては換金率が95%に達することがあります。このため、カード会社はシステム監視に新幹線回数券購入を含めているので、近年は新幹線回数券購入によるクレジットカード現金化は裏ワザとして使いにくい状況です。しかし、現金化を目的とせずに自分で乗車する目的で購入することは有り得ます。そこで、勤務先及び勤務先の支社がある駅と自宅駅を結ぶ区間の新幹線回数券のみを購入するという方法ならば、カード会社の目視チェックに引っ掛かっても何ら問題ありません。
例えば、群馬県前橋市に住んでいて勤務先が埼玉県さいたま市大宮区や浦和区にあるならば、自宅と勤務先を結ぶ区間にある高崎~大宮間の新幹線回数券なら不自然ではありません。月に6枚綴の回数券を2セット程度ならば、クレジットカード現金化とは無関係に使っていても不思議では無いわけです。ただし、クレジットカード決済にて通勤定期券を購入していると、乗車券と特急券セットの新幹線回数券購入は不自然となるので、裏ワザを使えるのは定期券購入を現金で行っている場合に限られます。また、東京~新大阪間の新幹線回数券は、大阪に勤務先の支社がある場合だけでなく1往復は指定席券をクレジットカード決済にて購入してからにするといった利用実績を作った上での利用なら月に2セット程度まで裏ワザとして使えます。

ブランド品購入は購入履歴を付けて管理すれば裏ワザになる

クレジットカード現金化を行うためにブランド品購入を行って買取店へ持ち込む場合には、同一商品を決して買わないという点が裏ワザとして使うポイントとなります。ブランド品は換金率が高い商品として認識されているので、男性がクレジットカード購入する際には注意しなければなりません。自分で使うために購入するとは考えにくい商品を繰り返し購入すると、クレジットカード現金化を行っていると疑われてしまいます。そこで、ブランド品購入を行う場合には、購入履歴を記録した上で決して同じ商品購入をしないことがポイントです。つい換金率が良いブランド品のみを集中買いしやすいですが、集中買いをしても問題ないのは個人事業主やビジネス向けのコーポレートカードのみとなります。ブランド品購入から買取依頼を行う方法によるクレジットカード現金化は、購入履歴管理を行うという裏ワザを使えば現金化手法の1つとなります。

ヤフオクのかんたん決済を自分で2アカウント使って差額を手に入れる

購入履歴をカード会社がチェックするという点は、販売店へいざという時にチェックを入れるという部分からカード会社にバレてしまいます。しかし、クレジットカード決済はシステム会社が提供しているだけであって、実際のオンラインショップの販売店が全て管理しているとは限らない点を裏ワザとして使えます。具体的には、商品の売買契約をクレジットカード決済で行う際の売り手と買い手を両方共に自分が行えば、手数料を引いた差額を現金化可能です。

ヤフオクで2つのアカウントと接続環境を用意出来ればかんたん決済を裏ワザとして使える

ヤフオクには、出品者と落札者という2つの売買関係者がいるので、出品者と落札者を両方共に自分で行えばかんたん決済によりクレジットカード決済が可能です。以前はヤフオクのかんたん決済には手数料が必要でしたが、システム改正により自動車やオートバイといった特定カテゴリー以外の取引についてはかんたん決済手数料が無料となっています。ヤフオクで自己取引を行うことになりますが、ヤフオク側から同一人物と見られてしまうと残念ながらかんたん決済により売上代金受け取りを拒否されてしまう点に注意が必要です。ヤフオクで2つのアカウントを使い分けてかんたん決済によるクレジットカード現金化は、裏ワザを使うために2つのアカウントを完全に独立させておく必要があります。

2つのアカウントを完全独立させるためのチェックポイントとは

出品者と落札者のアカウントは、別人物という認識がされている場合に限り、かんたん決済による自己取引でクレジットカード現金化が可能となる裏ワザです。
①PCで出品者登録を行い固定回線からのみアクセスを行う
②落札者はスマートフォン経由で行うWi-Fi接続を切って出品者と同一プロバイダー経由でのアクセスを防ぐ
③出品・入札・落札・かんたん決済を行う際には、時間にタイムラグを設けて同一人物と悟らせない
まるでチャットをしているかのような流れる手続きが行われると、ヤフオク側から見ても同一人物と疑われる原因となってしまいます。

海外取引所経由で仮想通貨をクレジットカード決済購入して現金化する

最低限の英語力があれば、海外取引所経由で仮想通貨をクレジットカード決済により購入する裏ワザが使えます。日本国内の取引所で現金化する必要があるので、別途現金化するためにコインチェックやbitflyerといった国内仮想通貨取引所に対しても口座開設をしておく下準備が必要です。

海外取引所経由で仮想通貨を購入して日本国内の取引所で現金化する

金融庁による仮想通貨取り締まりが厳しいので、日本国内の取引所では残念ながらクレジットカード決済による仮想通貨購入は出来なくなっています。しかし、海外の取引所や両替所としてBINANCEやChangellyを利用すれば、仮想通貨の購入が可能です。VISAとMASTERブランドのみ仮想通貨購入に使えるという点に注意し、海外取引所で購入した仮想通貨を日本国内の取引所で扱っているビットコインやイーサリアムといった主要仮想通貨として持ち込めます。日本国内の取引所では、指定した預金口座への出金手続きを行えば現金化出来るので、海外取引所で仮想通貨購入さえ行っておけば、いつでも日本国内の仮想通貨取引所で現金化可能です。

仮想通貨を購入して現金化する裏ワザは購入する仮想通貨に注意

海外取引所にて購入可能な仮想通貨ならば何でも良いわけではなく、あくまでも相場が安定している仮想通貨または法定通貨による担保が付いたペッグ通貨と呼ばれる仮想通貨が望ましいです。なぜなら、仮想通貨の値動きは法定通貨とは異なり乱高下がいつ起きても不思議では無いため、現金化を行うまでのタイムラグが長いほど現金化時の価格に違いが出るからです。現金化したい金額が決まっているなら、ペッグ通貨への交換を済ませて現金化のタイミングまで寝かせておくと安心出来ます。

時間を掛けても良ければ海外のレンタルサーバーを契約して仮想通貨のマイニングを行い現金化する

現金化のタイミングが1週間から1ヶ月先の場合や、現金化率を100%以上としたいなら、海外のレンタルサーバーを契約して仮想通貨をマイニングするという裏ワザがあります。仮想通貨の価値が乱高下するというリスクはありますが、クレジットカード経由での投資といつでも回収可能な現金化を両立させる方法です。

仮想通貨のマイニングは電気代が安ければ有利になる

仮想通貨を直接海外の取引所で購入するだけでは飽き足らないならば、レンタルサーバーで仮想通貨のマイニングを行うといった方法があります。日本国内ではレンタルサーバー代の方がマイニングにより得られる仮想通貨の額よりも高くなるので割に合わないです。しかし、例えば電気代が安いリトアニアにあるTime 4 VPSというレンタルサーバーならば、CPU負荷率を85%程度に制限するコードを入れてマイニングさせれば、安定したマイニングによりレンタルサーバー代を上回るマイニング結果を得られます。Minergateというマイニングプールを活用すれば、どの仮想通貨によるマイニングが効率良いのか自動的に判別出来るので、マイニング結果を最大化可能です。VPSサーバーならば2週間~1ヶ月程度に数多くのサーバーレンタルを行うことで、一気にマイニング成果を稼ぎ出せます。後から日本国内の仮想通貨取引所へ資金移動させれば出金処理出来るので、好きな時に現金化出来るわけです。

仮想通貨マイニングならあくまでもクレジットカードはレンタルサーバー代を払うだけ

マイニングに時間は掛かるものの、カード会社から一切文句を付けられない仮想通貨マイニングという裏ワザならば、あくまでもクレジットカードで払っているのはサーバーレンタル代だけです。サーバー設定に多少知識は居るものの、海外仮想通貨取引所を使える程度の英語力があれば何ら問題ありません。クレジットカード現金化を計画的に行いたいけれども、カード利用停止が怖いと考えているならば、投資も兼ねた仮想通貨マイニングという裏ワザも選択肢に入れてみると良いです。すぐにクレジットカード現金化したいなら海外仮想通貨取引所で直接仮想通貨を購入し、時間をかけても良ければ仮想通貨マイニングと使い分けが出来ます。

クレジットカード現金化は裏ワザを使えば自分でも出来る

クレジットカード現金化を行うために現金化業者を使うと、いまいち信用出来ないといった理由があるならば、自分でも出来る裏ワザを使って現金化を行えば全てをコントロール出来ます。裏ワザの中にはリスクを含んだ方法もあるので、あくまでも自己責任の範囲で行うことになりますが、カード会社の考え方や調査方法を考慮した上で慎重にクレジットカード現金化を行えます。クレジットカード現金化は専門業者を使わなければ出来ないものではなく、個人で行うためには裏ワザ水準の慎重な運用が求められるわけです。