クレジットカードの料金を滞納したらどうなる?考えられる影響と対処法を解説

クレジットカードを1枚でも持っていれば、通常は手が出せない高額商品も購入することができるほか、現金の持ち合わせがないときの急な出費にも役立ちます。また海外旅行やネットショッピングなどにも、なくてはならないものですね。
このような便利さから、ついつい支払いの時に取り出してしまうクレジットカード。きちんと管理して使っていますか?カードを複数枚持っているあなたは、それぞれの引き落とし日までにきちんと入金できていますか?正直、月に一度の明細が送られてきてから慌てだす人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードを使うということは、カード会社に借金をするということです。カード会社はあなたを信用してお金を貸してくれているのだということをお忘れなく。

「今月だけ、支払いちょっと待ってほしい…」

こういった言い分は、カード会社には通用しないのです。
そして、支払いが滞るクセがついてしまうとブラックリストに入ることになりこの先数年間、大変に不便な生活が待っているということもお忘れなく。
この記事では、

クレジットカード料金が払えなくなったらどうなるのか?
どうしても払えないときに取るべき行動とは?
運悪く、ブラックリストに入ってしまった人の今後の対処法について

上記の点をお話していきます。

クレジットカード料金を延滞したら、まず受けるペナルティとは

Aさん「クレジットカードの引き落としにお金を用意できなかった…もうおしまいだ」
Bさん「あ、クレカの引き落としの日を忘れていた、まあどうにかなるだろう」

実際にクレジットカードの料金を延滞してしまっても、Aさんのように悲観して落ち込んでしまう人もいれば、Bさんのように特に問題視しない人もいます。問題視しないのはいけませんが、一回間に合わなかったというだけで全てが終わりという訳でもありません。

クレジットカードの引き落とし日までに指定の銀行口座にお金を用意できなかった場合、まず『最初のペナルティ』があります。それが『遅延損害金』です。
クレジットカードは、1回払いで使用した場合手数料は発生しませんが、3回払い以上で使用した場合や、リボ払いを選択した際には手数料がつくのはご存じでしょうか。これは、利子などを含む『金利手数料』といったものですが、この手数料は、約束の期日までに支払いがされるという前提で金額が算出されています。
支払いが滞ったということは、この前提が崩れてしまったわけですから、延滞した次の日から遅延損害金が発生します。この金額は日ごとにどんどん増えていきます。なんとなく放置してしまいがちですが、すぐにお金が用意できなくても、なるべく早く行動を取ることが大事になってきます。

クレジットカードのお金が払えない…延滞しそうになったら取るべき行動

クレジットカードの延滞をしそうになった、もうすでにしてしまった場合に取るべき行動は何でしょうか。
その答えは、「カード会社のカスタマーサポートに連絡をする」です。

「支払いが遅れたことがバレたら怒られそうだから連絡したくない…」

こう思ってしまう人もいると思いますが、支払いが延滞したことをカード会社に報告したところで、対応するのはカスタマーサポートのオペレーターです。カード会社の中の人ではないので、怒られることはありませんから安心してください。
なぜすぐに連絡をすることが大事なのかと言いますと、「支払いする意志があることをカード会社に伝える」ことが大事だからです。「支払いの意思なし」「逃げた」とみなされるとこれは一大事で、督促状が来て追われたり、差し押さえを受けたりすることが早まりますので注意が必要です。
連絡する際に大事なのは、入金が遅れた理由をオペレーターに話したり、言い訳をしないことです。

「すいません、ちょっとお金がなくて…」
「お金はあるのに、つい忘れていて…」
「海外にいたので対応できなかったんです…」

つい、自分の事情を打ち明けたくなってしまうのが人情というものですが、カードの返済に個人的な事情は関係ありません。事情がどうであれ、「〇〇年〇〇月分のクレジットカードの料金支払いが延滞した」という記録がカード会社につくだけです。正直なところ、親や友達にお金を借りてでもとにかく期日通りに返済してくれれば、カード会社はそれで良いのです。
カード会社が知りたいのは、「利用者がこれから実際に取れる行動」です。それをしっかりと伝えていきましょう。

いつまでに払えるか
お金がないなら、いくらまでなら払えるか

具体的な日時や金額を伝えていくことが大事です。それを受けて、カード会社は

「〇〇日までに、遅延損害金を含めた金額〇〇円を、引き落とし用の口座に入金してください」

このように指示をしてきます。それに従ってください。
一度の延滞なら、比較的ビジネスライクかつスムーズに手続きが済むはずです。ですがここで注意したいのは、「延滞しても案外平気だった。こんなにカンタンに済むならたいしたことはない」と勘違いして、延滞や滞納を繰り返してしまうこと。たとえ少額でも延滞や滞納を繰り返すと、カードの強制解約になるほか、新規で別のカード会社のクレジットカードを作ろうとしても審査に通らないなどの弊害が出てきますので、延滞はしないように心がけてください。

どうしてもお金が集まらないときは、一時的にリボ払いに変更を

「今月海外に行ってちょっと使いすぎてしまった…!」
「彼女へのプレゼントに奮発してブランド物を買ってしまった。支払いまでにお金が用意できないかも…」

こういったことは誰にでもあることです。そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

「支払いが難しいってわかった時点で、カード会社に相談したほうがいいの?」

これはダメではありませんが、まずは自分でどうにかできる方法を考えましょう。
親や友達にお金を借りるのでも良いです。
同じカードのキャッシング枠でちょっとお金を借りるのも良いです。
それでもダメなときは、返済額の一部をリボ払いに変更してみるのはいかがでしょうか。
今月の返済額が確定する辺りに、カード会社のマイページから手続きができます。取り急ぎはこの方法でしのいでおいて、お金が用意できたらリボの繰り上げ返済をすればピンチは免れます。
クレジットカードを利用していくには、とにかく一度たりとも滞納しないことが大事です。「どうしてもお金がピンチ…」という時は、リボ払いを検討してみてくださいね。

ブラックリストに入ると、他のカード会社のクレジットカードを作ろうと思っても審査に落ちる。その理由は…

皆が恐れている『ブラックリスト』。「ブラリ入り」などと言ったこの言葉がひとり歩きしていますが、実は例えとして言われているもので、実際にはこの言葉は使われていません。
まず、銀行やカード会社といった金融機関が参照している『個人信用情報』というデータベースが存在するのをご存じでしょうか。
『個人信用情報』では、あなたの情報が細かく把握されており、各種金融機関は、私たちひとりひとりの情報を共有しているのです。
情報としては、

氏名
年齢・生年月日
性別
住所

こういった個人情報から、

職業・勤続年数
既婚か、未婚か
年収
持ち家
現在の借入金額
過去の返済履歴(クレジットヒストリー=クレヒス)

上記のような、あなたのお金周りや資産に関係する情報も、全て把握されています。
あなたがカードを作ったり、ローンを組むとき、金融会社は常にあなたの最新の信用情報を参照して審査を通すか通さないのかの判断を下します。

では、ここで言われている『ブラックリスト』。どのような事を起こすと『ブラックリスト』に入るのでしょうか。その答えは『金融事故』です。金融事故になり得るケースは主に、下記のようなものがあります。

3回(3ヵ月)以上、クレジットカード料金やローンの滞納があった場合
クレジットカードを強制解約させられた場合
クレジットカード利用者本人ではなく、代理人(保証会社など)が支払った場合
本人が自己破産した場合

こういった情報は即座に個人信用情報に登録され、共有されます。
仮にあなたがAのカードの滞納を重ねてブラックリストに入り、Aのカードが利用停止になったので、代わりにBのカードを申し込んだとします。ですが、AもBも同じ情報を参照していますので、Bの会社もあなたがAの会社で金融事故を起こしたことはすぐにわかってしまうのです。Bはデータを参照し「あなたに返済能力はない」とみなすので、審査は通らないということになるのです。
ブラックリストに登録されている間は、このように新規クレジットカードは作れないほか、自動車のローンや住宅ローンも組むことはできない、またはかなり制限された状態で組むことになるでしょう。

ブラックリストに入っても大丈夫!5~10年で記録が消えることが多いです

「ブラックリストに入ったかも。一生を棒に振った。もうおしまいだ…」

あなたが金融事故を起こしてしまった場合、もう一生お金を借りることもできないし、家を持つこともできない…と、絶望的な気持ちになってしまうのも仕方ないことです。
ですが、安心してください。一生どうにもならないということにはなりません。

かつては、いちどブラックリストに載ってしまった場合、その記録は半永久的に残るものとされていました。ですが、最近では5~10年で記録が消えることが多いです。
なぜ、以前は消えなかった記録が消えるようになったのかは不明ですが、金融機関にとって借入金の利息はかなりの利益となり、大事な収入源です。お金を借りてくれる人が多いほうが助かりますよね。なので、半永久的ではなく数年のペナルティを科すだけにとどめるようになったのかもしれません。
また、ブラックリストは、借入金を借りたままにせずに早めに返済すれば、その記録も早めに消えることがあります。ブラックリストに入ったからと言って借金は放置せず、しっかり返していくようにしましょう。
ちなみにブラックリストに記録がいちばん長く残るのはダントツで『自己破産』です。これはどう頑張っても、5年以内に記録が消えるのは難しいようです。

ブラックリストに入ってしまったあなたに朗報。強い味方があります!

オンラインゲームやスマホアプリの課金に、ネットショッピング。クレジットカードがないと、できなくなることが案外たくさんあります。ですが、一旦ブラックリストに入ってしまうと、クレジットカードが使えなくなり不便な生活を強いられることになります。

「クレジットカードが使えないなんて…正直詰んだ気がする」

思わず頭をかかえてしまったあなたに朗報です。ブラックリストに入っている人でも作れる、審査なしのカードがあるのです。その名は『Vプリカ』。インターネット専用のVISAプリペイドカードです。実際にクレジットカード本体は発行されない、カードレスのネットサービスなのですが、安心してください。VISAというだけあって

クレジットカードと同様の16ケタの番号
3ケタのセキュリティコード
カード利用期限

これらがきちんと発行されるので、クレジットカードと同じように使えるのです。
カードそのものはないので店舗では使えませんが、ネット上での利用でしたら問題なく使える、すぐれものなのです。プリペイドカードですから先に入金が必要ですが、使いすぎることがなく安心です。ここからは、Vプリカの購入方法を解説していきます。

購入方法

ご自宅から最寄りのコンビニエンスストアで購入できます。購入後は公式サイトでアカウント開設をして準備は完了。購入=入金 なので、すぐに使うことができます。

セブンイレブン(「マルチコピー機」で購入できます)
ローソン(「Loppi」ご購入できます)
ファミリーマート(「Famiポート」で購入できます)
デイリーストア(「サンプルカード」をレジへお持ちいただき、購入できます)
セイコーマート(「サンプルカード」をレジへお持ちいただき、購入できます)

店舗ごとの詳しい購入方法は、公式サイトをご確認ください。

ネットバンキングが使用可能なら、いきなり公式サイトの「アカウント開設」から新規登録をして、ネットで振り込みが完了できればすぐに使うことができます。

アカウント開設時に必要な個人情報

登録画面では、まず

メールアドレス(フリーメールでOK)

を入力し、仮登録のメールを受けます。
その後、そのメールで発行されたURLから本登録にすすんでいきます。
本登録画面では

ログインID
ニックネーム(ローマ字。カードの名義人として使用されます)
名前(本名。ですが名前は表に出てきませんのでご安心ください)
フリガナ
性別
生年月日(生年月日の変更はできません)
居住地(都道府県選択)
郵便番号
ログインパスワードを設定
秘密の質問を選択
秘密の質問の答えを設定

上記の情報を入力して、登録完了となります!
ここで特筆したいのは、ニックネーム。カード名義人として使用されますが、本名である必要がないのです。本当のニックネームでOKなのです。
この点も、Vプリカが利用しやすい点ですね。

使用可能サイト

Vプリカは、支払い方法にVISAマークのあるサービスでしたら利用が可能です。支払い方法を選択する際は「クレジットカード」を選択してください。
Amazonなどの大手ショッピングサイトでも、ゲームサイトでも、音楽・動画・電子書籍のダウンロードにも、LINEにも使えます。
とくに海外のサイトでは、本物のクレジットカードだとデータの漏洩など不安材料がありますが、Vプリカはプリペイドなので被害を受けずに済みます。

このように、クレジットカードが使えなくなっても、Vプリカのように抜け道はかならず見つかります。クレジットカードが使えないからといって、うかつに消費者金融でお金を借りることは、ただでさえブラックリストに入ってしまったあなたの信用を地に落とすことになります。絶対にやめましょう。

クレジットカードを上手に使って良いクレヒスを作り、未来の自身への信用を高めていこう

クレジットカードを使うことは、ただ単にカード会社にお金を建て替えてもらう、お金を貸してもらう…といったことだけではなく、同時にあなたの金融的な信用も作っていくことになる、ということがおわかりいただけたと思います。
つまり、同じクレジットカードを使い続け、同時にコツコツと返済を続けて良好なクレヒスを構築していけば…。
お金を借り続けているにも関わらず、あなたの信用はどんどん上がっていき、限度額やさらにステイタスの高いカード(ゴールドカード・プラチナカード)への扉も開けてくることになるのです。
クレジットカードを滞納することなく返済することは、未来の自分への投資です。決して返済を滞らせることなく、毎月きちっと返しつづけていくことを大事に、お金の管理をしっかりやっていきましょう。