クレジットカードを作れる年齢とは?未成年や学生でも作れるクレジットカードを紹介

2019年10月に、消費税率が8%から10%引き上げられました。この増税で注目をあつめているのが「キャッシュレスポイント還元制度」です。キャッシュレスポイント還元制度をうまく使えば、増税分をカバーできるどころか、逆におトクになるケースも出てきています。
キャッシュレス元年とも言われる2019年からは、現金主義のあなたも恩恵を受けるために1枚はクレジットカードを持っていたいですよね。
もし、あなたが社会人なら明日にでも気軽にカードを作れますが、未成年、そして学生のあなたはどうやったらクレジットカードを手に入れられるのでしょうか。この記事では、クレジットカードを作れる年齢はいくつから?学生でも自分で作れるの?こういった疑問を解決していきます。

キャッシュレスポイント還元制度でいくらトクするの?実例を紹介

キャッシュレスポイント還元制度とは、お近くの対象店舗(※)で、現金ではなく

クレジットカード
デビッドカード
電子マネー
QRコード

これらを使って代金を払うと、ポイントの還元(=返金)が受けられる制度です。この施策は9か月間、2020年の6月まで続けられる予定となっています。
ポイントの還元率は原則として5%となっていますが、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗等では2%を還元することとなっています。これは、店舗ごとに異なりますので確認が必要です。
※対象店舗とは、このステッカーの貼ってある店舗となっています。
キャッシュレスポイント還元制度でいくらトクするの?実例を紹介
詳しくは、経済産業省のサイトなどを確認してください。
では、実際にキャッシュレスポイント還元制度で増税前よりトクをした例を紹介しましょう。
セブンイレブンのセブンカフェ(レギュラー)をモバイルSuicaで購入した例を紹介します。
こちらにレシートがあります。
セブンイレブンのセブンカフェ(レギュラー)
増税前は、Suicaでも100円支払っていたのですが、セブンカフェが軽減税率対象商品であることと、キャッシュレスポイント還元とで支払い金額が98円となり、結果、増税前より安くコーヒーが飲めるようになりました。
こういった恩恵が他の商品でも受けられる可能性がありますので、このタイミングでクレジットカードを作り、キャッシュレス対応の商品はクレジットカードで購入していったほうが、かしこくお買い物ができそうですよね。

クレジットカードを作れる年齢は何歳から?

基本的に、何の制約もなしにクレジットカードを作れる年齢は満20歳以上からです。
クレジットカードとは、利用者にたいする社会的信用にもとづき、利用代金をクレジットカード会社が一時的に建て替えるという仕組みの「後払いシステム」なのです。ですので、基本的に20歳を超えている、社会的に大人とみなされた方以外は、「社会的信用がない」「支払い能力がない」とみなされ、原則としてクレジットカードを作れないことになっています。この、年齢や職業、支払い能力などの情報は「個人信用情報」といい、個人信用情報機関と呼ばれる企業にて管理されています。
基本的に満20歳以上と決められているクレジットカードですが、未成年の中でも18歳~19歳の方は、保護者の同意書があれば、クレジットカードを作ることはできます。(社会人であっても同じです)ですが、18歳未満の未成年者の方は、社会人で収入があり、なおかつ親の同意があっても、クレジットカードを作ることはできません。

このように、大人になれば誰でも気軽に持つことができる便利なクレジットカードも、未成年の方々にとってはかなりハードルが高いものなのです。
ひと昔前はよく「親のカードを使って買い物した」などのエピソードがあったものですが、現在は規制がきびしくなっていて、カードの裏に署名がされている本人会員以外の利用が固く禁じられています。仮に、本人の承諾を得て他人が利用した場合も、規約違反になります。ですので、もちろんクレジットカードの貸し借りも禁止されています。
また、18歳~19歳の方は保護者の同意があればカードを作れるものの、保護者に反対をされるケースが多く、同意書を偽装してクレジットカードに申し込む方が後をたちませんが、これは立派な犯罪となり、罪に問われます。同意書の捏造は下記、刑法第159条の刑に問われ、罰金が科せられる場合があります。

刑法第159条「私文書偽造等の罪」
1年以下の懲役又は10万円以下の罰金

海外旅行に持っていきたい!未成年や学生でも持てるクレジットカードってないの?

自分名義のクレジットカードを持つことは、未成年には何かとハードルが高いことがわかりました。ですが、今は未成年者も海外留学や海外旅行へ行きますし、先に述べたキャッシュレスポイント還元などメリットも多くありますので、クレジットカードの1枚や2枚は持っておきたいところです。未成年者や18歳未満の学生でも持つことのできるカードはないのでしょうか?調べてみました。

審査なし!実は海外でも使える「デビットカード」

海外では地域によってスリが横行している地域もありますし、多額の現金を持ち歩くことのリスクもあります。海外では、現金とクレジット両方持っている方が防犯上安心感もありますので、海外旅行にクレジットカードは必須と言えます。そんなときの未成年者や学生の方の選択肢として、各種カード会社から発行されている「デビットカード」が、かなり使えるカードとなっていますので、くわしく紹介していきます。

デビットカードは、毎月1回利用金額をまとめて引き落とされるクレジットカードとちがい、使ったら即時に銀行からお金が引き落とされる仕組みのカードです。クレジットカードはある意味「借金」となりますが、デビットカードは銀行口座に入っているお金を使うだけなので、借金とは違います。そのため、クレジットカードを作るときに必要な「信用審査」が不要です。銀行口座にお金が入っていればそれでOKという単純な審査の仕組みなので、カード発行も審査不要でスムーズに進みます。
逆に、銀行口座にお金がなければデビットカードは作れません。その点は注意してくださいね。
また、クレジットカードを使う時には

つい使いすぎてしまって翌月の支払いができず、カードを止められる
支払いが滞り、ブラックリストに入れられる

こういった心配ごとが常につきまとうものですが、デビットカードですと、口座にお金がなくなれば、ただカードが使えなくなるというだけで済みますので、ブラックリストにも入ることがなく安心です。年齢についても、15~16歳から作ることができるデビットカードが多いです。

また、デビットカードは、国際ブランドであるVISAやJCBも付属しているカードを選べば、もちろん海外でも使うことができます。(ただし、J-Debtのデビットカードは海外で使えませんので注意です)
海外で使いやすいのはやはりVISAカードとなります。ここではVISAが付属しているデビットカードを発行している銀行を紹介します。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・楽天銀行・住信SBIネット・ソニー銀行・スルガ銀行・イオン銀行・琉球銀行・あおぞら銀行・ジャパンネット銀行・北國銀行・近畿大阪銀行
以上14銀行

※欧米はキャッシュレス化が進んではいますが、訪れる国やお店によってはデビットカードが使えないことももちろんあります。現金など別の支払い方法を用意しておくか、お店やホテルに入った時に確認するなどしておきましょう。

手厚いサービスで安心!ただし利用明細がバレてしまう「家族カード」

家族カードとは、本人会員(この場合はご両親などの保護者)の信用のもとに、クレジットカード契約者の家族に対して発行されるカードです。
具体例を挙げると、父親名義のカードが1枚あれば、専業主婦の母親や学生の子どもといった、収入がなく本来カードが作れない方でも無審査でカードを持つことができます。未成年者や学生の方でも、保護者のご理解があれば、1枚家族カードを作ってもらうのも良いでしょう。家族カードなら年会費も割安で利用することができます。
家族カードは通常のクレジットカードとまったく同じ特典や補償が受けられますので、海外旅行傷害保険なども本会員と同様につけられますし、ホテルのデポジットに使用する際も問題ありませんので、未成年や学生の海外旅行や留学の際にも安心です。(本会員のクレジットカードに、付帯保険サービスがついている場合のみ。詳細は本会員の契約状況により異なります)

年会費が割安なのに通常のクレジットカードと同じように使える便利な家族カードですが、いくつかのデメリットもあります。
クレジットカードを使うことの利点として、利用額に応じてポイントが貯まり、マイルやショッピングポイントなどに変換できることが挙げられますが、家族カードの場合、使用した際につくポイントは本会員のカードにつきます。クレジットカードを使用する際に受けられるメリットは、家族カード会員は受けられないことが多いのです。
また、利用額についても、本会員のクレジットカード利用限度額の範囲内で全員分をまかなう形となります。仮に、本会員のショッピング限度額が100万円の場合、本会員と家族会員でその100万円を分け合う形となります。全員が100万円ずつ利用できるという意味ではありません。
また、いちばん大きな注意点となるのが、利用明細です。
毎月の家族カードの利用明細は、まとめて本会員へ送られるという形になりますので、家族会員がいつ、何にクレジットカードを利用したのかがバレてしまうことです。カードによっては、家族カードであっても本人しか明細を確認できない設定にすることも可能ですが、金額は隠すことはできません。家族間のことなので、見られても気にならない方もいるかと思いますが、気になる方にとってはあまり気分の良いものではないですよね。家族カードはあくまでもピンチの際のサポートとして持つのが良いのかもしれませんね。

2枚目に持つカードにオススメ!「学生専用カード」

もしあなたが18歳以上の大学生・大学院生・専門学校生なら、「学生カード」へ申し込むという選択肢もあります。学生専用カードは収入のすくない学生のために作られた、利用者の負担の減らしたカードです。在学中の年会費や発行手数料が無料、または少額であることが多いです。(学校を卒業し、社会人に変わった段階で年会費が必要になることが多いです)
年会費等の負担なくカードを持てるので、すでにデビットカードや家族カードを持っている学生さんの2枚目カードとしてもオススメです。
学生カードを利用するメリットは、クレジットを利用すると貯まるポイントがきちんと貯まるカードが多いことです。(ポイント還元率はカードにより異なります)学生もなかなかお金がかかります。通学定期や学業に必要な書籍、ひとり暮らしの方は、家賃や光熱費など…。そういった諸経費もカード払いにすれば、かなりのポイントを貯めることができます。
また、JALやANAも学生専用カードを発行していますので、航空会社の学生カードを作れば、学生でありながらマイラーデビューすることもできますよ。
学生カードは、れっきとしたクレジットカードですので、毎月の返済義務は通常のクレジットカードと同じ。返済を滞らせてはなりません。ですが、学生カードのころからきちんと返済を続けていれば、あなたのクレヒス(クレジットヒストリー)は良好に保たれます。良好なクレヒスがあれば、個人信用情報機関に信用力のある人間として認められます。将来、自動車ローンや住宅ローンの申し込みの際有利に働くことでしょう。各種ローンの審査に通過しやすくなるほか、ローン内容によっては、金利が下がるなどの優待を受けられることもありますよ。
そしてもちろん、ゴールドカードなどのステイタスの高いクレジットカードの審査にも通りやすくなります。学生時代からクレジットカードを利用し、金銭管理を行うことで、自然と金融リテラシーも見についてくることでしょう。

自分に合うカードを見つけてかしこく使おう

未成年者や学生の方でも持てるカードについてスポットを当ててご紹介してきました。
2019年の増税や、2020年の東京オリンピックなどを経て、日本のキャッシュレス化は今後も進んでいくと考えられています。
キャッシュレスポイント還元制度が終わっても、引き続きクレジットカードや電子マネーを使用していけば、ポイントは貯まりつづけます。貯まったポイントはマイルやショッピングポイントとして利用者に還元されていきますので、長期的なクレジットカードの利用はあなたにとって節約にも繋がります。ご自分の年齢やライフスタイルに合ったクレジットカードを選び、計画的にかしこく使っていきましょう。
ぜひこの記事を参考にして、ご自分に合ったカードを手に入れてください。