手軽に低リスクでお金を受け取れる現金化会社で実際に行われている2つの方式

借金の返済でお困りの方は、「債務整理」を行ってはみてはいかがでしょうか。借金を少なくし、返済計画を立て直すことが可できます。クレジットカード現金化を行った後で手続きを行う場合は、「免責不許可事由」に当てはまるので「自己破産」という方法を取ることができませんが、その他の方法を選択し、負担を軽減させることができます。

手続きは弁護士や司法書士を通して行うことができるので、面倒な手間はかかりません。ぜひ一度事務所を訪ねてみてください。

カード現金化後支払いが困難になった場合は債務整理すれば減額されることも

債務整理とは、借金の負担を軽くする方法を総称したものです。主な方法として、自己破産や個人再生、任意整理、特定調停などが挙げられます。クレジットカード現金化を行ったが返済ができない、借金を返すために現金化をしたのに負債は積み重なる一方だと悩む方は、これらの相談に乗ってくれる法務事務所を訪ねてみるといいでしょう。専門家が対応してくれます。

手続きを行うことによって、支払い切れなくなった借金を少なくし、新たな返済計画を立てることができるようになります。

現金が急に必要という方におすすめのクレジットカード現金化。時間に余裕がある方は、換金率の高い「自分で商品を売買する方法」を選び、今すぐお金が必要だという方は「業者を利用する方法」を選ぶのがおすすめです。

業者を使う方は店舗での「商品買い取り方式」を選ぶか、ネット店舗での「キャッシュバック方式」を検討してみましょう。キャッシュバック方式は現在主流の方法で、低リスクでお金を受け取ることができるおすすめの方式です。

時間に余裕があるなら自分で、手軽に即日で現金化したいなら業者での現金化がおすすめ

クレジットカード現金化には、自分で商品を売買する方法と、業者を利用する方法の2種類があります。お金が必要になるまでの時間に余裕があって、より高い換金率を得たい方は現金化を自分で行うのが向いています。また、スピーディ手軽に低リスクでお金を手にしたい方は業者による現金化がおすすめです。

自分で商品を売買する方法は高い換金率を得られるが、手間がかかる上にリスクが高い

ここでは、自分で商品を売買する方法のメリットとデメリットを紹介します。

メリット:高い換金率を得られる場合がある

個人で現金化する場合は、業者などを介さないので余計な手数料がかかりません。換金率の高い商品を自ら選び、適切なお店で売ることができれば、多くお金を還元してもらえる可能性があります。

デメリット:手間がかかる・カード会社に転売がばれるリスクが高い

自分で商品を選び購入し、買い取り店舗に足を運ばなければいけないため手間がかかります。また、高額なものをカードで購入することで転売を禁止しているカード会社から目を付けられ、一時的にカードの利用を停止させられる場合もあります。

業者を利用した場合手元に入るお金が減るが、手軽に低リスクで即日現金を受け取れる

ここでは、現金化業者を利用する方法のメリットとデメリットを紹介します。

■メリット:カード会社にばれるリスクが低い・手軽に簡単にお金を手に入れられる
ネットの現金化店舗では、「キャッシュバック方式」という転売とは違う方式が主流なので、カード会社の規約に違反せずお金を受け取ることができます。従ってカードが一時停止になるというリスクがありません。
また、店舗に出向くことなく、自宅で手軽に素早く申し込みができるのもメリットです。

■デメリット:手元に残るお金が少ない
業者を利用した場合、申し込み金額から手数料が差し引かれるので、現金還元率は約80%~90%前後になります。また、悪徳業者に引っかかってしまった場合、大きな手数料を搾取されてほとんどお金が手元に残らない、というトラブルも起こり得ます。

それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、自分に合った方法を選ぶことをおすすめします。インターネット上には、各方法の賢い使い方などが掲載されていますので、利用の際は参考にしてみてください。

「商品買い取り方式」は、カードでブランド品や家電製品を購入しそれを業者が買い取る方法

利用者が購入した商品を会社が買い取り、代金を利用者に支払う方法が商品買い取り方式です。

現金化会社が利用者に購入すべき商品を指定、利用者はその商品を購入し会社に提供します。会社はそれを購入金額よりも低い価格で買い取り、利用者に支払います。
会社は、その商品を中古品店などに売却することで利益を得ます。この方式で買い取る品目で多いのがブランド品、家電製品、新幹線の回数券などです。現在、店舗の現金化業者でよく行われている方法です。

違法性を指摘される買取方式の現金化

クレジットカード現金化には二つの方式があります。ひとつは商品を購入することで得られる“キャッシュバック”を利用したもので、もうひとつは商品を“転売する”ことでダイレクトに現金を得る方法です。

後者の方式は商品をカードで購入し、即転売という流れで現金化を行います。そのためカード会社が定める“決済が完了していない商品の売却を禁ずる”という規約に反します。
これは違法行為であるため、現金化は違法性がないキャッシュバックを利用した方式で行いましょう。

この場合は業者に申込みし、指定された商品をカード決済の後キャッシュバックとして現金を得る流れになります。行為自体は“普通の買い物”であるため、規約に触れません。

キャッシュバックは指定の口座に振り込んでもらうほか、現金書留や、店舗で直接受け取る選択肢があります。

キャッシュバックまでの期間はクレカ現金化即日~1週間と幅がありますが、期間により還元率が変動する業者もあるので、事前にチェックしておきましょう。

現金化のキャッシュバック方式は低リスクで手軽に素早く現金化できる

ネット現金化業者で主流になっている「キャッシュバック方式」とは、利用者がキャッシュバック付きの商品を購入し、その特典として現金を受け取ることができるという方法です。

この方法では、サイト上でカード決済を済ませた時点で即現金を振り込んでもらえる上に、購入商品を受け取り手元に置いておくことでカード会社から転売を疑われるリスクが軽減します。店舗でサービスを受ければ、簡単スピーディー、低リスクでお金を受け取ることができます。

会社が提示する商品の購入特典として現金を受け取れるキャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、業者側で販売している商品を利用者が購入した際、その特典として購入代金の何パーセントかを還元してもらえる方法のことです。利用者が購入する品物自体は、ブランド品や家電製品などではなく、価値はなくチープな物の場合がほとんどです。

その理由として、現金化利用者は購入する品物が目的ではないということや、高額商品を購入しないので、カード会社に現金化が疑われにくいことが挙げられます。

キャッシュバック方式は、買い取り方式での現金化よりも低リスクでお手軽スピーディー

キャッシュバック方式で現金化を行うメリットは複数存在します。クレジットカード会社の規約では、転売を目的に品物を購入することは禁止されています。商品買い取り式の現金化はカードの規約違反になりますが、キャッシュバック方式は特典付きの品物を購入しているだけなので、カードの規約違反にはなりません。
たとえカード会社に注意されても、商品が手元にあれば転売をしていない証明になります。

カード決済後すぐに振り込みをしてもらえ、その後は商品を受け取るだけでOK

キャッシュバック方式は、商品を購入するだけで済むのでとても手軽です。
業者によっては商品がデータで用意されており、メールに添付して送ってくれたり、指定サイトから画像や資料などをダウンロードするだけでOKというパターンもあります。この場合配送業者から受け取る必要もないため、非常に手軽です。

また買い取り方式では、入金は商品を業者に郵送した後に行われるため、品物を購入してから4~5日かかる場合がありますが、キャッシュバック方式では、商品購入しカード決済ができた時点で入金してもらえますので、すぐにお金が必要という方には嬉しい点です。
このように買い取り方式に比べキャッシュバック方式には、低リスクでスピーディー、お手軽であるというメリットがあります。

事前にリサーチすることで未入金や換金率不当引き下げ等を行う悪質な業者を避けることができる。

現金化会社でのキャッシュバック方式では、トラブルが起こる場合もあります。悪質な業者やグレーな会社では、商品を買ったのに入金されなかったり、最初に提示した換金率を後から大幅に引き下げ、ほんの少額しかお金が振り込まれないケースもあります。
こういった会社では、商品購入後はキャンセルできない場合が多く、被害に遭ったのに泣き寝入りする形になってしまいます。

このような悪質な業者を避けるためには、事前に会社のクレジット現金化口コミや情報サイトをリサーチし、会社の所在地も検索し、実在する会社なのかどうかを調べるようにすることが大切です。また、実際に電話をしてキャッシュバック率や手数料などについて質問してみるといいでしょう。

この時、スタッフの態度が横柄で、無理矢理申し込ませようとしてくる場合は利用しないようにしましょう。良い口コミが多く、きちんと運営されている会社であることが確認できれば、あまり心配せずにサービスの利用を検討していいでしょう。

関連記事

手軽に低リスクでお金を受け取れる現金化会社で実際に行われている2つの方式

キャッシュバック方式で購入した商品は必ず受け取ろう

キャッシュバック方式では、商品購入特典として現金を受け取るので、購入した品物は確実に受け取る必要があります。商品配送の際、日時指定や配送先指定ができる場合もあるので、「家族に知られたくない」という方や、「忙しくて受け取る暇がない」という方は事前に設定しておきましょう。

また、購入指定商品は品物であることがほとんどですが、会社によっては「画像集」や「写真」など、メールで受け取れるものを指定するケースも増えており、利用者側も余計な手間をかけずに済むというメリットがあります。

(まとめ)
ネット現金化業者で主流になっている「キャッシュバック方式」には、店舗での買い取り方式に比べて、カード会社にバレるリスクが低く入金もスピーディー、余計な手間がかからないなどさまざまなメリットがあります。ネット上で商品をカードで購入し、その後は商品を受け取るだけですので誰でも簡単に手続きできます。

しかし、キャッシュバック方式を行っている会社の中には悪質な業者も複数存在しています。必ず事前にホームページや所在地の記載の有無などをチェックし、電話で問い合わせをしてみましょう。ホームページの印象が良く所在地が明確で、対応が丁寧な会社なら、安心して利用できます。

債務整理はクレジットカード現金化していても利用できる

債務整理には主に「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3つの方法があります。クレジットカード現金化をしたことにより返済状況が悪化し、支払い不能になった場合、「免責不許可事由」に当てはまる可能性があるため、借金をゼロにできる「自己破産」は認められないことがほとんどです。

しかし、「任意整理」と「個人再生」は利用することができます。任意整理では整理したい借入先を選ぶことができるので、消費者金融のみ整理を行い、クレジットカードは行わないということもできます。手続きを行った借入先は利用ができなくなりますが、行わなかった借入先は引き続き使用することができます。

クレジットカード現金化で支払い困難になった場合は「任意整理」か「個人再生」を選択

ここでは債務整理の3つの主な方法の内容を簡単に説明します。

■自己破産・・・借金をゼロにすることができる自己破産ですが、クレジットカード現金化をしている場合「免責不許可事由」に当てはまる可能性があります。この場合自己破産はできません。現金化した金額によっては裁判で通る場合がありますので、一度弁護士に相談してみるといいでしょう。

■任意整理・・・弁護士が業者に借金の減額などの交渉を行う方法です。裁判所を通さないため、業者が応じれば手続きを行えます。弁護士や司法書士に手続きを代行してもらえるので、交渉ごとが苦手な方には向いているでしょう。
メリットは債務をすべて整理するのではなく、自ら交渉したい債権業者を選ぶことができるという点です。

■個人再生・・・裁判所を通して借金を大幅に減額し、残りの借金を返済するという方法です。借金の理由について問われないので、クレジットカード現金化をしていても個人再生できる可能性は高いと言えます。

クレジットカード現金化の返済が不可能になった方は、「任意整理」か「個人再生」を選択しましょう。詳しい内容について知りたい方は、弁護士や司法書士がいる事務所を訪ねてみてください。

任意整理でクレジットカードを除けばカード現金化を継続できる

クレジットカードを債務整理すると、情報機関に履歴が残り、5年間は新規カードの作成やキャッシングなどができなくなります。また、5年間を過ぎた後でも、カード会社独自の顧客情報に登録され続ける可能性もあります。
今後もクレジット現金化サービスを使いたい方は任意整理を選択し、クレジットカードと銀行以外を整理することで、カードの利用を継続させられるようにするといいでしょう。

カード現金化は返済の目処が立っている場合のみ利用するようにしよう

債務を沢山背負っているという方は、返済目的でクレジットカード現金化を行うより、債務整理を検討しましょう。手続きを行えば借金を少なくし、一部の返済義務を手放すことができますが、新たにカード現金化を利用すると、「自己破産」が認められなくなってしまいます。全国の至るところで債務整理の相談窓口が設けられていますので、探してみてください。

借金を抱えていない方で、これから現金化を利用しようという方は、計画的に必要な金額だけを使うようにしてください。支払いの目処がきちんと立っている場合のみ使用することが望ましいでしょう。

まとめ

現在借金を抱えているが、返済が困難であるという方に知って頂きたいのが「債務整理」です。主に3つの方法がありますが、クレジットカード現金化したことで返済不能になった方は「任意整理」か「個人再生」を選択しましょう。

手続きを行えば、借金を減らし負担を軽減させることができます。クレジットカードを整理先に指定しなければ、引き続きカードを使用することもできます。負債を抱えている方は早めに弁護士や司法書士を通じて手続きを行うことをおすすめします。