信用情報を傷つけることなくお得に利用できるのがクレジットカード現金化のメリット

金融機関での借り入れに比べてさまざまなメリットがあるクレジットカード現金化サービス。主なメリットとして、利用額の制限がないことやポイントが貯まるということ、金融機関での共有情報の履歴に残らないことなどが挙げられます。

その他、面倒な審査を受ける必要がないこと、利子が少ないため計画的に返済できることなど、数えればきりがありません。

複数のカードを利用できるので、返済の負担が減る上に制限なく低リスクで現金化が可能

複数のカードを利用できるという点は、現金化におけるメリットと言えるでしょう。現金化では個人名義や家族名義のカード、法人カードなど、ショッピング枠の残高があるカードならどんなものでも利用可能。それぞれを組み合わせて利用することができます。
1枚のカードだけで目的の金額に達しないという場合でも、2枚、3枚と集めれば、換金額が増えます。枚数に制限はありません。また複数のカードを利用することで支払い日を分散することもできます。
さらにカードを分散で1枚当たりの利用金額を抑えることで、カード会社から疑われるリスクも低くなります。

このように、カードを複数枚利用することのメリットは様々ですが、支払い日が異なることによる支払い忘れにはくれぐれも注意しましょう。またカードごとに手数料がかかるという点も考慮しておいてください。

キャッシング履歴が残らないので、金融機関において共有される個人履歴に差し障りがない

現金化では「お金を借りた」という履歴が残りません。カードの請求書にはキャッシュバックしたことがわかる記載は一切ありません。残るのはショッピング履歴だけなので、キャッシングを周囲に知られたくないという方でも安心して利用できます。

もしもあなたが銀行や消費者金融などから借り入れをした場合は、キャッシング内容が信用情報機関に登録されます。信用情報機関では、個人情報や返済状況、これまでの借り入れ実績などあらゆる情報が共有されています。
仮に金融機関で新しくクレジットカード現金化即日融資を申し込み、何らかの事情で返済が滞った場合、マイナスの情報が登録されてしまい、以降の審査が厳しくなってしまうかもしれません。しかしクレジットカード現金化では、キャッシングに関する信用情報機関に登録されることはありません。

信用情報に傷を付けたくない方にはおすすめのサービスです。クレジットカードのショッピング枠の金利は、キャッシング枠に比べてかなり低く設定されているので、支払いの負担も軽減されます。

現金化ではクレジットカードのショッピング枠を使うのでポイント還元を受けられる

現金化はクレジットカードのショッピング枠をお金に換えるサービスです。買い物をするのと変わらないので、使った金額分のポイントが貯まっていきます。ポイントは買い物や海外旅行など、好きな用途に使用できます。

また電子マネーやギフト券などに換えることも可能です。ネット銀行の場合、店舗を持つ銀行に比べてポイントが大きく加算される可能性があるほか、特典が付いてくる場合もあります。

(まとめ)
クレジットカード現金化には、複数のカードを利用できることやポイントが貯まること、金融機関の信用情報に履歴が残らないことなど、さまざまなメリットがあります。現金化は普段カードで買い物をする時と同じやり方で行われますので、誰にも知られず、信用情報に傷を付けることなくお金を手に入れることができます。

その他、利子が少ないので計画的に返済ができるということや、手軽に誰でも利用できるということなど、現金化にはたくさんのメリットがあります。現在、金融機関での借り入れを検討しているという方は、ぜひ現金化も候補に入れ、比較検討してみてください。

クレジットカードのショッピング枠を理解しよう

クレジットカードには(1)ショッピング枠と(2)キャッシング枠があります。現金が必要な場合にはキャッシング枠を利用するのですが、利息は20%程度と高いです。そこでショッピング枠を利用したクレジットカード現金化業者がでてきました。今回は【クレジットカードのショッピング枠を理解しよう】をテーマにお話します。

■ショッピング枠とキャッシング枠
ショッピング枠はお買いものの決済に使う目的でしたが、その枠を現金に換金するというサービスが注目されています。

■クレジットカード現金化の場合の還元率は9割以上
あまりに高いレートを提示するところは怪しいですが、93%程度の還元率ならばあります。その場合手数料・利息と見る部分は7%です。キャッシングの20%と比較すると、当然多くの現金が手に入ることになります。返済は通常のクレジットカードの請求に基づいて引き落とされます。

クレジットカード現金化仕組みはネットショッピングをするのと同じイメージです。現金化業者のウェブサイトにアクセスをして、申込みフォームに入力するだけです。お手持ちのカードが利用できるかの確認はしておきましょう。

■決裁をしてから早ければ当日送金される
最短の場合、約10分で入金されます。早いプランは手間がかかるので還元率は少し悪くなります。

クレジットカード現金化のデメリットはどこにあるのか?

クレジットカード現金化サービス業者のWebサイトでは、メリットばかり強調しています。デメリットを記載するところはほとんど見つかりません。ではなにがデメリットなのでしょうか?今回は【クレジットカード現金化のデメリットはどこにあるのか?】をご紹介しています。

メリットをまとめておきましょう!

消費者金融やキャッシングローンと比較すると、低金利で現金を用意できることが一番のメリットでしょう。またクレジットカードがあれば利用でき、非常に手軽です。印鑑登録証明・収入証明書・源泉徴収票などの提出もいりません。早ければクレカ現金化即日で口座に送金されますので、緊急時にも対応できます。

メリットばかりを強調されると不安になる

初めてクレジットカード現金化サービスを利用する人は、メリットばかり聞かされても不安になります。普通はデメリットもあると考えるでしょうが、強いて言えば、現金化サービスを受けた後、カード会社の引き落とし時にお金が用意できていないとブラックリストに載ってしまうことくらいでしょう。計画的に利用すればこれも問題にはなりません。

クレジットカード会社にばれないの?

かつては現金化がカード会社にバレて利用を止められることもありましたが、今はそういったこともありません。

クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと

日常的に消費者金融やキャッシングローンを利用している人もいるでしょう。複数のところから借りていると、返済日が違い手続きが面倒になるなどで、まとめて返済したいと感じることもあるかと思います。

まとまったお金があり、一挙に返済すれば利息がセーブできますが、そのようなやりくりができない人が、借金地獄に堕ちるのです。賢い人はクレジットカード現金化サービスを利用しています。今回は【クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと】についてお話します。

クレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)を使えば利息が安くなることもあります。

まずは自分のクレジットカードの枠をチェックしてみましょう。枠が100万円あって、ショッピング枠が全て残っていればチャンスです。現金化サービスを利用して、消費者金融などで借りているお金を一括返済できるかもしれません。

使い方は簡単

カード現金化サービス業者が指定する、キャッシュバック付きの対象商品をネットショッピングするだけです。キャッシュバックは指定した口座に送金されます。

注意したいこと

キャッシュバックはあくまでも利用した代金の一部分が戻ってきているだけで、割引はありません。キャッシュバック率が9割ならば、残りの1割は手数料と同じです。一括払いや分割払いやリボ払いが選べます。一括払い以外は手数料もかかるでしょうから、それも考慮に入れるべきです。

おすすめ記事

デメリットもよく理解した上でリスクを回避しよう