電子マネー現金化のメリット

電子マネーという言葉を最近頻繁に聞くようになりました。電子マネーには電子マネーのメリットが存在します。ただし、電子マネーがいつまでも電子マネーであり続けることによってデメリットを感じることもあるかもしれません。

今回ここで紹介するのは、電子マネーの現金化です。緊急事態、このような方法で、現金化を考えてみませんか?

電子マネーを現金化したい

全部の用事が電子マネーで済ますことが出来るのなら、電子マネーの現金化について考える必要はないのかもしれませんが、現実的にはそうではありません。

突然、現金が必要になってしまうケースにも遭遇してしまうでしょう。そのとき慌てないように、しっかり電子マネー現金化の方法を知っておきたいところです。

電子マネーの種類

電子マネーは、大きく分類すれば、「プリペイド型」と「ポストペイ型」に分けることが出来ます。

プリペイド型は、先払いという意味合いですが、プリペイド型の電子マネーを使用するためには、あらかじめカードに入金をしておく必要があります。もちろんあなたがチャージした以上のお金はここでは使用することが出来ません。

残高がなくなってしまった時には、再びチャージが必要です。

SuicaやPASMO、WAON、楽天Edy、nanacoと言った電子マネーは、プリペイド型電子マネーです。

ポストペイの電子マネーは、プリペイド型電子マネーと逆で、後払いで請求が来ます。おおかた電子マネーがクレジットカードと紐付けされていて、支払いはクレジットカードの方で行います。ですから、ポストペイの電子マネーの方が所有が難しく、一定の審査を通過しなければ使用することが出来ません。

このようなポストペイの電子マネーには、QUICPayやiDと言ったものがあります。

プリペイド型電子マネー現金化の方法

電子マネー現金化の方法も、プリペイド型電子マネーとポストペイ電子マネーとに分けて解説しましょう。

プリペイド型電子マネーを現金化するためには、更に、「払い戻し」、「転売また返品」とに分けることが出来ます。

払い戻しをする方法

まず、払い戻しをする方法です。あらかじめチャージしておいたお金は、払い戻すことで、現金化することが出来ます。

PASMOやSuicaと言った電子マネーなら、みどりの窓口などに持って行けば、チャージ残高を現金化することが出来ます。ただし、そのような形をどの電子マネーでもすることが出来るという訳ではなく、WAONや楽天Edy、nanacoでは、基本払い戻しが出来ないようになっています。

ただし、間違えてチャージしてしまった人もいるでしょうし、ICチップの故障ということもあるでしょう。そのようなとき、例外的には払い戻しをしてくれているようです。

払い戻しをこのような形で実現することが出来れば、チャージしたお金を全部取りもどすことが出来、換金率100%を実現出来ます。

転売または返品

次には、転売または返品という方法によって電子マネー現金化をすることが出来ます。電子マネーを使用出来るお店に行って、電子マネーを使用して、商品を購入しましょう。そして購入した商品は、フリマアプリやネットオークション・買取ショップと言った場所で、転売すれば現金化することが出来ます。

また購入した商品をそのままお店に返品する方法も考えることが出来ます。

商品を返品という方法なら、100%の現金化が実現することが出来ます。

ただし、お店に不手際があったということではありませんので、お店が了承してくれるのかは不明です。そもそも、お店全部が返品にしっかり対応しなければならないかといえば、そのようなルールも実は存在している訳ではありません。ですから行動を移すためにはあらかじめなんらかの方法で返品出来るお店なのかチェックしておく必要があります。

転売の場合には、換金率が低くなってしまうこともある程度考慮して行動に移す必要があります。

ポストペイ型の電子マネーを現金化

次にポストペイ型の電子マネーを現金化について考えてみましょう。 ポストペイの電子マネーについて言えば、後払いであるゆえ、払い戻しという現金化の概念に該当するものではありません。しかし、ポストペイの電子マネーでも、転売または返品による現金化ならすることが出来ます。

ポストペイの電子マネーは、クレジットカードと一体型なので、クレジットカード現金化について考えることもいいでしょう。ポストペイの電子マネーについて考えるのなら、クレジットカードよりも限度額が低め設定なので、得ることが出来るお金も少額です。

クレジットカード現金化で注意しなければならないこと

実際にクレジットカード現金化も出来ない訳ではありませんが、カード会社はその利用実態を全部把握出来てしまうデメリットがあります。ですから、現金化を禁じているクレジットカード会社では、あなたに対してペナルティーを下そうとするかもしれません。

クレジットカード会社は現金化を禁止している?

そもそも、クレジットカード会社はなんで現金化しようとしている人を禁じなければならないのでしょうか。そもそもその未払いの商品はカード会社が所有している商品であり、転売行為が横領罪に該当してしまう可能性があります。

更に、クレジットカード会社では、様々なトラブルが起こることを警戒してこのような対応をしていることを考えることが出来ます。それは、実際に悪徳業者がクレジットカード現金化を頻繁に利用していたからです。消費者金融から借り入れが出来なくなってしまった債務者が、まだ使用出来るクレジットカードで商品を購入して換金していたのです。

そのような事態を野放しにしていては事態がどんどん悪化してしまうばかりなので、クレジットカード会社は禁止項目としたのでしょう。

更に、実際に簡単にクレジットカード現金化が出来てしまうのなら、ほとんどの人たちがそのような方法を選択してしまい、クレジットカードにはローンもありますが、利息の高いローンの利用をほとんどがしなくなってしまうでしょう。

ただし、クレジットカードからまず電子マネーにチャージを済ませてから、チャージしたお金を現金化するのなら、クレジットカード会社に発覚されることはほとんどないでしょう。クレジットカード会社が把握出来るのは、電子マネーにチャージしたという記録までです。

電子マネー現金化のメリット

最近では、結構電子マネー現金化を利用している人たちが多くいます。多くの電子マネーには審査がありません。しかし、クレジットカードを作ろうと思えば、結構厳しい審査を通る必要があり、なかなかカードを作ることが出来ない人たちがいるでしょう。

そのような人たちが、電子マネーを作り、現金化をしているようです。

クレジットカード会社は、しっかりカード会社が管理を行っていますが、電子マネー現金化の方はゆるく、リスクは相当低いと考えることが出来ます。

いかがでしょうか。横領罪と言ったマズいことにならないためにも、方法は電子マネー現金化が正しいのではないでしょうか。

ただし、現金化によって得られるお金が少ないというケースもありますので、そのあたりの問題もしっかり考えた上で行動するようにしましょう。